《ジェノサイドキングデーモン/Terrorking Archfiend》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻2000/守1500
自分フィールド上に「デーモン」という名のついた
モンスターカードが存在しなければこのカードは召喚・反転召喚できない。
このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に800ライフポイントを払う。
このカードが相手のコントロールするカードの効果の対象になり、
その処理を行う時にサイコロを1回振る。
2・5が出た場合、その効果を無効にし破壊する。
このカードが戦闘で破壊した効果モンスターの効果は無効化される。

 闇魔界の脅威で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 チェスデーモンの1体であり、特定条件下でしか召喚反転召喚できない召喚制限、自身が戦闘破壊したモンスター効果無効にする永続効果を持つ。

 「戦闘破壊したモンスター効果無効にする」効果に関しては《冥界の魔王 ハ・デス》の項を参照のこと。
 全体支援と単体効果の差はあるが、無効化できる効果に差はない。

 下級アタッカーとしては高い攻撃力と、2つのメリット効果を持つため、アタッカーとしての能力は悪くない。
 その一方で自分フィールドデーモンが存在しなければ召喚できない上に、800ポイントの維持ライフコストという二重のデメリットを抱えている。
 ただし制限がかかるのは召喚反転召喚のみであり、リバース特殊召喚なら「デーモン」がいなくてもフィールドに出すことができる。
 ペンデュラム召喚《ヘルウェイ・パトロール》などといった特殊召喚方法は多く、構築を練ればそれほど事故は起こらない。

 しかしエクシーズモンスターなどで攻撃力2000を超えるモンスターが出ることは多く、何かしらの手段で攻撃力を補いたい。
 ペンデュラム召喚で出す場合はペンデュラム効果でフォローしておきたい。
 またライフコストも性能の割に安いとはいえず、《神の通告》等のカードも使いにくくなる。

 専用サポートカードとして《デスルークデーモン》があり、破壊された時に手札から《デスルークデーモン》捨てる事で蘇生できる。
 この時フィールド《万魔殿−悪魔の巣窟−》があれば、後続の《デスルークデーモン》サーチし、デッキ《デスルークデーモン》の数だけ破壊耐性を得られる事になる。
 これだけは他の悪魔族アタッカーにはできない芸当であり、また対象を取る効果への耐性のおかげで《強制脱出装置》《鳥銃士カステル》なども食らいにくい。
 専用デッキ【チェスデーモン】を組んで活躍させるべきカードであろう。
 できれば《デーモンの斧》などで攻撃力を補って運用したい。

  • アニメ5D'sの「遊星vsジャック」(1戦目)において遊星が使用した罠カード《反撃の狼煙》のイラストに後姿が描かれている。

関連カード

―《ジェノサイドキングデーモン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ジェノサイドキングデーモン》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻2000 守1500 デーモン

広告