《セイヴァー・スター・ドラゴン/Majestic Star Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3800/守3000
「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」+「スターダスト・ドラゴン」+チューナー以外のモンスター1体
相手が魔法・罠・効果モンスターの効果を発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし、
相手フィールド上のカードを全て破壊する。
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
その効果をエンドフェイズ時まで無効にできる。
また、この効果で無効にしたモンスターに記された効果を、
このターンこのカードの効果として1度だけ発動できる。
エンドフェイズ時、このカードをエクストラデッキに戻し、
自分の墓地の「スターダスト・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚する。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した風属性ドラゴン族シンクロモンスター
 相手カードの発動効果の発動モンスター効果の発動無効にし相手フィールド上のカード破壊する誘発即時効果相手フィールド上のモンスター効果無効にしその効果を得る起動効果、自身をエクストラデッキに強制的に戻し《スターダスト・ドラゴン》蘇生する誘発効果を持つ。

 シンクロ召喚のためには《スターダスト・ドラゴン》《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》レベルモンスターの3体をフィールドに揃えなければならない。
 《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》は低ステータス・低レベル特殊召喚の方法は多く、またもう1体必要なレベルモンスターとも特殊召喚方法を共有できる。
 《スターダスト・ドラゴン》が存在するときに自己再生できる《スターダスト・シャオロン》も役立つだろう。
 ただ、《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》セイヴァー以外のシンクロ素材にできないため非常に腐りやすく、このカードシンクロ召喚に特化したデッキを組む必要がある。
 《金華猫》《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》蘇生させるのが簡単であろう。
 もしくはシンクロ召喚を諦め、《劫火の舟守 ゴースト・カロン》《シャドー・インパルス》特殊召喚してしまうのも手か。

 1つ目の効果相手カード効果無効化に加え、相手カード全体除去を行う効果である。
 だが、相手が何らかの効果発動しないと使えない上、このカードは1ターンエクストラデッキに戻ってしまうため、実質的には「相手にこのターン中のチェーンブロックを作る効果発動を躊躇させる」効果である。
 加えて、《スターダスト・ドラゴン/バスター》のようにリリース自己再生するわけではないので、相手フィールドに最低でも4枚はカードがないとアドバンテージ的には損になる。

 2つ目のモンスター効果無効およびコピーする効果は有効な相手が限られており、こちらも相手への依存性が強い。
 永続効果無効にするか、強力な起動効果をコピーしたい所。
 なお、コピーできる効果は「発動」する(チェーンブロックを作る)効果のみであり、チェーンブロックを作らない永続効果ルール効果無効にするだけで効果は得られない。

 3つ目はデメリット効果であり、ターン終了時に《スターダスト・ドラゴン》戻ってしまう。
 単純な分離ではなく、3体のシンクロ素材の内の1体だけしか戻ってこないため、ボード・アドバンテージは大きく失ってしまう。
 また、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できない状況であっても、このカードエンドフェイズにかならずエクストラデッキに戻ってしまう。
 《スターダスト・ドラゴン》墓地に存在しないときや、《スターライト・ロード》などで正規のシンクロ召喚をせず蘇生制限を満たしていない《スターダスト・ドラゴン》しか存在しない場合などが該当する。

 相手への依存性が高い点、1ターンしかフィールドにとどまれない点、専用チューナー事故要因になる点など、重さの割に使いづらさが目立つカードである。
 《スターダスト・ドラゴン》レベルチューナーレベル1非チューナーを揃えるならば、《シューティング・スター・ドラゴン》《真閃こう竜 スターダスト・クロニクル》の方が使いやすい事は否めない。
 上記2枚はこのカードよりかなり場もちがよく、チューナー事故要因にならず、むしろ《フォーミュラ・シンクロン》効果ドローまでできる。
 下記のようなカードで弱点を補う専用デッキを組む必要があるだろう。

  • シンクロ召喚時の口上は「集いし星の輝きが、新たな奇跡を照らし出す。光さす道となれ!シンクロ召喚光来(こうらい)せよ、《セイヴァー・スター・ドラゴン》!」
  • 効果名の「サブリメーション(Sublimation)」は昇華、純化と言った意味で、直訳すれば「昇華吸収」となる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、ノーマルステージの遊星が使用。
    アクションデュエルでも使用していたが、カードプールの増加によりNEXTのアドベンチャーモードのみでの使用になった。
    また、このカードをスキャンすると隠しデッキ星竜の光来(スターライト・アドベント)」を使用できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:どの効果対象をとりますか?
A:起動効果《スターダスト・ドラゴン》蘇生する効果対象をとります。(09/07/21)

Q:リリース、及びエクストラデッキ戻る行為はコストですか?
A:誘発即時効果リリースコストです。エンドフェイズエクストラデッキ戻すのは効果です。(09/07/19)

Q:モンスター名が2体指定されていますが、チューナー《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》である必要はありますか?
  (「《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》をコピーした《ファントム・オブ・カオス》レベルを下げ、他の効果チューナーとなった《スターダスト・ドラゴン》チューナー以外のモンスター」でシンクロ召喚ができるかどうか)
A:どちらかがチューナーであれば可能です。(09/07/30)
  ちなみに、チューナーである《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》、何らかの形でチューナーとなった《スターダスト・ドラゴン》と、チューナーでないモンスター1体でシンクロ召喚することもできます。(09/07/25)

発動を無効にする効果について

Q:既に表側表示で存在する永続魔法永続罠等の効果の発動リリースして無効にできますか?
A:はい、できます。(09/09/10)

Q:手札発動した効果《冥府の使者ゴーズ》等)を無効にした場合、そのカード破壊されますか?手札に残ったままですか?
A:手札に残ったままです。(09/07/19)

Q:《ウィキッド・リボーン》蘇生した場合、1つ目の効果発動することはできますか?
A:可能です。また、相手フィールド上のカード破壊することができます。(09/07/21)

Q:相手フィールドカードが存在しない時に相手カード効果発動した時にこのカードリリースして発動無効にする効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/05/27)

Q:《真紅眼の鎧旋》カードの発動チェーンして相手が《セイヴァー・スター・ドラゴン》の効果《真紅眼の鎧旋》カードの発動無効にした場合、自分《真紅眼の鎧旋》の(2)の効果発動できますか?
A:発動できません。(16/08/01)

Q:《歯車街》カードの発動チェーンして相手が《セイヴァー・スター・ドラゴン》の効果《歯車街》カードの発動無効にした場合、自分《歯車街》アンティーク・ギア特殊召喚する効果発動できますか?
A:発動できません。(16/08/01)

Q:《影依の原核》カードの発動チェーンして相手が《セイヴァー・スター・ドラゴン》の効果《影依の原核》カードの発動無効にした場合、自分《影依の原核》の(2)の効果発動できますか?
A:発動できます。(16/08/01)

Q:《アーティファクトの神智》カードの発動チェーンして相手が《セイヴァー・スター・ドラゴン》の効果《アーティファクトの神智》カードの発動無効にした場合、自分《アーティファクトの神智》フィールドカード破壊する効果発動できますか?
A:発動無効になって墓地へ送られた《アーティファクトの神智》は、破壊されて墓地へ送られていませんので、発動できません。(16/08/04)

効果を無効にして効果を得る効果について

Q:墓地発動する効果はコピーした場合どうなりますか?
A:効果発動できるのはフィールドに存在している間のみですので、墓地へ送られた場合の効果発動できません。(09/07/19)

Q:コアキメイル維持コストシンクロ素材制限等、モンスター効果として扱わないもの(→効果外テキスト)を得た場合、それは適用されますか?
A:効果外テキスト適用されません。(09/07/19)

Q:宝玉獣をコピーした時永続魔法化できますか?
A:「発動」しない効果はそもそも複製できません。(09/07/30)

Q:剣闘獣効果を得た場合、デッキ戻して他の剣闘獣特殊召喚する効果発動できますか?できる場合はエクストラデッキ戻し発動するのですか?
A:《剣闘獣ゲオルディアス》《剣闘獣ガイザレス》については、エクストラデッキ戻す事が発動条件なので可能です。
  他の剣闘獣についてはメインデッキ戻せないため、発動できません。(09/08/30)

Q:他のモンスターの「エンドフェイズ自壊する効果」を得た場合、エンドフェイズにどうなりますか?
A:エンドフェイズに自身を破壊する誘発効果を複製した場合、「エクストラデッキ戻す」「破壊する」のどちらにするかを選べます。(09/07/30)

Q:複数のモンスター効果を持っているモンスター効果をコピーした場合、発動できるのは複数ある効果の中から1つだけしか発動できませんか?それとも、それぞれの効果を1回ずつ発動できますか?
A:その場合、無効にしてコピーした複数の効果の中から1つだけを発動することができます。(09/09/10)

Q:再度召喚していないデュアルモンスターを2つ目の効果対象にできますか?
A:対象にすることはできません。(09/07/22)

Q:再度召喚された状態のデュアルモンスター効果を2つ目の効果無効にし、その効果発動することはできますか?
A:再度召喚することができないため、デュアルモンスター効果発動することはできません。(09/07/22)

Q:アルカナフォース効果を得た場合、誘発効果等は発動できますか?
A:コイントスを行っていないので、発動できません。(09/08/01)

Q:《禁じられた聖杯》《デブリ・ドラゴン》等の効果で既に効果無効にされている状態の効果モンスター対象にして発動する事はできますか?
A:いいえ、できません。(09/09/09)

Q:《王虎ワンフー》等、強制的に発動される誘発効果をコピーした場合でも、任意でこのカードの効果として発動できますか?
A:はい、その場合でも任意で発動するかどうか選べます。(09/09/10)

Q:《王虎ワンフー》効果無効にしコピーし、チェーン2以降で攻撃力1400以下のモンスター特殊召喚された時、強制効果ですがこのカード効果として発動する場合任意で発動するかどうか選ぶためタイミングを逃し発動できなくなりますか?
A:いいえ、その場合でもチェーン処理終了後に発動するかどうか選ぶことができます。(09/09/10)

Q:2つ目の効果を使用したこのカード《愚鈍の斧》を装備させた場合、2つ目の効果効果無効化されたモンスター効果が使えるようになりますか?
A:いいえ、2つ目の効果で得た効果無効とならない為、2つ目の効果効果無効にされたモンスター効果が使えません。(12/02/29)

Q:2つ目の効果を使用した後にこのカードフィールドから離れました効果無効化されたモンスター効果発動できるようになりますか?
A:このカードフィールド上から離れた場合でも、エンドフェイズ時まで効果無効化されたままとなります。(11/06/29)

Q:《天空勇士ネオパーシアス》対象に、《セイヴァー・スター・ドラゴン》の効果無効にする効果発動しました。
  この場合、《セイヴァー・スター・ドラゴン》が使える効果はありますか?
A:《セイヴァー・スター・ドラゴン》の効果で得られる効果は、チェーンブロックを作る効果のみです。
  従って、戦闘ダメージを与えた時にドローする効果のみ得られます。(11/07/25)

Q:《ファントム・オブ・カオス》効果を複製し、そこからさらに《ダーク・アームド・ドラゴン》効果を得て《ダーク・アームド・ドラゴン》効果発動できますか?
A:《セイヴァー・スター・ドラゴン》で《ファントム・オブ・カオス》効果を複製し、そこからさらに《ダーク・アームド・ドラゴン》の名前と効果を得ることはできます。
  ただし、回数の制限により《ダーク・アームド・ドラゴン》効果発動する事はできません。(12/08/03)

Q:上記の「《ファントム・オブ・カオス》効果を経て《ダーク・アームド・ドラゴン》となった《セイヴァー・スター・ドラゴン》」は、本来持っている「自身をリリースして相手フィールド上のカード破壊する効果」を発動できますか?
A:はい、できます。(12/08/03)

Q:《ファントム・オブ・カオス》効果を複製し、そこからさらに《人造人間−サイコ・ショッカー》効果を得て《人造人間−サイコ・ショッカー》永続効果適用できますか?
A:はい、適用できます。(14/04/27)

エンドフェイズにデッキに戻る効果について

Q:《ウィキッド・リボーン》でこのカード墓地から特殊召喚した場合、エクストラデッキ戻る効果無効になりフィールドに留まり続けますか?
A:はい、留まり続けます。(09/08/01)

Q:《G・B・ハンター》フィールド上で表側表示で存在している場合はどうなりますか?
A:エクストラデッキ戻る効果自体は発動しますが、このカードエクストラデッキには戻らフィールド上に残り続け、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚する効果適用されません。(09/09/10)

Q:エンドフェイズ時にエクストラデッキ戻る効果光神機のように毎ターン発動しますか?
  (《ワーム・ホール》等を使用した場合、次のターンにどうなりますか?)
A:毎エンドフェイズ発動します。(09/07/30)

Q:墓地《スターダスト・ドラゴン》が存在しない場合、エンドフェイズエクストラデッキ戻りますか?
A:その場合でもエクストラデッキ戻ります。(09/07/22)

Q:墓地《スターダスト・ドラゴン》が存在し、フィールド《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、エクストラデッキ戻す効果無効になりますか?
A:はい、無効になります。(14/09/28)

Q:フィールド《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在し、戻す効果発動時に墓地《スターダスト・ドラゴン》が存在しない場合や効果処理時対象に選択した《スターダスト・ドラゴン》が存在しなくなった場合、エクストラデッキ戻す効果無効になりますか?
A:いいえ、無効にならず効果適用され、エクストラデッキに戻ります。(13/07/05)

Q:《虚無魔人》がいる場合、エンドフェイズにどうなりますか?
A:エクストラデッキ戻しますが、特殊召喚はできません。(09/12/03)

Q:フィールドがすべて埋まっている場合、このカードの効果《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できますか?
A:このカードエクストラデッキ戻し、その空いたモンスターカードゾーン《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できます。(11/01/02)

Q:墓地蘇生制限を満たした《スターダスト・ドラゴン》が存在する時に《劫火の舟守 ゴースト・カロン》効果で《セイヴァー・スター・ドラゴン》を特殊召喚した場合、エンドフェイズ墓地《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できますか?
A:はい、《劫火の舟守 ゴースト・カロン》効果によって特殊召喚した《セイヴァー・スター・ドラゴン》の効果を発動した場合でも、《スターダスト・ドラゴン》墓地から特殊召喚する事ができます。(15/05/04)


Tag: 《セイヴァー・スター・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 風属性 ドラゴン族 攻3800 守3000 セイヴァー

広告