《ダイヤモンド・ドラゴン/Hyozanryu》

通常モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守2800
全身がダイヤモンドでできたドラゴン。
まばゆい光で敵の目をくらませる。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 宝石ドラゴンの1体で、最もレベルが高い。

 レベル7のドラゴン族通常モンスターの中では守備力が最も高いため、守備表示特殊召喚を行う《カーボネドン》を採用する場合には候補に入る。
 守備力2800であれば素材に使えない状況になった際に生き残れる可能性も他より高く、返しに挽回できる可能性も上がる。
 同様に《銀龍の轟咆》守備表示特殊召喚攻撃を凌ぎ、次の自分ターンで素材にするのも古典的だが有効な戦術である。
 一方攻撃力は最も低く、素材にした後に蘇生して攻撃に参加させるには弱い。
 カテゴリに属する《真紅眼の黒竜》攻撃力の高い《ホーリー・ナイト・ドラゴン》と比較して、何を優先するかを考えて検討したい。

  • 英語名をローマ字読みすると「ひょうざんりゅう(氷山竜)」。
    なんと宝石ですらない。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作「バトルシティ編」において、名蜘蛛コージがアンティとしていたカード
    彼はこのカードの価値を過大に主張し、対戦相手からレアカードか十万円を巻き上げようとしていたが、モクバに制止にされた後に海馬に心中で「こんなカード オレは三十六枚持っているよ…」と切り捨てられた挙句、海馬に破り捨てられた。
    なお、海馬がモクバからこのカードを受け取った直後のコマではレベル6であった。
    名蜘蛛は破られたカードの代わりとしてレアカードを貸し与えられ海馬とデュエルするが、「どのみちこのカードは貴様の元には戻らん」と宣言された通りに《オベリスクの巨神兵》に瞬殺されてしまった。
  • アニメ版では上記シーンの描写が異なっており、名蜘蛛のアンティがこのカードなのかは確認できず、海馬もそのカードを破り捨てていない。
    ただし、同シーンで海馬が名蜘蛛に対しデッキ強化に使うよう提示したレアカードの中にこのカードが含まれていた。
    形は変わったが、原作と同じシーンで登場はしている事になる。
    また、上述の海馬が持っているという設定を補完するためか、アニメ版では「闇遊戯&海馬vsグールズ」戦や「海馬vsビッグ5(大門)」戦で海馬が使用している。
    ただし、《オベリスクの巨神兵》《スピリット・ドラゴン》効果発動コストに使われるなど余り目立った活躍はしていない。
    「乃亜編」の回想シーンでも幼少時の海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用しているため、どうやら昔から持っていたようだ。
    その他、「KCグランプリ編」の「闇遊戯vsデュエルコンピューター」戦ではリックのデッキを使った闇遊戯が使用しており、《スピリット・ドラゴン》の強化を担っている。
    攻撃名は「ダイヤモンド・ブレス」。
  • スマホアプリ「デュエルリンクス」では他の宝石ドラゴン共々モクバが使用した時の専用ボイスが用意されている。
    「決闘年代記 バトル・シティ開幕!!」では上記の原作における名蜘蛛とのやりとりが再現されているが、海馬は「ダイアモンド・ドラゴン」と発言している。

関連カード

―宝石ドラゴン

―ダイヤモンド

収録パック等


Tag: 《ダイヤモンド・ドラゴン》 通常モンスター モンスター 星7 光属性 ドラゴン族 攻2100 守2800

広告