《ダブルツールD&C(ディーアンドシー)/Double Tool C&D》

装備魔法
自分フィールド上の「パワー・ツール・ドラゴン」または
「D(ディフォーマー)」と名のついたレベル4以上の機械族モンスターにのみ装備可能。
それぞれのターンで以下の効果を適用する。
●自分のターン:装備モンスターの攻撃力は1000ポイントアップする。
また、装備モンスターが攻撃する場合、
バトルフェイズの間だけ攻撃対象モンスターの効果は無効化される。
●相手のターン:相手は装備モンスター以外のモンスターを攻撃対象に選択できない。
また、装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、
その相手モンスターを破壊する。

 RAGING BATTLEで登場した装備魔法
 自分ターン強化無効化能力を付与し、相手ターン攻撃制限と破壊能力を付与する。

 自分ターン中の場合は《デーモンの斧》《レインボー・ヴェール》効果
 強化幅が大きい上に、《マシュマロン》等の戦闘破壊耐性《異次元の女戦士》除外効果永続効果による強化リバース効果モンスター全般と多くのモンスター効果を封殺できるため、セットされたモンスターに対して強気で攻めに行ける。
 ただし、《レインボー・ヴェール》と同じく墓地発動する誘発効果剣闘獣デッキからの特殊召喚効果などは無効化できないため、過信は禁物である。

 相手ターン中の場合は、《レアゴールド・アーマー》《古代の機械掌》効果
 こちらは防御型で、《D・モバホン》《D・ボードン》など、ステータスの低いモンスターを守ると良いだろう。
 ただし、破壊効果装備モンスター戦闘破壊されずに生き残っている必要があるため、発動するには一工夫を要する。

 どちらの効果も一定の有用性があるものの、ターン毎に効果が切り替わる都合もあって器用貧乏になりやすい。
 2回攻撃可能な《D・ラジカッセン》で攻めつつ、《D・ボードン》を並べて戦闘破壊耐性を与えられると理想的である。

  • 英語名は「C&D」と順番が逆になっている。
  • 第二回カリスマデュエリスト最強決定戦「デュエ・ルカvsキング・ジャアク」戦において、ジャアクが《パワー・ツール・ドラゴン》に装備したのだが、解説のジャンボ牛尾も上記の「パワーツールD&C」と呼び間違えてしまった。

関連カード

―《ダブルツールD&C》が見られるカード

そのままの状態でこのカードを装備可能なモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果チェーンブロックを作りますか?
A:1つ目の効果チェーンブロックを作りません。
  2つ目の効果チェーンブロックを作ります。(09/02/19)

Q:2つ目の効果は、戦闘に負けて装備モンスター戦闘破壊される場合、発動しますか?
A:装備モンスター戦闘破壊される場合、このカードの2つ目の効果発動しません。(09/02/19)

Q:2つ目の効果は、対象を取りますか?
A:対象を取りません。(09/02/19)

Q:墓地効果発動するモンスター攻撃して戦闘破壊して墓地へ送った時、墓地でのモンスター効果の発動無効にできますか?
  同様に、除外されて効果を発揮するモンスターの場合はどうですか?
A:墓地効果発動するモンスターや、除外されて効果発動するモンスター効果無効にできません。(09/02/18)

Q:このカードを装備しているモンスターコントロール相手に移った場合、どうなりますか?
A:対象が不適切になるため破壊されます。(09/03/11)

Q:このカードを装備しているモンスター攻撃をし、攻撃無効にされたり、巻き戻しが起こって別のモンスター攻撃する場合、その最初に攻撃対象になったモンスター効果無効になりますか?
A:はい、無効になります。(09/04/02)

Q:このカードを装備しているモンスター相手《No.39 希望皇ホープ》攻撃し、相手《No.39 希望皇ホープ》効果発動しました。
  この時、このカードの『攻撃対象モンスター効果無効にする』の効果適用されますか?
  また、攻撃対象《シューティング・スター・ドラゴン》の場合、どのように効果適用されますか?
A:その場合、このカードを装備したモンスター攻撃対象になった時点でこのカードの『攻撃対象モンスター効果無効にする』効果適用されているので、《No.39 希望皇ホープ》効果発動しますが、その効果はこのカードの効果によって無効となり、戦闘を続行します。
  また、《シューティング・スター・ドラゴン》攻撃対象の場合もこのカードの効果適用され、《シューティング・スター・ドラゴン》効果無効となり、戦闘を続行します。(14/02/20)


Tag: 《ダブルツールD&C》 魔法 装備魔法

広告