《デーモンの(おの)/Axe of Despair》

装備魔法
(1):装備モンスターの攻撃力は1000アップする。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた時、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードをデッキの一番上に戻す。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した装備魔法
 装備モンスター攻撃力強化する効果と、フィールドから墓地へ送られた時に、モンスターリリースする事でデッキの一番上戻る任意発動効果魔法カード誘発効果)を持つ。

 条件を問わず装備対象攻撃力を1000確実に強化でき、コストデメリットの無い装備カードとしては最高の強化手段といえる。
 カードの数が多い時は《団結の力》《魔導師の力》の方が爆発的に攻撃力を伸ばせるが、2枚とも単体での上昇値はこのカードには及ばない。

 装備魔法としては高水準であるものの、装備モンスター除去されるとディスアドバンテージを負うため、そもそも装備魔法の採用率は低い。
 純粋にカード1枚による単体強化では、一時的とは言え《一騎加勢》の方が値で勝り、デメリットを覚悟するなら《蛮勇鱗粉》の方が奇襲性が高く妨害の恐れも低い。
 また、戦闘による突破・役にする装備魔法というポジションでも《月鏡の盾》に大きく分があり、こちらの運用には単純な強化値や戦闘維持以上の戦術要素が求められる。
 連続攻撃できる《重装武者−ベン・ケイ》等に装備させるコンボは代表的である。

 最大の利点はデーモンの名を持つ点であろう。
 《トリック・デーモン》から容易にサーチできるため、【デーモン】においては安定した強化手段となる。
 《伏魔殿−悪魔の迷宮−》よりも場持ちは悪いが、悪魔族以外のエクシーズモンスターシンクロモンスターに装備でき、固有の効果と合わさる事で制圧力を高められる。
 《堕落》と同じ装備魔法なので、《パワー・ツール・ドラゴン》が共有できるのもポイント。
 装備魔法《堕落》3枚のみの場合、どれか1枚を引いてしまうとサーチが使えないが、総数が増える事で安定して使用できるようになる。
 《パワー・ツール・ドラゴン》自身に装備しても相性がよく、また《伏魔殿−悪魔の迷宮−》同様《堕落》の維持も可能である。
 自壊しやすいため隙は大きいが、1000強化コントロール奪取と動く数値が大きいので、勝負を左右するだけのパワーはある。

 【インフェルニティ】では、1ターンキル火力を補うために採用するタイプもある。
 《トリック・デーモン》《インフェルニティ・デーモン》サーチできるため、戦術に組み込みやすい。

 次のカードドローできなくなるため、デッキの一番上戻す効果が必要となる事は少ない。
 ペンデュラムモンスターリリースする、モンスターゾーンを空けるといった用途や、明らかに相手に妨害する手段がないなど、状況に応じて使う事となる。
 デッキシャッフルする効果と併用し、再サーチに繋げるなどの戦術もできる。
 【斧ガジェット】では自己再生によるリサイクルを利用して、ガジェット強化するために使われた。

  • 海外版ではイラストが変更され、デーモンの渋い顔が無くなり、取っ手の木目が不気味になっている。
    また、英語名の意味が《絶望の斧》となっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vsミスターT」(1戦目)においてミスターTが使用。
    《暗黒界の魔神 レイン》に装備された。
  • また、ディマクがボマーの手錠の鎖を切断するために投げたのもこのカードである。
  • アニメZEXALでは26話で国立カケルのサッカーボールにプリントされていたカードの1枚。

関連カード

―《デーモンの斧》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自己回収はチェーンブロックを作りますか?
A:作ります。(08/09/11)

Q:ダメージステップ装備モンスターカードの効果破壊された時、デッキに戻せますか?
A:戻せます。(08/09/11)

Q:ダメージステップにこのカードがカードの効果破壊された時、デッキに戻せますか?
A:戻せます。(08/09/11)


Tag: 《デーモンの斧》 魔法 装備魔法 デーモン

広告