《デビル・フランケン/Cyber-Stein》

効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 700/守 500
(1):5000LPを払って発動できる。
エクストラデッキから融合モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。

 BOOSTER6で登場した闇属性機械族下級モンスター
 ライフを払ってエクストラデッキから融合モンスター特殊召喚する起動効果を持つ。

 膨大なコストも、攻撃力4000以上のモンスターカード消費なしで特殊召喚できるとなれば、納得のいくものだろう。
 ライフが5000以下になるとになってしまうが、それを補って余る破壊力と言える。

 特殊召喚する候補は大ダメージを叩き出せる《サイバー・ツイン・ドラゴン》《極戦機王ヴァルバロイド》、高い制圧力を持つ《ナチュル・エクストリオ》《異星の最終戦士》など。
 エクストラデッキの空きや仮想敵次第では、《サイバー・エンド・ドラゴン》《地天の騎士ガイアドレイク》《重爆撃禽 ボム・フェネクス》などの採用も考えられる。

 ただし攻撃力の低さもあって、モンスター効果特殊召喚を妨げられると、一転して危険な状況に陥る。
 《エフェクト・ヴェーラー》はその代表格といえるため、予めほかのカードで消費させたり、《スキル・プリズナー》カウンターしたりできるようにしたいところ。

 【ガジェット】など、《ギアギガント X》を扱えるデッキであれば比較的容易にサーチが行え、同時に《エフェクト・ヴェーラー》などの存在を発動前に確認しやすい。
 また、《サイバー・ツイン・ドラゴン》などと共に機械族のサポートを共有できる利点もある。

 《ロード・ウォリアー》を扱える【シンクロン】では、守備表示特殊召喚できるうえシンクロ素材にしてしまう事も可能なので、低攻撃力を晒す欠点をカバーしやすい。
 これにより1ターンキルを目的としない、先攻ターン目などにおける《ナチュル・エクストリオ》の利用手段として適している。
 また《ギアギアクセル》ギアギアーノを搭載したタイプならばより利用しやすい。
 特化するならばサーチ特殊召喚が容易な《アンノウン・シンクロン》《トランスターン》を組み合わせるという手もある。

 【キュアバーン】ライフ回復を中心とするデッキなら2回以上の発動も容易に狙える。
 枠は厳しくなるが、呼んだ高レベル融合モンスターエクシーズ召喚という芸当も可能。
 レベル7〜10の融合モンスター《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》コンボできれば、多彩なエクシーズ召喚の選択肢を持ち得る。

 いずれにしてもハイリスク・ハイリターンなカードには違いないので、扱いには細心の注意を払う必要がある。
 1ターンキルにせよ拘束型融合モンスターによる制圧にせよ、対策手段やもとから抵抗力のあるデッキは少なくないので、完全に依存する事は難しい。
 環境を読んだうえで採用を検討すべきカードだろう。

  • 小説「フランケンシュタイン」には、科学者「ヴィクター・フランケンシュタイン」と、彼によって死体を繋ぎ合わせて作られた人造人間が登場している。
    そのモンスター効果は、「死体の継ぎ接ぎで作られた人造人間」に、「モンスター同士の融合で生まれた融合モンスター」を関連付けているのだろう。
    • よく勘違いされるが、「フランケンシュタイン」とは人造人間の名ではなく、それを創造した博士の名であり、ドイツに実在する名字である。
      人造人間の方は、フランケンシュタイン博士が特に固有名を付けなかったので名を持たず、「フランケンシュタインの怪物」または「フランケンシュタインの創造物」等と称される。
      漫画版ZEXALでも、上記の説明をアストラルが行っていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「地下研究所で開発された悪の機械 口からミサイルを出す」と書かれている。
    またDM6では、海馬がこのカードを用いた積み込みコンボ使用してくる(詳細はこちら)。
    初手であらかじめ用意されたこのカードの他、当時は制限だった《ハーピィの羽根帚》《サンダー・ボルト》などで場を一掃し、《巨大化》装備した《青眼の究極竜》1ターンキルを仕掛ける戦術を採っていた。
    しかも、これらのカードがかなりの高確率で初手に揃っており、《王宮の勅命》などの対抗手段がないと勝負にならなくなってしまう。
    ただし、モクバとのデュエルに乱入して来た際は初手に揃う確率がかなり低くなる。
    また、このゲームでは一番弱いキャラのモクバも「兄様直伝」として使う事がある。

関連カード

―《デビル・フランケン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告