《デビル・フランケン/Cyber-Stein》

効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 700/守 500
(1):5000LPを払って発動できる。
エクストラデッキから融合モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。

 BOOSTER6で登場した闇属性機械族下級モンスター
 ライフを払ってエクストラデッキから融合モンスター特殊召喚する起動効果を持つ。

 膨大なライフコストを必要とするが、攻撃力4000以上のモンスターカード消費なしで特殊召喚できるとなれば、納得のいくものだろう。
 ライフが5000以下になるとモンスター効果を使用できなくなってしまうが、そのリスクに相応する破壊力があると言える。

 特殊召喚する候補は高い制圧力を持つ《ナチュル・エクストリオ》《異星の最終戦士》や、素の打点が強力である《青眼の究極竜》《サイバー・エンド・ドラゴン》《極戦機王ヴァルバロイド》となる。
 エクストラデッキの空きや仮想敵次第では、大ダメージを叩き出せる《サイバー・ツイン・ドラゴン》や、《地天の騎士ガイアドレイク》《重爆撃禽 ボム・フェネクス》などの採用も考えられる。
 他のエクストラデッキモンスター属性種族サポート等も考え、採用するカードを決めたい。

 ただし攻撃力の低さもあって、モンスター効果特殊召喚を妨げられると、一転して危険な状況に陥る。
 《エフェクト・ヴェーラー》はその代表格といえるため、予めほかのカードで消費させたり、《スキル・プリズナー》カウンターしたりできるようにしたいところ。
 《M・HERO ダーク・ロウ》とも相性がよく、先出しすれば相手《エフェクト・ヴェーラー》などを封印できる。
 逆に後手に回っても、このカードへの妨害に《マスク・チェンジ・セカンド》チェーン発動すればサクリファイス・エスケープ効果を通せる。

 また、たとえ効果が通ったとしても、攻撃力700のこのカード攻撃表示で棒立ちさせるのは危険である。
 初期ライフポイントから回復していなければ3000以上の戦闘ダメージを受けると敗北してしまうため、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は天敵となる。

  • 以下のデッキには採用を検討できる。
    いずれにしてもハイリスク・ハイリターンなため、環境を読んだうえで採用を検討すべきカードだろう。
    1ターンキル融合モンスターによる制圧にしても、対策手段のあるデッキは少なくないので、完全に依存する事は難しい。
  • 小説「フランケンシュタイン」には、科学者「ヴィクター・フランケンシュタイン」と、彼によって死体を繋ぎ合わせて作られた人造人間が登場している。
    そのモンスター効果は、「死体の継ぎ接ぎで作られた人造人間」に、「モンスター同士の融合で生まれた融合モンスター」を関連付けているのだろう。
    • よく勘違いされるが、「フランケンシュタイン」とは人造人間の名ではなく、それを創造した科学者の名であり、ドイツに実在する名字である。
      人造人間の方は、科学者フランケンシュタインが特に固有名を付けなかったので名を持たず、「フランケンシュタインの怪物」または「フランケンシュタインの創造物」等と称される。
      漫画版ZEXALでも、上記の説明をアストラルが行っていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「地下研究所で開発された悪の機械 口からミサイルを出す」と書かれている。
    またDM6では、海馬がこのカードを用いた【デビル・フランケン】使用してくる。
    ただし、モクバとのデュエルに乱入して来た際は初手に揃う確率がかなり低くなる。
    また、このゲームでは一番弱いキャラのモクバも「兄様直伝」として使う事がある。

関連カード

―《デビル・フランケン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《デビル・フランケン》 モンスター 効果モンスター 星2 闇属性 機械族 攻700 守500

広告