《トラスト・ガーディアン/Trust Guardian》

チューナー(効果モンスター)
星3/光属性/天使族/攻   0/守 800
このカードをシンクロ素材とする場合、
レベル7以上のシンクロモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。
このカードをシンクロ素材としたシンクロモンスターは、
1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
この効果を適用したダメージステップ終了時、
そのシンクロモンスターの攻撃力・守備力は400ポイントダウンする。

 THE SHINING DARKNESSで登場した光属性天使族下級モンスターチューナー
 レベル7以上のシンクロモンスターシンクロ素材にしか使用できない効果外テキストシンクロモンスターに限定的な戦闘破壊耐性を付与する効果を持つ。

 このカードシンクロ素材とする場合、レベル7以上のシンクロモンスターでなければならない。
 その場合、大抵はデッキの主力となるレベル4のモンスターシンクロ素材使用する事になるので、あまり気にする必要はないだろう。

 このカードシンクロ素材とした場合、シンクロモンスター戦闘破壊耐性を得るが、あまり有効な効果とは言えない。
 レベル7以上のシンクロモンスターは基本的に攻撃力が高いため、戦闘破壊される可能性が低いからである。
 《オネスト》《収縮》《エネミーコントローラー》等で、戦闘破壊を狙われた時に一時的に耐えられる程度だろう。
 一応、《閃こう竜 スターダスト》なら破壊を防いだ後の戦闘破壊を狙われなくなるため、相性はいい。

 耐えた後はステータスが下がるため、さらに追撃の攻撃戦闘破壊されやすくなるのもマイナスである。
 レベル3/光属性/天使族という点に意味を持たせられないなら無理にデッキに入れる必要は無いだろう。

  • 作中ではチーム戦の大会の為に、チームメイトからの意図でジャックのデッキに投入されていたことが示唆されている。
    ジャックは当初このカードを使用することを拒んでいたが、後に考えを改めこのカードを使用している。
    WRGPでは「前の走者のフィールドカードを引き継ぐ」ルールがあるため、それを見越したカードなのだろうが、肝心の大会では1度しか使用しなかったうえに、自身の戦闘破壊耐性も発揮できずに出番を終えた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、第9弾から最初のステージのジャックが使用。
    効果の説明時、「攻撃力を400ポイント下げ〜」と、アニメ効果のままの説明をする。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ステータスダウンはチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、チェーンブロックを作りません。(10/02/21)

Q:《スキルドレイン》が存在する時にこのカードシンクロ素材にしてシンクロ召喚を行った場合でも、そのシンクロモンスター戦闘破壊されない効果適用されますか?
A:はい、適用され戦闘では破壊されず、攻撃力守備力はダウンします。(10/02/22)

Q:このカードシンクロ素材にしてシンクロ召喚を行ったシンクロモンスターが存在する時に《スキルドレイン》発動した場合でも、そのシンクロモンスター戦闘破壊されない効果適用されますか?
A:はい、適用され戦闘では破壊されず、攻撃力守備力はダウンします。(10/02/22)

Q:このカードシンクロ素材にしてシンクロ召喚を行った時、このカード効果チェーンブロックを作り、戦闘破壊耐性を与えますか?
A:このカードの効果は、チェーンブロックが作られません。
  したがって、このカードシンクロ素材としたシンクロモンスターが、フィールド上にシンクロ召喚された時点で効果適用されます。(10/02/24)


Tag: 《トラスト・ガーディアン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 光属性 天使族 攻0 守800 ガーディアン

広告