《トリックスター・リンカーネイション》

通常罠
(1):相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドローする。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した通常罠
 相手手札交換をさせる効果トリックスター蘇生させる効果を持つ。

 (1)の効果は、相手手札を全て除外し、その数だけ相手ドローさせる効果である。
 《手札抹殺》等と違って手札交換によって相手墓地アドバンテージを与えてしまう心配もない。
 ただし、トワイライトロードなど、除外を利用する戦術が相手では、むしろ有利にしてしまう場合もある。
 墓地利用よりは少ないものの、留意しておきたい。

 むやみに相手手札交換させるだけでは、このカード1枚分のディスアドバンテージになってしまう。
 だが、現環境ではサーチを行う機会は非常に多く、相手サーチサルベージした直後の妨害としては非常に嫌らしい働きが期待できる。
 それが手札を全て除外する手札交換であれば、尚の事相手の戦術を崩しやすくなるだろう。

 《増殖するG》に対するメタのほか、各種ドローを強要させキーカード諸共相手手札を丸々交換させる目的としても有用。
 《プレゼントカード》《手札抹殺》等も合わせれば致死量のデッキ破壊を行えるキーカードと成り得る。
 特に近年のカードにありがちな、同名カード発動回数制限がないのは大きな利点と言えるだろう。

 発動条件のない相手への強制手札交換カードなので、《ドロール&ロックバード》とのコンボによる全ハンデスが可能。
 1枚目の処理が終わった後に2枚目を発動、それにチェーン《ドロール&ロックバード》を使うことで成立する。
 トリックスターサポートによりサーチしやすく2枚溜め込むのは容易。
 サーチドロー手段が多い現環境では、相手のその行為をトリガーにできる。

 他にも《融合》儀式魔法チェーンすれば、素材が手札に無くなり不発にできる可能性も増える。
 《便乗》トリガーにしたり、《グリード》ウイルスカードによるバーン手札破壊にも使える。

 (2)の効果は、トリックスター蘇生
 レベル等の制約はない・墓地へ送られたターンでも発動可能・フリーチェーン完全蘇生であり汎用性は非常に高い。
 トリックスター以外では、このカードサーチ用に投入した《トリックスター・キャンディナ》蘇生することになるだろう。
 【デッキ破壊】では、デッキ破壊用のカードがついでに1回分のまで用意してくれる有難いカードとなる。

 《テラ・フォーミング》or《盆回し》《トリックスター・ライトステージ》《トリックスター・キャンディナ》からこのカードへのサーチが可能であり、実質12枚のサーチカードに対応する。
 サーチカードに恵まれたデッキ破壊カードは貴重であり、トリックスター以外のデッキでも、サーチメタ手札破壊デッキ破壊として採用が狙える。
 トリックスターデッキでは、(1)の効果相手サーチサルベージを妨害したり《トリックスター・マンジュシカ》とのコンボも行えるが、基本的に(2)の蘇生効果の方をメインと考えてよいだろう。

  • 「リンカーネイション(reincarnation)」とは、英語で輪廻転生や再生・生まれ変わりを意味する。
    イラストに描かれているように、花の「カーネーション」とも掛けているのだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《トリックスター・リンカーネイション》 通常罠 トリックスター

広告