《パワー・ボンド/Power Bond》

通常魔法
自分の手札・フィールド上から、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
機械族のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は、その元々の攻撃力分アップする。
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、
自分はこのカードの効果でアップした数値分のダメージを受ける。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した通常魔法
 機械族融合モンスター融合召喚し、融合モンスター攻撃力をその元々の攻撃力強化する効果を持つ。
 また、発動ターンエンドフェイズ時、自分はその攻撃力強化した数値分だけダメージを受ける残存効果を持つ。

 破格の攻撃力を得ることができるが、その代償も大きくハイリスク・ハイリターンな性質を持つ。
 《融合》と違い手札に加えにくく、機械族融合モンスター使用するデッキにおいても、こちらを手放しに採用できるわけではない。

 このカード融合召喚することでアドバンテージを得やすい融合モンスターは多く存在する。
 《サイバー・ドラゴン》融合素材とするモンスター強化と相性が良く、特に《サイバー・ツイン・ドラゴン》《キメラテック・ランページ・ドラゴン》であれば、高攻撃力による連続攻撃が可能になる。
 《古代の機械究極巨人》攻撃力8800となり、貫通及び攻撃時に魔法・罠カード発動を封じる効果もあって1ターンキルを狙いやすくなる。
 《ユーフォロイド・ファイター》融合素材となったモンスター攻撃力を合計するという性質上、このカード攻撃力を倍化させるメリットは大きい。
 直接攻撃できる《ペアサイクロイド》とも相性が良く、元々の攻撃力が低いためエンドフェイズに受けるダメージも少なく済む。

 融合モンスター攻撃力が上がって、大きな効果を発揮すればするほど、エンドフェイズに受けるダメージ量が増えることになる。
 相手伏せカードによる妨害はもちろん、手札誘発《バトルフェーダー》等で攻撃を防がれるとデメリットしか残らない。
 使用したターン以降も攻撃力は元に戻らないが、リスクを回避するためにも、そのターン内に勝負を決めるように心がけたい。

 デメリットは「ダメージを受ける」なので《ハネワタ》《ピケルの魔法陣》で回避でき、《レインボー・ライフ》《DDD神託王ダルク》ならばメリットに変換できる。
 また、《DDD反骨王レオニダス》《ダメージ・メイジ》《ガード・ペンギン》手札にあれば受けたダメージ回復しつつ特殊召喚できる。
 エンドフェイズでの特殊召喚なのでエクシーズ素材等には使えないが、攻撃に失敗した《古代の機械究極巨人》の大ダメージを手軽に回復できるのは有り難い。

 1ターンキルに特化するため、速攻魔法とは相性が良い。
 《リミッター解除》で高い攻撃力をさらに倍加でき、《融合解除》ならば攻撃後にさらなる追撃を仕掛けることも可能である。

  • イラストからすると、カード名の「ボンド(Bond)」は「溶接」だろう。
    アニメGXの要所で登場していることから、「絆」とかけているのかもしれない。

関連カード

―《パワー・ボンド》が見られるカード

このカード融合召喚できる機械族融合モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果《光の追放者》効果適用時に発動する事ができますか。
A:はい。発動する事ができます。(05/05/26)

Q:このカードダメージを与える効果チェーンブロックを作りますか。
A:いいえ。チェーンブロックを作りません。(05/05/26)

Q:このカードダメージを与える効果《地獄の扉越し銃》発動できますか。
A:いいえ。チェーンブロックを作らないため発動できません。

Q:このカードの効果融合召喚した融合モンスター裏側表示にしてから表側表示にしたり、ゲームから除外してからフィールド上に戻したりした場合、その融合モンスター攻撃力はいくつになりますか。
A:その融合モンスターに書かれている元々の攻撃力になります。(05/06/02)

Q:このカード効果処理時融合素材代用モンスター墓地へ送る事ができますか?
A:はい、墓地へ送る事ができます。

Q:《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《ユーフォロイド・ファイター》のような攻撃力守備力が?のモンスターも《パワー・ボンド》で召喚できるようですが、その攻撃力や、ダメージはどうなるのですか?
A:いずれのモンスターも、元々の攻撃力を決定する効果なので、その計算後の値を元々の攻撃力としてその分だけアップします。
  ダメージもその数値を受けることになります。

Q:《パワー・ボンド》で融合召喚したモンスターフィールドを離れていたり、裏側守備表示になっていたりした場合、エンドフェイズダメージは受けませんか?
A:いいえ、受けます。
  モンスター融合召喚したときにダメージを受けることが確定し受けるダメージもこの時に決定します。

Q:《パワー・ボンド》で融合召喚した《サイバー・エンド・ドラゴン》《巨大化》《収縮》発動したらどうなりますか?
A:《巨大化》の場合はこのカード効果による攻撃力アップが適用されなくなり、攻撃力は8000または2000になります。
  《収縮》の場合、《収縮》によって変化した2000から《パワー・ボンド》の効果によって4000ポイントアップし6000となります。(13/07/20)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》墓地落とした《パワー・ボンド》を発動することができ、この効果発動した場合、エンドフェイズダメージを受けますか?
A:発動することはできます。
  しかし、この場合《パワー・ボンド》のカードの発動がされたわけではないのでダメージは受けません。(08/07/23)

Q:《スキルドレイン》適用中に「攻撃力2400になるはずの《キメラテック・オーバー・ドラゴン》」を融合召喚した場合、ダメージを受けますか?
A:この場合、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》攻撃力は0になり、ダメージも受けません。(16/09/24)


Tag: 《パワー・ボンド》 魔法 通常魔法

広告