《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/Beast-Eyes Pendulum Dragon》

融合・効果モンスター
星8/地属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
ドラゴン族・闇属性モンスター+獣族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合に
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 Vジャンプ(2014年11月号) 付属カードで登場した地属性ドラゴン族融合モンスター
 自分フィールド融合素材リリースしてエクストラデッキから特殊召喚できる効果外テキスト戦闘モンスター破壊した場合に融合素材とした獣族攻撃力分のダメージを与える誘発効果を持つ。

 フィールドモンスターリリースすることでも特殊召喚できるため、融合召喚の要素を入れなくても良い。

 この効果での特殊召喚を狙うならば、ドラゴン族闇属性を使用するデッキに、《スケープ・ゴート》を採用するという方法もある。
 《ドラゴラド》おジャマなどの獣族通常モンスター蘇生させれば、1枚でこのカードを出すことも可能。
 《簡易融合》《予想GUY》《鏡像のスワンプマン》などを利用すれば足りない方の融合素材を用意できる。

 【EM】ならば、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》獣族EMモンスターの両方を無理なく採用できるので、このカードの効果による特殊召喚も狙いやすい。
 《竜呼相打つ》リクルートもしくはエクストラデッキに置かれる竜魔王も併用すれば特殊召喚しやすい。

 《龍の鏡》にも対応しているため、通常の融合召喚を狙うこともデッキによっては検討できる。
 【真紅眼の黒竜】では、サポートカードが豊富な《真紅眼の黒竜》と種類の多い獣族チューナーシンクロ召喚を行った後に、《龍の鏡》でこのカードを追加で出すことも狙える。
 《龍の鏡》自体も、《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》の存在から採用しやすい。
 また、《金華猫》《伝説の黒石》《黒鋼竜》蘇生することで手札一枚から出せるので相性が良い。
 特に《黒鋼竜》を使用した場合は、このカード特殊召喚するついでにレッドアイズカードサーチする事もできる。
 【おジャマ】【トークン】では、同じく《龍の鏡》に対応する闇属性ドラゴン族《始祖竜ワイアーム》融合召喚する機会も多いため、そちらが除去された後の選択肢として採用候補になる。

 同様の流れを織り込める【レスキューキャット】では、融合召喚以外でも《転生竜サンサーラ》獣族シンクロモンスターを容易に場に出せるので、墓地に落ちてしまった《ナチュル・ビースト》等を融合素材に転用すれば効果ダメージ量の期待値も申し分ない。
 《召喚僧サモンプリースト》から《レスキューキャット》、続けて獣族チューナーを含む2体をリクルートすれば、《召喚僧サモンプリースト》獣族チューナーによる闇属性ドラゴン族シンクロモンスター獣族モンスターを、自然な流れで盤面に整えられる。

 ダメージ効果は似た効果を持つ《E・HERO フレイム・ウィングマン》などと異なり墓地へ送る必要がないため、除外される状況下や、ペンデュラムモンスタートークンなどを緊急のにされても発動する。
 有効に活用するためには攻撃力の高い獣族モンスターを採用することが不可欠になる。
 メインデッキに入る最大攻撃力を持つ《極星邪狼フェンリル》は、《神の桎梏グレイプニル》サーチ可能なので、融合召喚する分にはそれほど問題ない。
 《烏合無象》を利用してエクストラデッキから《マスター・オブ・OZ》《神樹の守護獣−牙王》特殊召喚するのも効果的である。

 ただし、【EM】では《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》戦闘ダメージ増量の効果を持ち、総ダメージ量で勝れる局面は割と限られてしまう。
 それ以外のデッキも含め、回転重視のデッキでは殆どの場合、融合素材となる獣族攻撃力は低めになりがちで、高攻撃力獣族ならば素直に蘇生等を優先すべきケースも増える。
 いずれにせよ効果ダメージは半ばオマケと捉え、追加のアタッカー要員程度に考えておいた方が良い。

 チューナー《X−セイバー エアベルン》《極星獣グルファクシ》《予想GUY》リクルートできる《暗黒の狂犬》《グレート・アンガス》でも1600〜1900と、そこそこの効果ダメージは見込める。
 これらの下級モンスターを中心に構成する事で事故の危険を減らしつつ、シンクロモンスターエクシーズモンスターとも併用しやすくなる。
 このカードのためだけに融合召喚を行うカードを採用してもデッキバランスを悪化させてしまうので、他の融合シンクロエクシーズ召喚とも使い分けられるような構築にしておきたい。

  • 封入されていた袋では「必殺ダメージを与える野獣の牙!!」と表現されている。
    「ビーストアイズ」の名を持つが、眼ではなく牙が主張されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:リリースして特殊召喚した場合、融合召喚扱いですか?
A:いいえ、融合召喚扱いではありません。(14/09/20)

Q:リリースして特殊召喚した場合、(1)の効果発動しますか?
A:はい、発動し、ダメージを与える処理を行います。(14/09/20)

Q:融合素材にした獣族効果解決時墓地に存在しない場合、(1)の効果発動しますか?
A:はい、発動し、ダメージを与える処理を行います。(14/09/20)

Q:フィールドの他種族モンスター獣族に変更して融合素材にした場合、(1)の効果発動しますか?
A:はい、発動し、種族獣族に変更した、他の種族モンスター元々の攻撃力分のダメージを与えます。(17/06/24)

Q:闇属性で、種族ドラゴン族に変更した、元々の種族獣族モンスターと、種族獣族に変更した、他の種族モンスター融合素材にした場合、(1)の効果発動しますか?
A:はい、発動し、種族獣族に変更した、他の種族モンスター元々の攻撃力分のダメージを与えます。(14/09/20)


Tag: 《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 地属性 ドラゴン族 攻3000 守2000 ペンデュラム・ドラゴン 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告