《ブラック・マジシャン・ガール/Dark Magician Girl》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
(1):このカードの攻撃力は、お互いの墓地の「ブラック・マジシャン」
「マジシャン・オブ・ブラックカオス」の数×300アップする。

 「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」公式大会 ストリートデュエル レジェンド オブ パワー 大会入賞者特典カードで登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 お互い墓地《ブラック・マジシャン》《マジシャン・オブ・ブラックカオス》の数に比例して攻撃力自己強化する永続効果を持つ。

 自己強化効果による理論上の最大攻撃力は、お互い墓地に該当モンスターがそれぞれ3枚ずつある場合の5600である。
 しかし相手墓地にも依存するため非現実的であり、同じレベル魔法使い族《魔法剣士トランス》以下の攻撃力しか得られない場合が多い。

 このカード自体で戦うならば、《黒・魔・導・爆・裂・破》等の専用サポートカードや、魔法使い族サポートカードを用いるべきだろう。
 展開には、マジシャン・ガールを初めとして、《黒魔術のヴェール》《マジシャンズ・ナビゲート》が有用である。
 場合によっては、やや発動条件が厳しいが、除去としても機能する《黒魔族復活の棺》や、《マジシャンズ・サークル》も検討できる。
 一方、《ブラック・マジシャン》特殊召喚手段も豊富なので、2体を並べて《黒魔導強化》《黒・爆・裂・破・魔・導》を狙うのもいいだろう。
 先にこのカードフィールドに出ていれば、《黒魔術の継承》等でサーチ可能な《賢者の宝石》《ブラック・マジシャン》リクルートすることもできる。
 展開後は《ブラック・イリュージョン》《ガガガシールド》等で支援したい。

 また、特殊召喚方法が増えた現在では《魔のデッキ破壊ウイルス》媒体となれる点も見逃せない。
 発動タイミングを考える必要はあるが、《ブラック・マジシャン》も対応するため、腐る事は少ないだろう。

 《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》融合素材でもあり、《ブラック・マジシャン》共々《E・HERO プリズマー》カード名をコピーできる。
 そこから《ティマイオスの眼》《龍の鏡》を使用、あるいは《ブラック・マジシャン》をコピーさせてから《賢者の宝石》に繋げる事もできる。
 《ブラック・マジシャン》と共用できる《融合準備》サーチする事もでき、《融合》による融合召喚を望むなら採用しておきたい。

  • 「遊戯王」シリーズのアイドルカードの祖というべき存在であり、師匠の《ブラック・マジシャン》と同等かそれ以上に高い人気と知名度を持つ。
    特に単純な商業キャラクターとしての人気は遊戯王で一番と言っても過言ではなく、遊戯王関連グッズにおいては多数のグッズが販売されている。
    登場から10年の間に主人公の遊戯やライバルの海馬、メインモンスター《青眼の白龍》《ブラック・マジシャン》よりも多くのグッズが発売されている。
  • 上記のような人気や遊戯のメインモンスターの1体という事もあり、イラストは6種類と遊戯王OCGの中ではかなり多いバリエーションを持つ。
    詳細はイラスト(複数のイラストが存在するカード)参照。
  • この大会で配布されたカードには、シークレットレアレアのバージョンがあり、いずれも希少なレアカードである。
    どちらのカードも石版仕様の特別な台紙・白封筒が付属している。
    優勝者に配られたシークレットレアには、ブラック・マジシャン・ガール絵柄の金色と銀色のコインが付属した。
  • 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS ローソン前売り券特典カードストラクチャーデッキ−武藤遊戯−では、胸元のマークが六芒星から五芒星に変更されている。
    《六芒星の呪縛》のページにもあるが、六芒星はユダヤ教の象徴でもあるため、使用を避けたほうが良いとの判断に至ったものと思われる。
    • なおこのマークは原作では六芒星であるが、アニメでは海外展開を前提としていたためか最初から五芒星であった。
      アニメGX第42話およびTAG FORCEシリーズに登場した《ブラック・マジシャン・ガール》の精霊はどちらとも異なり、千年アイテムに見られる目玉の模様であった。
      また外国語版カードでは五芒星でも六芒星でもなく、模様のない球体に変更されている。
  • アニメでは原作と違う、杖を担いだようなイラストで描かれているが、早々にカードOCG仕様となったために作中では見られなかった。
    このイラストは、前述のポストカードやDDMのイラスト等に流用されている。
  • 「闇遊戯vsパンドラ」戦では、《ブラック・マジシャン》使いのパンドラですら知らないという、希少なカードであることが伺える描写がなされた。
    「乃亜編」では、杏子の幼少時代に《ブラック・マジシャン・ガール》のミュージカルが公演されていたというエピソードや、ビッグ2(大瀧)の「《ブラック・マジシャン》とこのモンスターの連携はデュエル・モンスターズにおける常識」という発言もあり、矛盾がみられる。
    アニメオリジナルエピソードゆえのミスだろう。
  • このカードのモチーフは、古代エジプトにおける魔術師マハードの弟子・少女マナの精霊である。
    元気いっぱいで失敗ばかりの子だったが、師匠がバクラとの戦いで落命して以降、立派な魔術師になる事を決意し、精霊を呼べるまでに成長する。
    弟子が師匠の魂を受け継いで成長した事が、攻撃力上昇効果に繋がったのだろう。
    原作の「記憶編」では、まだ未熟で戦えないため、師匠に魔力を与えてのサポートだったが、アニメ版では師匠と共に戦いに加わっている。
    原作の精霊は、マナに似て褐色肌だったが、アニメ版では肌の色を含めて、その姿は《ブラック・マジシャン・ガール》そのものだった。
  • アニメGXでは、「世界でただ一枚、武藤遊戯のデッキにのみ入っている」という設定になっており、「十代vs神楽坂(遊戯のデッキを使用)」戦や最終話の「十代vs遊戯」戦で登場した。
    また、カードの精霊と思しき少女としても登場しており、十代とデュエルを行った。
    翔はこのカードの大ファンであり、後述のDUEL TERMINALでもそれを意識したセリフが用意されている。
    ちなみに、この回ではトメさんが《ブラック・マジシャン・ガール》のコスプレをしていた(デュエルアカデミアの学園祭では、彼女がこのコスプレをするのがお約束らしい)。
  • アニメ5D'sでは、情報屋兼マニアショップ「KURUMIZAWA」店長との取引でカーリーが支払いとして、このカードのフィギュアを差し出した。
    店長のセリフによると、超激レアのフィギュアらしい。
    また、店内にはこのカードのポスターが何枚も貼ってあった。
  • アニメARC-Vの「権現坂vs暗国寺」戦で描写された観客の中に、このモンスターが頭にかぶってる帽子と似ているサンバイザーを付けた女性が確認できる。
  • TAG FORCEシリーズでは、1〜3でデュエリストとして登場し、【ブラック・マジシャン】を使用する。
    ちなみに、アニメで反響が(良し悪しはともかく)大きかったトメさんのコスプレも見る事ができる。
    TAG FORCE 6では、オリジナルカードとして上記の《師弟の絆》・《黒・魔・導・連・弾(ブラックツインバースト)》が登場している。
  • WCSシリーズでは、カードショップの店員がこのカードのコスプレをしている。
    2008では、対戦相手として登場し、KONAMIの自社ネタとして「クイズマジックアカデミー」を意識した【決闘魔法学園】というデッキを使用する。
    また、バレンタインデー(2008/02/14)には、このカードが配信された。
    20092010では、チュートリアルでルールの解説をする。
  • Duel Transerでは、隠しコマンドを入力する事でプレイヤーの姿を《ブラック・マジシャン・ガール》にすることができ、使用デッキ【ブラック・マジシャン】になる。

関連カード

―《ブラック・マジシャン・ガール》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ブラック・マジシャン・ガール》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻2000 守1700 ブラック・マジシャン ブラック・マジシャン・ガール マジシャン・ガール

広告