《ブラック・マジシャン・ガール/Dark Magician Girl》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
このカードの攻撃力は、お互いの墓地の「ブラック・マジシャン」
「マジシャン・オブ・ブラックカオス」×300ポイントアップする。

 「遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨」公式大会 ストリートデュエル レジェンド オブ パワー 大会入賞者特典カードで登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 お互い墓地《ブラック・マジシャン》《マジシャン・オブ・ブラックカオス》の数に比例して攻撃力自己強化する永続効果を持つ。

 墓地《ブラック・マジシャン》《マジシャン・オブ・ブラックカオス》の数だけ強化されるため、お互い墓地にそれぞれ3枚ずつ該当モンスターがある場合、最大で5600まで攻撃力が上がる。
 しかし、積極的に墓地を肥やす構築にでもしない限り、同じくリリース1体でアドバンス召喚できる魔法使い族《魔法剣士トランス》未満の攻撃力しか得られない場合が多い。
 このモンスターを使うならば、自己強化に期待するより《賢者の宝石》《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》のために使うと良い。
 ただし、《賢者の宝石》の場合《マジシャンズ・サークル》でこのカード特殊召喚すると、メインフェイズ2《ブラック・マジシャン》特殊召喚する事になり、攻撃までタイムラグが生じてしまう。

 攻撃力2000の魔法使い族であり、《マジシャンズ・サークル》特殊召喚できるモンスターの中では、《魔法の操り人形》と並んで最高攻撃力を持つ。
 しかし、《魔法の操り人形》の方が自己強化しやすく、加えて除去効果も持つので、こちらを【ブラック・マジシャン】以外の【魔法使い族】で採用する意義は薄い。
 一応、レベルが異なるため、エクシーズ召喚等を考慮する場合は採用の余地はある。

  • この時のイラストは、後に配色を変えて「ダンジョンダイス・モンスターズ」の付録のトレカ(遊戯王OCGではない)に使用された。
  • 「闇遊戯vsパンドラ」戦では、パンドラの2体目の《ブラック・マジシャン》を倒した後の攻撃力が3500であるはずが3000、戦闘後のパンドラのライフが本来250であるはずが750と、それぞれ500ポイントずつずれている。
    このミスは単行本・文庫版においても修正されていない。
  • 「闇遊戯vsパンドラ」戦では、《ブラック・マジシャン》使いのパンドラですら知らないという、希少なカードであることが伺える描写がなされた。
    しかし、「乃亜編」では、杏子の幼少時代に《ブラック・マジシャン・ガール》のミュージカルが公演されていたというエピソードや、ビッグ2(大瀧)の「《ブラック・マジシャン》とこのモンスターの連携はデュエル・モンスターズにおける常識」という発言もあり、矛盾がみられる。
  • このカードのモチーフは、古代エジプトにおける魔術師マハードの弟子・少女マナの精霊である。
    元気いっぱいで失敗ばかりの子だったが、師匠がバクラとの戦いで落命して以降、立派な魔術師になる事を決意し、精霊を呼べるまでに成長する。
    弟子が師匠の魂を受け継いで成長した事が、攻撃力上昇効果に繋がったのだろう。
    原作の「記憶編」では、まだ未熟で戦えないため、師匠に魔力を与えてのサポートだったが、アニメ版では師匠と共に戦いに加わっている。
    原作の精霊は、マナに似て色黒だったが、アニメ版では肌の色を含めて、その姿は《ブラック・マジシャン・ガール》そのものだった。
  • アニメGXでは、「世界でただ一枚、武藤遊戯のデッキにのみ入っている」という設定になっており、「十代vs神楽坂(遊戯のデッキを使用)」や最終話の「十代vs遊戯」戦で登場した。
    また、カードの精霊と思しき少女としても登場しており、十代とデュエルを行った。
    ちなみに、この回ではトメさんが《ブラック・マジシャン・ガール》のコスプレをしていた(デュエルアカデミアの学園祭では、彼女がこのコスプレをするのがお約束らしい)。
  • アニメ5D'sでは、情報屋兼マニアショップ「KURUMIZAWA」店長との取引でカーリーが支払いとして、このカードのフィギュアを差し出した。
    店長のセリフによると、超激レアのフィギュアらしい。
    また、店内にはこのカードのポスターが何枚も貼ってあった。
  • TAG FORCEシリーズでは、1〜3でデュエリストとして登場し、【ブラック・マジシャン】を使用する。
    ちなみに、アニメで反響が(良し悪しはともかく)大きかったトメさんのコスプレも見る事ができる。
    TAG FORCE 6では、オリジナルカードとして上記の《師弟の絆》・《黒・魔・導・連・弾(ブラックツインバースト)》が登場している。
  • WCSシリーズでは、カードショップの店員がこのカードのコスプレをしている。
    WCS2008では、対戦相手として登場し、KONAMIの自社ネタとして「クイズマジックアカデミー」を意識した【決闘魔法学園】というデッキを使用する。
    また、バレンタインデー(2008/02/14)には、このカードが配信された。
    WCS20092010では、チュートリアルでルールの解説をする。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告