《ポルターガイスト/Spiritualism》

通常魔法
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を選択して持ち主の手札に戻す。
このカードの発動と効果は無効化されない。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した通常魔法

 効果範囲は《ハリケーン》に劣るが、発動効果無効化されない。
 これによりパーミッション《ホルスの黒炎竜 LV8》等の影響を受ける事がない。
 そのため、これらを絡めた永続魔法永続罠を多用するロックデッキ相手には力を発揮するだろう。

 ただし、このカードの発動に対して、対象にした魔法・罠カードチェーンされると、永続系以外は当然のことながら手札戻すことはできない。
 また、スペルスピード通常魔法であるため遅い。
 よって、チェーンされない魔法・罠カード永続魔法永続罠発動条件が限定されるカード等)しか狙うことができない。
 ゆえに、相手カウンター罠を仕掛けている可能性があり、更に一時的にでもフィールドから離したい魔法・罠カードがある、というようなロックされて封殺されている状況下ではないと使う機会がない。

 以上の点から、【お触れホルス】【トランス】対策にサイドデッキに忍ばせておく程度にしたい。

  • 「ポルターガイスト(Poltergeist)」とはドイツ語で「騒々しい幽霊」の意味であり、室内の物が何の外的要因も無しに振動・浮遊したりする心霊現象の一種である。
    英語名の「Spiritualism」とは「交霊術」という意味である。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作「バトルシティ編」の「闇バクラvsゴースト骨塚」戦にて闇バクラが使用したカード
    このデュエルは経過が描写されず、バクラがこのカード発動して骨塚が敗北した事しか分からないため、原作での効果は不明である。
    アニメでは同デュエルの経過が明らかになったが、バクラはこのカードを使用しなかった。
    また、原作の「闇遊戯vs闇バクラ」戦でもこれらしきカードがバクラの手札に確認できる。

関連カード

発動効果無効されないカード

―類似効果

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《大寒波》効果適用中にこのカードを発動できますか?
A:いいえ、できません。

Q:《邪神アバター》召喚時の誘発効果適用中にこのカードを発動できますか?
A:いいえ、できません。

Q:セットされているこのカード《心鎮壷》で指定されているとき、このカードを発動できますか?
A:できません。(09/02/05)

Q:相手フィールド《The splendid VENUS》が存在する場合、相手はこのカードに対し、《神の宣告》発動することはできますか?
A:できません。(09/02/05)

Q:「発動効果無効にする」ではなく、「発動できず、全てのフィールド魔法カード効果無効になる」効果をもつ《マジック・キャンセラー》表側表示で存在している場合、このカード発動できますか?
A:できません。(07/06/12)

Q:このカードに対して《マジック・ジャマー》チェーンできますか?
A:できますが、発動効果無効にされません。(14/11/16)

Q:このカード発動したとき、《光と闇の竜》効果発動しますか?
A:発動しますが、《光と闇の竜》効果適用されません。(12/12/17)

Q:《闇の取引》《魔轟神ディアネイラ》効果を書き換えられますか?
  できる場合、《王宮の勅命》フィールド上に存在する時でも効果は有効ですか?
A:はい、このカードの効果は、《闇の取引》《魔轟神ディアネイラ》効果を書き換えることができます。
  この場合でも、『このカードの発動と効果は無効化されない。』効果適用されているため、《王宮の勅命》効果によって、効果無効にされません。(14/03/19)

Q:フィールド上に《エンド・オブ・アヌビス》が存在する時、《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果発動した《ポルターガイスト》の効果無効になりますか?
A:無効になりません。(14/07/18)


Tag: 《ポルターガイスト》 魔法 通常魔法

広告