《ミキサーロイド》

効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻   0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから風属性以外の「ロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):LPを半分払い、自分の墓地からこのカードを含む
機械族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外したモンスターの数と同じレベルの「ロイド」融合モンスター1体を
EXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場した風属性機械族下級モンスター
 機械族リリースしてデッキから風属性以外のロイド特殊召喚する起動効果ライフを半分払い自身を含む墓地機械族除外することで、除外した数と同じレベルロイド融合モンスター召喚条件を無視して特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)は機械族1体をコスト風属性以外のロイドリクルートする効果
 機械族である自身もコストにできるため、単体でも機能する。
 《アーマロイドガイデンゴー》なら効果は使えないが攻撃力2700のアタッカーとなり、《エクスプレスロイド》ならリリースしたモンスターを即座に回収できる。

 (2)はロイド融合モンスター召喚条件を無視して特殊召喚する効果
 半分というライフコストに加えて、墓地機械族を大量に除外しなければならない。
 レベルの最も低い《ペアサイクロイド》特殊召喚する場合ですら5体もの機械族除外する必要がある。
 この効果を活用するならば、能動的に墓地を肥やす手段が必要となるだろう。
 また、苦労して特殊召喚してもエンドフェイズ自壊してしまい蘇生制限も満たす事ができない。
 一応、どんなにライフが少なくとも発動できるため、無理に狙わずに墓地が肥えたデュエル終盤でのトドメに使える可能性がある、程度に考えておくのが無難か。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》との相性は良く、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合素材としてこのカードを含む機械族を大量に墓地へ送れ《極戦機王ヴァルバロイド》特殊召喚すら視野に入る。

 攻撃力が低く守備力が高いため、《エクスプレスロイド》《機械複製術》を共用したり、《メガロイド都市》を主とした攻守入れ替えでアタッカーとすることが可能。
 ただし、《メガロイド都市》の場合、攻守入れ替えは1ターンに1度である都合上、《機械複製術》で3体に増やしても攻撃力2200で攻撃できるのは1体なので注意。

  • このためか、明らかに地上を走る乗り物がモチーフであるにも関わらず風属性と、他のロイドに対しやや異例となっている。

関連カード

―《ミキサーロイド》の姿が見られるカード

(1)の効果特殊召喚できない風属性ロイド

ロイド融合モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ミキサーロイド》 モンスター 効果モンスター 星4 風属性 機械族 攻0 守2200 ロイド

広告