《ラーの翼神竜(よくしんりゅう)不死鳥(ゴッドフェニックス)/The Winged Dragon of Ra - Immortal Phoenix》

特殊召喚・効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが墓地に存在し、
「ラーの翼神竜」がフィールドから自分の墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
この効果の発動に対して効果は発動できない。
(2):このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):1000LPを払って発動できる。
フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
(4):エンドフェイズに発動する。
このカードを墓地へ送り、自分の手札・デッキ・墓地から
「ラーの翼神竜−球体形」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 MILLENNIUM PACKで登場した神属性幻神獣族特殊召喚モンスター
 《ラーの翼神竜》フィールドから墓地へ送られた場合に自己再生する誘発効果効果を受けない永続効果モンスター墓地へ送る起動効果エンドフェイズ自壊して《ラーの翼神竜−球体形》特殊召喚する誘発効果を持つ。

 通常召喚できず、《ラーの翼神竜》フィールドから墓地へ送られた場合にのみ墓地から特殊召喚できるという重い召喚条件を持っている。
 予めこのカード墓地へ送った上で《ラーの翼神竜》を出す必要がある。
 《ラーの翼神竜》《ラーの翼神竜−球体形》召喚しようとすると3体のリリースが必要になるため、リリース確保が可能な《素早いアンコウ》などを併用したい。
 《ラーの翼神竜−球体形》相手モンスター3体をリリースして出せばコストは軽減できる。
 《ファントム・オブ・カオス》《ラーの翼神竜−球体形》効果をコピーし、《ラーの翼神竜》を出すのも手か。
 幸いにも自身を特殊召喚する効果は一切のチェーンを許さないので、予め特殊召喚を封じられていなければ、ほぼ確実にフィールドに出せる。

 ただし、このカード墓地にある状況で相手《ラーの翼神竜》墓地へ送るとは考えにくいため、能動的に墓地へ送ることが必要となる。
 他のカードを使わずとも、《ラーの翼神竜》破壊効果を自身に対して使用すれば即座に出せる。
 《ラーの翼神竜》召喚時以外に耐性を持たないため、4000の攻撃力に加えて(2)の最高峰の効果耐性を持つこのカードと直ぐに入れ替えてしまっても良い。
 《神秘の中華なべ》《デストラクト・ポーション》《サンダー・ブレイク》等は《ラーの翼神竜》に対する墓地へ送らない除去チェーンして発動でき、バトルフェイズ中ならば追撃もできる。
 能動的に出せない場合は、《神縛りの塚》を使用して《ラーの翼神竜》対象にとるバウンス除外から守ることで、間接的にこのカードを出しやすくすることはできる。

 《ラーの翼神竜》フィールドから墓地へ送られればよいので、《甲虫装機 エクサビートル》装備カードとし、魔法&罠ゾーンから墓地へ送る手もある。
 その場合は同じランク6の《永遠の淑女 ベアトリーチェ》も採用しておけば、このカード《ラーの翼神竜》をピンポイントでデッキから墓地へ送ることができる。

 除去効果《ラーの翼神竜》とは違い対象に取らず破壊も介さないで直接墓地へ送るため、この効果への耐性を持つモンスターは殆どいない。
 ライフの余裕さえあれば1ターンに何度でも使用できるので、自分ターン特殊召喚すれば高確率直接攻撃をお見舞いできる。
 相手ターン特殊召喚された場合はにしかならないが、その場合でもエンドフェイズ《ラーの翼神竜−球体形》に繋げられるため、返しのターン《ラーの翼神竜》を呼び出すことが可能になる。

  • フェニックスは、古代エジプトの神話に登場する、霊鳥ベンヌが起源と考えられている。
    太陽神ラーから飛び出した魂の象徴であり、ヘリオポリスのラーの神殿で燃やされている炎へ毎夜飛び込んで死に、毎朝その炎から生まれると信じられた。
    すなわち、毎夕に沈み毎朝昇る太陽の象徴であった。
    《ラーの翼神竜》とフェニックスの関連は薄いように見えるが、元から考えれば強いつながりがある。
  • 原作・アニメにおいて―
    作中では《ラーの翼神竜》の最終形態という形で登場しており、このカード自体は登場していない。
    古代神官文字(ヒエラティックテキスト)で記されていた第3の能力である「時ひとつとして神は不死鳥となる 選ばれし魔物は大地に眠る」に該当する。
    デュエルでの初登場は「闇マリクvs城之内」戦。
    《ギルフォード・ザ・ライトニング》を焼き払い、千年ロッドの力で城之内に同じ苦痛を与えた結果、彼の精神力が尽きマリクは辛くも勝利した。
    「闇遊戯vs闇マリク」戦でも使用され、その効果で遊戯を苦しめた。
    この効果名が「ゴッド・フェニックス」であり、このカード名の由来となっている。
    「王の記憶編」ではディアバウンドを焼き払い盗賊王バクラを一度は倒したが、「時の巻き戻し」によって無かった事にされてしまった。
  • 闇マリクは「vs闇遊戯」戦において、この形態について「このターン神は不死の能力が備わった!!」と発言している。
    実際に、攻撃力6000となった《オシリスの天空竜》攻撃でも戦闘破壊されず、発動した「召雷弾」に対しても「火の鎧を雷が貫けるものか!」という言葉通りに弾き飛ばしている。
    原作では神のランクの設定があるためおかしなことではないが、その設定がないアニメDMでも同様の理由で防いでいるため、どうやら通常時よりも強固な耐性を持つようである。
    (後のアニメDMの「戦いの儀」では、通常形態の《ラーの翼神竜》に対して「召雷弾」が普通に通じている。)
    (2)の完全耐性はこの点を意識したのだろうか。
  • 《ギルフォード・ザ・ライトニング》除去するシーンでは、アニメDMでは演出が強調されている。
    また、文庫版に収録される際には2ページ分の描写が追加されている。
    文庫版収録の際に細かい点を修正することはよく見られるが、ページを丸々追加するというのは異例のことである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ラーの翼神竜−不死鳥》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星10 神属性 幻神獣族 攻4000 守4000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告