《リンクリボー》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻 300
【リンクマーカー:下】
レベル1モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 最強ジャンプ(2017年9月号) 付属カードで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 自身をリリースする事で相手攻撃モンスター攻撃力を0にする誘発効果レベルモンスターコスト自己再生する誘発即時効果を持つ。

 リンク素材レベル1を指定しているが、効果モンスタートークンなどの制限はない。
 クリボー系からだけでなく、《金華猫》蘇生させたモンスター羊トークンなどから簡単に出せる。
 《ワイトプリンス》《太古の白石》《黒鋼竜》といった墓地へ送られた場合に発動するモンスター効果を能動的に使える手段にもなる。
 それらの用途及びリンク先の確保要員として出した場合でも、後述の(1)の効果リリースできるため、低攻撃力を晒すことにもならない。

 (1)は相手モンスター攻撃宣言時にそのモンスター攻撃力ターン終了まで0にする効果
 返り討ちを狙えるように思えるが、自身をリリースするためにバトルステップの巻き戻しが発生し、相手攻撃を中断できるので返り討ちにはできない。
 基本的に攻撃力0になれば、巻き戻しで攻撃の中止を選択することになるため、実質的にその攻撃1回を止める効果と言える。
 なお、攻撃を介する効果が目的で自爆特攻でも構わない相手や、超重武者等、一部には攻撃力0でも攻撃続行される可能性はある。

 (2)はレベルモンスターリリースして自己再生する効果
 相手ターンでも使用でき、(1)の効果につなげられる。
 レベルトークンなどを効果モンスターサイバース族に変換できる効果とも見なせ、リンク素材効果モンスターサイバース族縛りをクリアできる。
 それらをリンク素材に2体目以降のこのカード《リンク・スパイダー》を出す場合と比べてエクストラデッキを圧迫せず、リンク先がない場合でも変換できるのは利点。
 また《黄泉ガエル》自分ターンスタンバイフェイズまでにリリースすれば、そちらの自己再生効果をすぐに再発動できるので、実質ノーコストでこのカード蘇生できる。

 なお、自己再生するとメインモンスターゾーンに出てくるため、リンク先は増やせない。
 自己再生後は(1)の効果相手ターンに備えたり、縛りを持つリンクモンスターリンク素材にするのがよいだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《リンクリボー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 闇属性 サイバース族 攻300 クリボー

広告