《ヴァンパイア・グレイス/Vampire Grace》

効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2000/守1200
このカードが墓地に存在し、アンデット族モンスターの効果によって
自分フィールド上にレベル5以上のアンデット族モンスターが特殊召喚された時、
2000ライフポイントを払って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
「ヴァンパイア・グレイス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、1ターンに1度、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手は宣言された種類のカード1枚をデッキから墓地へ送る。

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 自己再生する誘発効果と、デッキ破壊する起動効果を持つ。

 レベル5以上のアンデット族特殊召喚する効果を持つアンデット族は数は多いが癖があるものも多い。
 そんな中《馬頭鬼》は扱いやすく【アンデット族】必須カードと言っても良いため、自己再生トリガーの最有力候補となる。
 それ以外では《ヴァンパイア・ロード》などの自己再生効果に追随する形で特殊召喚しても良い。

 《ヴァンパイア帝国》を使えば墓地に置くことも容易であり、《ゴブリンゾンビ》に対応するため、サーチした後にコストにしてもいい。
 ライフコストは2000と重いが、特殊召喚したのがレベル6であればそのままランク6につなげられる。
 ただし、ヴァンパイアの切り札である《紅貴士−ヴァンパイア・ブラム》ランク5である。
 その点は噛み合わないので、高いライフコストも合わせて投入枚数はよく考えたい所。

 デッキ破壊効果《ヴァンパイア・ロード》などにも見られる、ヴァンパイア特有のもの。
 単体ではアドバンテージにならず、相手デッキ圧縮を助けてしまう可能性もあるが、《ヴァンパイア帝国》発動していればノーコスト単体除去として機能する。
 ヴァンパイアの持つデッキ破壊効果の中では発動条件のない起動効果のため、《ヴァンパイア帝国》トリガーとしては最も使いやすいだろう。

  • 「グレイス(Grace)」は優美や上品、愛嬌などを意味する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:特殊召喚誘発効果デッキ墓地へ送る効果は起動効果です。(13/07/31)

Q:自身を墓地から特殊召喚する効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/07/20)

Q:《ヴァンパイアジェネシス》手札から特殊召喚した場合、効果発動できますか?
A:いいえ、特殊召喚モンスターの召喚手順は効果ではないため、発動できません。(13/08/08)

Q:《怨念の魂 業火》手札から特殊召喚した場合、効果発動できますか?
A:はい、発動する事ができます。(13/08/08)

Q:《アンデットワールド》が存在する時、《ダーク・シムルグ》を、自身の起動効果によって墓地手札から特殊召喚した場合、効果発動できますか?
A:墓地から特殊召喚する場合、《ダーク・シムルグ》効果アンデット族モンスター効果として扱われていますので、発動する事ができます。
手札からの場合、鳥獣族モンスター効果として特殊召喚されますので、発動する事はできません。(13/07/22)

Q:《アンデットワールド》が存在する時、《暗黒界の龍神 グラファ》を、自身の効果によって自己再生させた場合、効果発動できますか?
A:はい。特に分類のない効果であっても、条件を満たしている場合は発動する事ができます。(13/07/22)

Q:《アンデットワールド》が存在する時、《フォーミュラ・シンクロン》効果によってシンクロ召喚を行った場合、効果発動できますか?
A:はい。シンクロ召喚されたモンスターレベル5以上・アンデット族という条件を満たす場合(このケースの場合、《アンデットワールド》適用シンクロモンスターの元々の種族は問わない)、発動する事ができます。(13/07/22)

Q:《アンデットワールド》が存在する時、手札《マシンナーズ・フォートレス》を、自身を含むよう捨て、墓地から特殊召喚した場合、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/07/26)


Tag: 《ヴァンパイア・グレイス》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 アンデット族 攻2000 守1200 ヴァンパイア

広告