《ヴォルカニック・バレット/Volcanic Shell》

効果モンスター
星1/炎属性/炎族/攻 100/守   0
このカードが墓地に存在する場合、
自分のメインフェイズ時に1度、500ライフポイントを払う事で、
デッキから「ヴォルカニック・バレット」1体を手札に加える。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した炎属性炎族下級モンスター
 墓地にある時、デッキから同名カードサーチする起動効果を持つ。

 500ポイントのライフコスト手札を補充できるので、手札コストに最適なカードである。
 また、フィールドセットすれば、補充の利くとして使う事もできる。
 ライフコストこそ掛かるが、直接攻撃を受けるよりはいいだろう。
 変わった所では、カードを消費せずに《死霊騎士デスカリバー・ナイト》除去したり、《光と闇の竜》ステータスを下げることも可能。

 1枚でも墓地へ送ることができれば、それが除外されない限り確実に3枚目まで揃えることができる。
 効果1ターンに1度だが、同名カードモンスター効果の発動は制限されないので、サーチした2枚目を墓地へ送れば即座に3枚目もサーチ可能。
 一方で複数枚ドローしてしまうと効果が活きないので、早めに効果を使ってしまうか、【やりくりターボ】等のデッキ戻すギミックを採用したい。
 《カードトレーダー》とは相性が良く、毎ターン1枚のアドバンテージを稼げる。

 このカードを採用する場合、《炎帝近衛兵》《貪欲な壺》《ダイガスタ・エメラル》といったカード墓地からデッキ戻すことのできるカードを併用したい。
 3枚が墓地へ送られた場合、その内2枚をデッキ戻すことで再び効果を使用できるようになる。

 【ヴォルカニック・バーン】では、《ブレイズ・キャノン》の弾丸として重要な役割を果たす。
 【ジェムナイト】では、強力な効果を持つ《ジェムナイト・マディラ》融合素材に使われることも多い。
 これらのデッキ《ダイガスタ・エメラル》等とも相性がよく、このカードの能力を最大限に発揮できる。

 その他にも、手札コストの需要が高いデッキなら採用を検討できる。
 特に【クイックダンディ】の様なデッキでは、単に手札コストとしてだけではなく、シンクロ召喚レベル調整の役割も果たせる。

  • 「バレット(Bullet)」とは、英語で「弾丸」のこと(実際の発音は「ブレット」の方が近い)。
    上記の通り《ブレイズ・キャノン》の弾丸となるからであろう。
  • アニメ版のイラストは炎の色と模様が少々異なっている。
  • アニメARC-Vの「遊矢vsクロウ」(2戦目)で遊矢が使用した通常魔法《カタストロフ・ドロー》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL第13弾では、隠しデッキ「ヴォルカニック・インフェルノ」に2枚投入されるようになった。
    当然のことながら、3枚目を用意するのであれば新たにスキャンしなければならない。
    攻撃モーションは《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》と似た、体全体に炎を纏い突撃するという攻撃力100とは思えない凝った演出がなされる。

関連カード

―《ヴォルカニック・バレット》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:墓地にある1枚目の効果発動し、デッキから2枚目を手札に加えました。
  その後、同一ターン中に2枚目を墓地へ送って3枚目を手札加えるということはできますか?
A:はい、できます。

Q:デッキに《ヴォルカニック・バレット》が存在しないと判明している状態で墓地の《ヴォルカニック・バレット》の効果発動する事はできますか?
A:いいえ、できません。(08/04/07)

Q:このカードの発動《D.D.クロウ》チェーンされ、このカード除外された場合、デッキから《ヴォルカニック・バレット》を加える事はできますか?
A:いいえ、できません。(08/11/01)


Tag: 《ヴォルカニック・バレット》 効果モンスター モンスター 星1 炎属性 炎族 攻100 守0 ヴォルカニック

広告