王家(おうけ)(ねむ)(たに)−ネクロバレー/Necrovalley》

フィールド魔法
(1):フィールドの「墓守」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
お互いに墓地のカードを除外できず、墓地のカードへ及ぶ効果は無効化され、適用されない。

 新たなる支配者で登場したフィールド魔法
 フィールド墓守ステータス強化する効果墓地からの除外を禁止し、墓地に及ぶ効果無効する効果を持つ。

 (1)の効果は、墓守強化
 ステータスが今一つな墓守の攻守が共に500上昇するのは大きい。
 墓地妨害効果も相まって一気に戦況を変えることも可能となる。

 (2)の効果は、墓地除外の禁止化及び墓地に及ぶ効果無効化。
 「墓地除外の禁止」については《王宮の鉄壁》を参照。
 こちらは墓地限定だが、コスト効果関係なく墓地からカード除外する行為自体を禁止する。

 「墓地カードへ及ぶ効果」には、蘇生サルベージ墓地融合の他、甲虫装機等の墓地からカードを装備する効果など、OCGには墓地に干渉する効果が豊富に存在するため、ルール介入カードとしては相当な拘束力を誇る。

  1. 基本的に「墓地対象にする効果」の発動を阻害はしない。
    無効になることを承知で《マジカル・エクスプロージョン》ダメージ強化に用いたり、魔力カウンターを乗せたりする事も可能。
    このカード適用中、《死者蘇生》対象をとって発動することは可能で、効果解決時にこのカードの効果適用され無効になる。
    一方でチェーン《サイクロン》等で《王家の眠る谷−ネクロバレー》が効果解決時に存在しなければ有効になる。
    後述の効果の関係で墓地カード除外する効果発動すらできないことには注意。
  2. 墓地発動する効果」を無効にする効果ではない。
    例えば、リクルーター等の墓地カードに影響を与えない効果無効化しない。
  3. 墓地効果発動・適用し、墓地にある自身のみ移動させる効果」も無効化される。(16/12/17)
    《スターダスト・ドラゴン》等の自己再生《クリフォトン》の自己サルベージ《暗黒界の龍神 グラファ》等のチェーンブロックを作らない効果による特殊召喚が当てはまる。
    一方、一部インフェルノイド等の墓地カード除外しない効果外テキストでの自己再生」は有効
  4. 墓地カードコストで(除外以外へ)移動させる効果」は無効にしない。
    効果によりフィールドデッキに移動させる効果無効にするが、コストによりデッキ戻す効果発動は阻害せず有効である。
    効果除外」に関しては、3つ目の効果に引っ掛かり、発動すらできない。
    墓地除外コストの場合は3つ目の効果に引っかかるので結果的に発動できなくなる。
  5. 墓地カードの枚数を数えるだけで、カード自体に干渉しない効果」は無効にしない。
    ダークモンスターライトレイモンスター召喚条件によくあるが、そういったものは止められないため特殊召喚されてしまう。

 このカードを採用する場合、自分墓地関係カードを使用しない様にデッキを構築することで、このカードによる拘束を最小限に抑える事ができる。
 また、このカードの影響を受けない効果を持つカードも存在する。
 さらに、墓守関連の多くのカードの効果発動条件にもなっている。
 【墓守】はこのカードの存在が前提と言っても良いほど依存しているため、サーチや守るカードも用意しておきたい。

  • モデルは原作においても言及されている、エジプトにある「王家の谷」だろう。
    古代エジプトの王の墓が多数ある場所であるが、盗掘の被害も多かった。
    そのため、盗掘の被害がほぼ皆無だった「ツタンカーメン王の墓」は発見と同時に一躍有名となった。

関連カード

―フィールドを《王家の眠る谷−ネクロバレー》として扱うカード

―このカード効果無効化されないカード

このカードの影響を受けるカード

 このカード無効化される効果・処理の一覧。
 以下に当てはまる効果の場合は、対象をとる・とらないにかかわらず、効果処理時に無効になる。

―常にこのカードの影響を受けるカード

―特定状況下で影響を受けるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《次元の裂け目》《マクロコスモス》《閃光の追放者》等の効果は、無効化できますか?
A:いいえ、できません。(06/02/25)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在するとき、《死者蘇生》《浅すぎた墓穴》《生者の書−禁断の呪術−》発動できますか?
A:《死者蘇生》発動することはできますが、効果無効にされるため特殊召喚できません。(13/01/27)
  《浅すぎた墓穴》の場合もその効果無効になります。(10/07/03)
  《生者の書−禁断の呪術−》除外することができないため発動できません。(08/03/12)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在し、相手フィールド上に《墓守の長》が存在するとき、自分《霊滅術師 カイクウ》戦闘ダメージを与えたとき、相手墓地カード除外できますか?
A:相手フィールド上に《墓守の長》が存在していれば、相手墓地カード除外する効果発動する事ができます。(09/09/02)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が表側表示で存在するときに《ゴヨウ・ガーディアン》モンスター戦闘破壊しました。
  この際《ゴヨウ・ガーディアン》効果により戦闘破壊した相手モンスター自分フィールド上に特殊召喚することはできますか?
A:できません。(08/05/01)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が表側表示で存在するときに《ジャッカルの聖戦士》《有翼賢者ファルコス》《X−セイバー ウルズ》モンスター戦闘破壊して墓地へ送った場合、そのモンスターデッキ戻す効果無効になりますか?
A:はい、無効になります。(10/07/03)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が表側表示で存在するときに《The tyrant NEPTUNE》墓地リリースしたモンスターの名前と効果を得る効果無効になりますか?
A:無効になりません。(10/09/08)

Q:《The splendid VENUS》が存在する場合、そのコントローラーはこのカード適用中であっても《死者蘇生》モンスター蘇生できますか?
A:はい、蘇生できます。(16/12/26)

Q:《The splendid VENUS》が存在する場合、そのコントローラー発動した《エクシーズ・オーバーディレイ》の処理はどのように行いますか?
A:『墓地から可能な限り相手フィールド守備表示特殊召喚する』処理を適用できます。(16/12/28)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》適用中に手札から《ハネワタ》捨てて誘発即時効果を使用しました。
  このとき、この《ハネワタ》に対して《天罰》発動した場合、《王家の眠る谷−ネクロバレー》の効果により《天罰》無効になりますか?
A:この場合の《天罰》効果は、墓地カード効果が及ぶ効果ではありません。
  よって、《王家の眠る谷−ネクロバレー》の効果によって《天罰》無効化されません。(09/03/10)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》と自分フィールド上に《墓守の長》が存在する時に《馬頭鬼》発動できますか?
A:はい、発動特殊召喚できます。《墓守の長》により墓地から除外できるようになります。(09/01/19)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》とお互いフィールド上に《墓守の長》が存在する時に《生者の書−禁断の呪術−》発動できますか?
A:はい、発動特殊召喚できます。《墓守の長》が片方のフィールド上にしか存在しない場合は発動できません。(09/01/19)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》と《エンド・オブ・アヌビス》が存在しているとき、《ピラミッド・タートル》戦闘破壊された場合、《エンド・オブ・アヌビス》効果《ピラミッド・タートル》効果無効化できますか?
A:いいえ、《エンド・オブ・アヌビス》効果墓地カード効果が及ぶ扱いにならず《王家の眠る谷−ネクロバレー》の効果無効にされず、《ピラミッド・タートル》効果無効化されます。(12/07/19)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在するときに、墓地効果モンスター効果発動しました。
  これを《天罰》無効にすることはできますか?
A:はい、《王家の眠る谷−ネクロバレー》が適用されていても無効にすることができます。(09/09/02)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在するときに、効果リリースされた《スターダスト・ドラゴン》エンドフェイズ墓地から特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在するときに、《ギガンテック・ファイター》効果《ギガンテック・ファイター》自身を特殊召喚できますか?
A:いいえ、効果発動しますが無効になり特殊召喚できません。(13/02/06)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在するときに、《氷結界の龍 トリシューラ》効果手札フィールド上のカード除外できますか?
A:はい、できます。(13/02/06)

Q:《氷結界の龍 トリシューラ》で《王家の眠る谷−ネクロバレー》や《霊滅術師 カイクウ》墓地カードを選んだ場合、墓地カード除外することはできますか?
A:いいえ、墓地カードを選ぶこと自体できません。(13/02/06)

Q:このカードの効果《マジック・キャプチャー》《トラップ・キャプチャー》サルベージ効果無効になりますか?
A:無効になります。(11/06/05)

Q:このカードの効果によって《ドドドウォリアー》《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》《閃光を吸い込むマジック・ミラー》効果無効になりますか?
A:《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》《閃光を吸い込むマジック・ミラー》効果適用されます。(12/09/23)
  また、《ドドドウォリアー》効果もその場合、適用されます。(13/06/01)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在するとき、《ソウルドレイン》効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(12/10/18)

Q:上記の場合、「除外されているモンスター効果と、墓地に存在するモンスター効果はどちらも発動できない」状態になるのですか?
  それとも、「除外されているモンスター効果発動でき、墓地に存在するモンスター効果発動できない」状態になるのですか?
A:この場合、除外されているモンスター効果と、墓地に存在するモンスター効果はどちらも発動できません。
  なお、《王家の眠る谷−ネクロバレー》の効果によって、《ソウルドレイン》効果無効化する事はできません。(12/11/11)

Q:このカードの効果によって《アンデットワールド》効果無効化されますか?
  また、《アドバンスド・ダーク》効果無効化されますか?
A:《アンデットワールド》の『フィールド上及び墓地に存在する全てのモンスターアンデット族として扱う』効果無効化されます。
  『アドバンス召喚をする事はできない』効果無効になりません。
  《アドバンスド・ダーク》に関しても、『お互いフィールド上・墓地に存在する「宝玉獣」と名のついたモンスター闇属性として扱う』効果無効化されます。(15/05/08)

Q:このカード適用中に《スクラップ・キマイラ》召喚効果発動しました。
  それにチェーンして《禁じられた聖槍》《スクラップ・キマイラ》発動した場合、効果は有効ですか?
A:その場合、このカードの効果適用されなくなり特殊召喚をすることができます。(11/09/08)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在するとき、《ドリル・ウォリアー》墓地カード手札加える処理を含む自身を特殊召喚する効果無効になりますか?
A:墓地モンスターが存在する場合、効果無効になり特殊召喚できません。
  墓地モンスターが存在しない場合、効果無効にならず特殊召喚できます。(16/12/17)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に《エクシーズ・オーバーディレイ》発動して、対象モンスターエクシーズ素材を取り除き、エクストラデッキに戻す処理を行う事はできますか?
A:はい、エクストラデッキに戻す処理を行う事ができますが、その後の特殊召喚する効果適用されません。(16/12/17)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に、墓地《フィッシュボーグ−プランター》効果発動しました。
  どのように処理を行いますか?
A:『自分デッキの一番上カード墓地へ送る』処理のみ行います。(16/12/26)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、《暗黒界の術師 スノウ》暗黒界手札加える効果無効になりますか?
A:相手墓地モンスター対象にとって効果発動した場合は無効になります。
  そうでなければ無効になりません。(13/10/04)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、《E・HERO ネクロイド・シャーマン》モンスター破壊する効果無効になりますか?
A:いいえ、破壊する効果まで処理し、相手フィールド特殊召喚する部分は無効化されます。(16/10/03)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、《デビル・コメディアン》発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/05/31)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、《セフェルの魔導書》発動できますか?
A:はい、発動でき通常通り同じ効果適用します。(13/05/22)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、《E・HERO ネクロダークマン》効果は有効ですか?
A:はい、有効です。(13/05/22)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在し、《光と闇の竜》効果墓地発動した場合、どのように処理を行いますか?
A:墓地《光と闇の竜》効果処理は全て無効化されます。(16/12/26)

Q:自分フィールド上に《マスター・ヒュペリオン》相手フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在します。
  自分の《マスター・ヒュペリオン》に対して《禁じられた聖槍》を使用した場合、《マスター・ヒュペリオン》効果を使用して、墓地光属性天使族モンスター除外することはできますか?
A:《マスター・ヒュペリオン》《禁じられた聖槍》効果適用されている場合であっても、《王家の眠る谷−ネクロバレー》が発動している間は墓地に存在するカード除外する事ができなくなります。
  したがって、《マスター・ヒュペリオン》効果発動する事はできません。(11/10/30)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在している時に、《間炎星−コウカンショウ》効果発動しました。1枚でも墓地対象にしている場合、《間炎星−コウカンショウ》効果はどうなりますか?
A:フィールド上のカード対象にした効果も含めて無効になります。(13/02/20)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在し対象となるカード墓地にしか存在しない場合、墓地だけでなく手札デッキからも対象を選んで特殊召喚する効果手札加える効果発動できますか?
A:発動する事はできますが、適用されません。(16/12/17)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在し、相手フィールド上に《ワイト》が存在します。
  相手墓地《ワイト》が存在するとき、《因果切断》発動し、相手フィールド上の《ワイト》を選択した場合、効果無効になりますか?
A:いいえ、効果無効にならず、フィールド上の《ワイト》のみがゲームから除外され、墓地《ワイト》はゲームから除外されません。(14/02/09)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在している時、《ヘル・テンペスト》発動出来ますか?
A:お互い墓地モンスターが1体でも存在している場合は発動ができません。
  お互い墓地モンスターが1体も存在しない場合は発動できます。(16/02/27)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に《トリシューラの影霊衣》の(2)の効果発動する事自体できますか?
A:いいえ、できません。(14/10/11)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に、手札《暗黒界の軍神 シルバ》相手効果によって捨てられました。
  どのような処理になりますか?
A:《暗黒界の軍神 シルバ》特殊召喚されず、手札戻す処理も行いません。(16/12/18)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に墓地《暗黒界の龍神 グラファ》を自身の効果特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。
  手札戻す行為自体が行えません。(16/12/17)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に獣族モンスター破壊された時、《森の番人グリーン・バブーン》効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  なお、手札発動した場合は特殊召喚され、墓地発動した場合は無効化されます。(16/12/17)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に、墓地《絶望神アンチホープ》を正規の手順で特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。(16/12/18)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に、墓地《インフェルノイド・アシュメダイ》を、《インフェルノイド・アシュメダイ》自身のテキストにある手順で特殊召喚できますか?
A:はい。
  墓地モンスター除外できませんが、手札モンスター除外することで特殊召喚できます。(16/12/18)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》がフィールドに存在する時に、手札《究極封印神エクゾディオス》特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。(16/12/18)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》の適用中に、《キラー・スネーク》モンスター効果発動できますか?
A:発動はできますが、《王家の眠る谷−ネクロバレー》によって効果無効となり手札に戻すことはできません。
  なお、《キラー・スネーク》モンスター効果発動後、次の相手エンドフェイズで《王家の眠る谷−ネクロバレー》の効果適用されている場合には、墓地カード除外する事はできませんので、結果的に『次の相手エンドフェイズ自分墓地《キラー・スネーク》1体を選んで除外する』処理は適用されず、処理が完了する事になります。(16/12/17)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》の適用中に《キラー・スネーク》モンスター効果発動しました。
  効果解決時の『このカード手札戻す』処理だけ無効化され、『次の相手エンドフェイズ』に行う処理は無効化されないのでしょうか?
  (《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在しなくなっていれば、《キラー・スネーク》除外する必要ありますか?)
A:墓地《キラー・スネーク》効果効果解決時に全て無効化されます。(16/12/26)


Tag: 《王家の眠る谷−ネクロバレー》 魔法 フィールド魔法 ネクロバレー

広告