拡散(かくさん)する波動(はどう)/Diffusion Wave-Motion》

通常魔法
1000ライフポイントを払い、
自分フィールド上のレベル7以上の魔法使い族モンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスター以外のモンスターは攻撃できず、
選択したモンスターは全ての相手モンスターに1回ずつ攻撃しなければならない。
この攻撃で破壊された効果モンスターは効果を発動できず、無効化される。

 黒魔導の覇者で登場した通常魔法
 レベル7以上の魔法使い族対象全体攻撃戦闘破壊したモンスター効果を封殺する能力を与える効果を持つ。

 発動条件として魔法使い族最上級モンスターを要求する上に、効果的に運用するならば相手モンスターも用意してやる必要がある。
 また、戦闘ダメージを通すために表示形式変更や貫通付与といった補助も必要になってくるため、とにかく下準備には多くの手間がかかる。

対象の候補としては、以下のようなものが挙げられる。

  1. レベルを自在に操作できる《ガガガマジシャン》
  2. 豊富なサポートカードを持つ《ブラック・マジシャン》
  3. リリース軽減と伏せカードの封殺が可能な《ブリザード・プリンセス》
  4. 魔導書シナジーの強い《魔導法士 ジュノン》
  5. シンクロ素材に制限がないシンクロモンスターな上に戦闘破壊した際にバーンが発生する《覚醒の魔導剣士》

 魔導書では、単体強化サーチ効果の相互シナジーが見込める《ヒュグロの魔導書》レベル上昇で対象を作れる《ネクロの魔導書》と相性が良い。
 《ギブ&テイク》《おジャマトリオ》《リバイバル・ギフト》等で相手モンスターを水増ししておくのも良い。
 変わった所では、《究極封印神エクゾディオス》連続攻撃して特殊勝利条件を満たすという手もある。

 全体として安定性に欠ける面があり、ライフコストや味方の攻撃を封じるデメリットも痛いため、出来る限り1ターンキルクラスの大ダメージを狙いたい所。
 高レベル魔法使い族を採用するデッキであっても多用は禁物であり、手札コスト等として活用する手段も考えておきたい。

  • アニメGXの179話で遊戯のデッキ(レプリカ)の一部が確認できるのだが、その中にこのカードがある。

関連カード

対応する魔法使い族

通常モンスター

効果モンスター
《召喚神エクゾディア》対象にできるが効果を受けられない。

儀式モンスター

融合モンスター

シンクロモンスター

ペンデュラムモンスター

―公式大会では使用できないカード

―自身の効果レベル7以上になれるモンスター

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上にモンスターが存在しない場合に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/06/23)

Q:このカード効果を受けたモンスターが存在する場合、必ずバトルフェイズを行わなければいけませんか?
  (バトルフェイズを行わずにターンを終了できますか?)
A:必ずバトルフェイズを行いそのモンスターで全てのモンスター攻撃しなければいけません。(10/06/23)

Q:このカード効果を受けたモンスター攻撃する前に、相手モンスターが存在しなくなった場合、そのモンスター直接攻撃できますか?
  それとも、モンスター攻撃しなければならないため直接攻撃できませんか?
A:その場合でも直接攻撃を行うことができます。(10/06/23)

Q:上記の状況で直接攻撃を行った後、そのバトルフェイズ中に相手フィールド上にモンスター特殊召喚された場合、そのモンスター攻撃をしなければいけませんか?
A:はい、そのモンスター攻撃しなければなりません。(10/08/29)

Q:このカードの効果を受けたモンスターがその後レベル6以下となったり種族が変わったりした場合、1回ずつ攻撃する効果適用されたままになりますか?
A:種族が変わった場合、レベル6以下となった場合のどちらでもこのカードの効果適用されたままになります。(14/07/10)

Q:このカードの効果を受けたモンスター《禁じられた聖槍》効果を受けた場合でも、1回ずつ攻撃する効果適用されたままになりますか?
A:はい、適用されたままで1回ずつ攻撃を行ないます。(14/02/03)

Q:モンスターへの攻撃《魔法の筒》無効化されました。そのモンスターに対し、同一バトルフェイズで再度攻撃できますか?
A:いいえ、できません。ただし、他の相手モンスターには攻撃しなければなりません。(09/07/02)

Q:ターン内に守備表示に変更したモンスターを選択することはできますか?
  また、その場合、表示形式はどうなるのですか?
A:選べますが、守備表示のままなので、攻撃できません。

Q:発動ターン《ホルスの黒炎竜 LV6》攻撃できますか?
A:魔法効果を受けないので攻撃できます。(07/05/25)

Q:《絶対魔法禁止区域》がある場合、発動ターンに選択されていない通常モンスター攻撃できますか?
A:攻撃できます。(10/08/29)

Q:《不運なリポート》等によりバトルフェイズが2回になっていた場合、どう処理しますか?
A:2回目のバトルフェイズも、《拡散する波動》の効果を受けたモンスター全体攻撃を行います。(07/10/29)

Q:レベルを7に上げ、《DNA改造手術》魔法使い族にした《ハイパーハンマーヘッド》(or《霞の谷の戦士》)に効果適用しました。
  この《ハイパーハンマーヘッド》《霞の谷の雷鳥》攻撃したところ、相手《和睦の使者》適用されました。
  この場合、以下の無限ループになりますがこの場合の処理はどうなりますか?

  1. 《ハイパーハンマーヘッド》《霞の谷の雷鳥》攻撃するが戦闘ダメージは通らず戦闘破壊もされない。
  2. 《ハイパーハンマーヘッド》効果発動《霞の谷の雷鳥》相手手札戻す
  3. 手札に戻った《霞の谷の雷鳥》強制効果により特殊召喚される。
  4. 《ハイパーハンマーヘッド》は、再びその《霞の谷の雷鳥》攻撃しなければならない
  5. 1に戻る。

  ※《拡散する波動》の全体攻撃が強制であるため、停止できないループとなってしまう
A:その場合、バトルフェイズに移行・攻撃宣言をしなくても、エンドフェイズに移行できます。無限ループを阻止するための特殊な措置となります。(11/07/16)

Q:効果解決時対象とした魔法使い族相手フィールドコントロール移動していた場合、他のモンスター攻撃できますか?
A:その場合、効果適用されず他のモンスター攻撃可能です。(13/12/18)


Tag: 《拡散する波動》 魔法 通常魔法

広告