機関連結(きかんれんけつ)/Train Connection》

装備魔法
自分の墓地のレベル10以上の機械族モンスター2体を除外して発動した場合のみ、
機械族・地属性モンスターに装備可能。
(1):装備モンスターの攻撃力は元々の攻撃力の倍になり、
装備モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
装備モンスター以外の自分フィールドのモンスターは攻撃できない。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した装備魔法
 装備モンスター攻撃力を倍にし、貫通効果を付与する効果を持つ。

 装備モンスターには地属性機械族と2つの縛りがあり、さらに墓地レベル10以上の機械族除外しなければならない。
 これらの条件から当該モンスターを活用する【列車】での運用が基本となる。
 《転回操車》の存在からも手札墓地発動対象となる機械族モンスターを用意しやすい。

 装備対象自体のレベルは参照しないため下級モンスターでも装備は可能。
 もっとも、装備モンスター以外は攻撃できないので可能な限り高ステータスモンスターに装備させたいところ。
 同デッキでも併用しやすい《マシンナーズ・フォートレス》ランク10の《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》等が筆頭となるだろう。
 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》相手フィールドがガラ空きであれば、バーン直接攻撃で合計8000ダメージとなる。
 《スキルドレイン》適用下であれば、召喚の容易な《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》《重機貨列車デリックレーン》も候補となる。
 《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》特殊召喚が容易な高攻撃力モンスターであり、除外コストとして使いやすい。
 《古代の機械究極巨人》《古代の機械混沌巨人》除外コストに、特殊召喚が容易で魔法・罠カード攻撃を妨害されない《古代の機械熱核竜》に使うのも悪くない。

 《リミッター解除》と比較すると、あちらは速攻魔法であり発動の容易な点、自分フィールド上の全ての機械族効果が及ぶ点で勝っている。
 対してこちらは自壊しない点、《アームズ・ホール》サーチしやすいメリットがある。
 もちろん、併用することでより1ターンキルにも到達しやすくなるので、セットで運用することも十分検討できる。

 しかし、除去されやすい装備魔法であり、墓地アドバンテージの消耗も踏まえると攻撃を通せなければディスアドバンテージは免れない。
 また、基本的にはライフ・アドバンテージしか得る事ができない点も難点。
 発動後は貫通効果を活かしつつ、装備モンスターフィニッシャーとしてゲームエンドまで押し切る必要も出てくるだろう。

関連カード

レベル10以上の機械族

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:装備カードを移し替える等のその他の方法によってこのカードを他の機械族地属性モンスターに装備できますか?
A:いいえ、できません。(14/05/17)


Tag: 《機関連結》 魔法 装備魔法

広告