究極竜騎士(マスター・オブ・ドラゴンナイト)/Dragon Master Knight》

融合・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻5000/守5000
「カオス・ソルジャー」+「青眼の究極竜」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカード以外の
自分フィールドのドラゴン族モンスターの数×500アップする。

 遊戯王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説 付属カードで登場した光属性ドラゴン族融合モンスター
 融合召喚でしか特殊召喚できない召喚制限ドラゴン族の数だけ自身の攻撃力を上昇する永続効果を持つ。

 攻守5000は《F・G・D》《Sin トゥルース・ドラゴン》《絶望神アンチホープ》と並ぶ固定ステータス最高値である。
 更に自身の効果によって攻撃力を最大7000にまで上昇させることができ、構築次第では超強力なフィニッシャーとなる。

 融合素材儀式モンスター融合モンスターなので手間が掛かりそうだが、《龍の鏡》融合素材代用モンスターを利用すれば、それほど難しくはない。
 《青眼の究極竜》は、融合召喚が困難な上、墓地へ送る手段も《ゲール・ドグラ》《フュージョン・ガード》等に限られ、安定しない。
 その一方で、《カオス・ソルジャー》は、《マンジュ・ゴッド》《融合準備》に対応するので融合素材として使いやすい。
 墓地融合に狙いを定めるのならば、《トレード・イン》などの手札交換を活用したり、《E・HERO プリズマー》デッキから墓地へ送るのも良い。
 これらの理由から、《カオス・ソルジャー》融合素材代用モンスターによる融合召喚が基本となる。

 儀式召喚軸の【青眼の白龍】では、《高等儀式術》《カオス・フォーム》《カオス・ソルジャー》降臨させる事ができる。
 同じく《高等儀式術》墓地へ送るために《アレキサンドライドラゴン》等を投入する事で、《龍の鏡》による《F・G・D》融合召喚も狙える。
 これにより、《龍の鏡》発動条件を満たしやすくなり、《青眼の究極竜》融合召喚しやすくなる。
 主力とする場合は、《カオス・ソルジャー》《沼地の魔神王》などの融合素材代用モンスター融合素材融合召喚し、その後《龍の鏡》で再び融合召喚する戦術を取りたい。
 エクストラデッキ《青眼の究極竜》も無理なく入れられる為、《融合識別》を使う選択肢もある。

  • 「闇遊戯&海馬vsダーツ」戦では、このカードが闇遊戯のデュエルディスクに置かれているため、闇遊戯の融合デッキから呼び出されたようである。
    一方で、後に闇バクラの挑戦を受けた海馬がアタッシュケースを取り出すシーンにも確認されている。
    この事から両者共にこのカードを所有していると思われる。

関連カード

融合素材

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《究極竜騎士》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星12 光属性 ドラゴン族 攻5000 守5000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告