苦渋(くじゅう)転生(てんせい)/Painful Return》

通常魔法
自分の墓地から、相手はモンスター1体を選ぶ。
このターンのエンドフェイズ時、そのモンスターを墓地から自分の手札に加える。

 EXTRA PACK 2012で登場した通常魔法
 エンドフェイズとタイミングは遅いが、自分墓地モンスターサルベージできる。

 ノーコストモンスターサルベージできるとはいえ、それを選択するのは相手となる。
 状況を変える事のできるモンスターが選ばれる事などまずありえない。
 序盤の墓地カードが少ない状態では相手の選択肢も減るが、このカード手札に加えるのと、狙ったカード墓地へ送るのが難しい。
 《貪欲な壺》《魂の解放》等で墓地カードを調整する手もあるがやはり手間はかかる。
 さらに手札に加えるのがエンドフェイズなので1ターン手札に温存する事になり、《マインドクラッシュ》で狙われやすい。
 手札1枚を惜しまず、《死者転生》を使った方が確実だろう。

 《ガーディアン・エアトス》を採用するデッキとは相性が良い。
 墓地モンスターが存在しない事がほとんどなので、除去されても、ピンポイントでサルベージできる。
 墓地カード除外する《ダーク・アームド・ドラゴン》等とも相性は良い。

 また、【終焉のカウントダウン】などデッキに投入されるモンスターの種類が《速攻のかかし》《カードカー・D》のみのような極端に少ないデッキではリスクがほとんどなくなる。
 《速攻のかかし》を回収できれば、「エンドフェイズ時」という点も気にならない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手自分墓地モンスターを選ぶタイミングはいつになりますか?
A:効果解決時に選びます。(12/10/13)

Q:エンドフェイズ時にモンスター手札に加える際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/10/13)


Tag: 《苦渋の転生》 魔法 通常魔法

広告