契約洗浄(リース・ロンダリング)/Contract Laundering》

通常罠
(1):自分の魔法&罠ゾーンの「契約書」カードを全て破壊する。
破壊した数だけ自分はデッキからドローする。
その後、自分はドローした数×1000LP回復する。

 ブースターSP−レイジング・マスターズ−で登場した通常罠
 契約書破壊し、その枚数に比例したドローライフゲインを行う効果を持つ。

 《機甲忍法ゴールド・コンバージョン》《非常食》を合わせたような効果を持っており、ドローライフ回復が同時に行える。
 通常であれば、《DDD反骨王レオニダス》《DDD神託王ダルク》ダメージを防ぎつつ維持した方がアドバンテージを取れる。
 だが、契約書には同名カード効果の発動1ターンに1度に限定する制限があるため、重複した契約書を入れ替える事で手札事故を解消できる。
 契約書サルベージできる《DDD烈火王テムジン》破壊されそうになった時に発動するのも有効だろう。

 便利な効果だが、必ず全ての契約書破壊するので、残したい契約書を1枚だけ残すといったことは不可能な点には注意。
 役割としては《DD魔導賢者ガリレイ》《ダブル・サイクロン》と競合することになるが、あちらは小回りが利く上に即効性で優る。
 こちらはライフに余裕があれば、あえてダメージを受けて契約書効果を使った後に発動することで、さらにアドバンテージを稼げる利点があるので、上手く差別化したい。

 また、このカード自体は契約書ではないことから、気軽にサーチサルベージができないため、このカードに依存するような戦術はできない点には注意。

  • モチーフは「資金洗浄(マネー・ロンダリング)」だと思われる。
    資金洗浄とは、犯罪によって得た「汚いお金」を口座から口座へ転々とさせる等して、あたかも正当な収益で得た「綺麗なお金」のように見せかける行為のことである。
    効果で新たな契約書ドローする事を表したカード名だろうが、イラストでやっていることは「契約洗浄」というより「契約破棄」に近い。
    実際、零児はこのカード効果契約書破壊する際、「契約書?そんなもの……」と不敵な笑みを浮かべており、「契約は無効になった」と発言している。
  • イラストでは、王宮に見られる王が何らかの契約書を燃やしている様子が見られる。
    臣下や商会などとの契約を踏み倒しているのだろうか。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《契約洗浄》 通常罠

広告