原始生命態(げんしせいめいたい)ニビル/Nibiru, the Primal Being》

効果モンスター
星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。
その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 EXTRA PACK 2019で登場した光属性岩石族最上級モンスター
 表側表示モンスターを全てリリースして手札から特殊召喚し、リリースしたモンスター元々のステータスを合計したステータスを持つ原始生命態トークン相手フィールド特殊召喚する誘発即時効果を持つ。

 相手が5体以上のモンスター召喚特殊召喚したターンという発動条件があるが、現在の環境主流デッキでは展開に際して多数の特殊召喚を行うのが普通であり、相手ターンなら満たすのは難しくない。
 相手がこのカードを警戒して召喚特殊召喚の回数を4体以内に抑えたとしても、そうするとそもそも動きが止まってしまうデッキも多く、そうなった時点で役目は果たせている。
 【メタビート】や一部の地雷デッキ、非主流デッキ相手にすると腐る恐れはあるが、それらの大半は速度が遅く、1枚腐っても大きなディスアドバンテージにならないか、少量のメタカードがあれば対処できる場合が多い。
 ただし【フルバーン】【エクゾディア】の様な特殊な非ビートダウンデッキは苦手。

 この効果発動タイミングは5体目の召喚特殊召喚時ではなく、5体を超えて以降のメインフェイズであればフリーチェーン発動可能となる。
 このため、相手が展開を終えメインフェイズを終了する際に一網打尽にするといった運用も可能。
 一方、完全に展開を終えるのを待つと後述のように対処できるモンスターを出される可能性もあり、途中で妨害すべきかの読みが求められる。
 また、スタンバイフェイズバトルフェイズでの特殊召喚も数えるため、【剣闘獣】等のバトルフェイズ特殊召喚に対しメインフェイズ2に発動することもできる。
 極めて限定的なケースとなるが、自分ターンでも相手が大量の特殊召喚をしてきた場合には適用できる。

 このカードの役割としては、相手フィールドモンスターリリースして除去するという壊獣に近いものとなる。
 壊獣と比較すると、このカード相手ターン中にも除去できるので、相手の盤面を崩すだけでなく、盤面を作る前に除去して展開を止めやすい。
 反面、このカード特殊召喚効果の発動を伴い効果リリースするため、コストリリースする壊獣より除去カードとしての確実性は低い。
 《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《召命の神弓−アポロウーサ》などによって効果の発動無効にされた場合には何もできずに終わる。
 耐性に防がれることもあるほか、《外神アザトート》エクシーズ召喚されたターン《夢幻崩界イヴリース》送りつけられた場合等には特殊召喚効果発動自体できなくなる。

 また、表側表示モンスターであれば任意で選べず、自分フィールドも含む全てをリリースすることも場面を選ぶ要素となる。
 自分の盤面を覆されるほどの展開でリセットに使うということも考えられるが、そこまでの状況では上述のように発動を封じられる布陣の可能性も高い。
 墓地発動する効果の回避やサンドバッグにする等で任意に残すようなことはできないため、豪快さと引き換えに小回りも効かない。
 場合によっては、除去したつもりが墓地効果ですぐにリカバリされてしまうこともあるため、タイミングを読む必要があるだろう。

 このカード特殊召喚後、相手フィールドトークン特殊召喚される。
 リリースしたモンスターステータスを全て合計し、状況によっては非常に高い攻撃力を得るので、守備表示特殊召喚し返しのターンで処理する、攻撃させない運用が基本となる。
 リリースの多くが守備力を持たないリンクモンスターならば、守備力は低く返しのターン戦闘破壊で処理しやすい。
 たとえ攻撃力守備力がともに高くとも、効果は持たないため効果での除去は容易に行えるだろう。
 その他、各種素材の消費等でフィールドに残っているモンスター数が減っているタイミングやステータスの低い並びのタイミングであれば、合計値も小さくなる。

 相手フィールド光属性モンスター特殊召喚するので、《シャイニング・アブソーブ》攻撃力を利用することもできる。
 《洗脳解除》などで高攻撃力原始生命態トークンコントロール奪取し、返しのターンに、攻撃すれば1ターンキルも見えてくる。
 あえて攻撃させることで《魔法の筒》1ターンキルを狙う手もあるが、非常に読まれやすい上に伏せカード除去などで妨害されやすいので、実用的ではないだろう。

  • 実際にはこのカード手札に握っていなくとも、持っているかのように振る舞う事で相手の展開を抑制できる可能性はある。
    例えば相手の展開の際に召喚特殊召喚の回数を数えていれば相手はこのカードの存在を警戒して展開を4体以内で控える事もあり得る。
    ただし、はっきりと嘘をついたり、プレイングに影響する様な数え方は遅延行為と解釈されかねないため、マナーを守った範疇で行いたい。
  • 「ニビル(Nibiru)」とは、太陽系に存在するとされた仮説上の惑星のことである。
    天体の軌道の観測上の誤差を、冥王星の外側に存在する惑星Xの影響であると仮定したのが始まり。
    惑星Xをニビルと呼称したのは作家のゼカリア・シッチンで、彼によるシュメール文明の石版の独自解釈において、石版に描かれた11の惑星のうち1つが「ニビル」と呼ばれていたのが由来。
    ゼカリアによると、「ニビル」は古代シュメール語で「交差する」を意味するとされている。
    レベルが11なのは石版に描かれた惑星の数を表しているのだろう。
  • ニビルは地球の4〜5倍の大きさを持つ大質量の惑星であり、地球に近づくと人類を滅亡させると言われている。
    モンスターを全てリリースして特殊召喚する効果は、これに由来するものだろう。
    なお、このような効果イラストから誤解しがちだが「隕石」とは別物である。
  • シュメール神話におけるニビルは宇宙人アヌンナキの住まう惑星であり、猿人を遺伝子操作して人類を作ったことから上記の効果はこちらに由来するものとも考えられる。
  • イラストをよく見ると内部に複数の生物らしき影が見える。
    このモンスターフィールドに落下した後、中から生命体が出て来る、ということなのだろう。
    • 宣言には影響が無いものの、「生命体」ではなく「生命態」なので検索する際などに注意。
      「体」でなく「態」なのは内部に生態系を形成するほどの種類の生命がいるということだろうか。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《トークンコレクター》フィールドに存在するとき、このカードの(1)の効果発動できますか?
A:すでに《トークンコレクター》が存在している状況ですと、《原始生命態ニビル》の(1)の効果発動すること自体できません。(19/09/14)

Q:このカードの(1)の効果チェーンして相手《大天使クリスティア》を対象に《リビングデッドの呼び声》発動した場合どのように処理しますか?
A:まず先に《リビングデッドの呼び声》効果《大天使クリスティア》特殊召喚します。
  その後《原始生命態ニビル》の効果によって《大天使クリスティア》もろともモンスターを全てリリースしますので結果的に《原始生命態ニビル》は特殊召喚されます。(19/09/14)

Q:このカードの(1)の効果チェーンして相手が《原始生命態ニビル》を宣言して《マインドクラッシュ》発動した場合どのように処理しますか?
A:《マインドクラッシュ》によって《原始生命態ニビル》と宣言して当てた場合、その《原始生命態ニビル》は捨てることになりますが、モンスターリリースすることになります。
  《原始生命態ニビル》及び原始生命態トークン特殊召喚されません。(19/09/14)

Q:自分の《原始生命態ニビル》の(1)の効果チェーンして自分《リロード》発動しました。
  《原始生命態ニビル》の効果はどのように処理されますか?
A:ご質問の場合、「自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし」で処理を完了します。
  仮に《リロード》効果により《原始生命態ニビル》をドローした場合にも特殊召喚は行われません。(19/09/20)

Q:カード効果を受けない《RR−アルティメット・ファルコン》のみがフィールドに存在するとき、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  ただしリリース・《原始生命態ニビル》の特殊召喚モンスタートークン特殊召喚いずれの処理も行わず《原始生命態ニビル》は手札に残ったままとなります。(19/09/14)

Q:リリースできない《召喚僧サモンプリースト》のみがフィールドに存在するとき、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  ただしリリース・《原始生命態ニビル》の特殊召喚モンスタートークン特殊召喚いずれの処理も行わず《原始生命態ニビル》は手札に残ったままとなります。(19/09/14)

Q:今《召喚僧サモンプリースト》など《原始生命態ニビル》の効果リリースされないモンスター5体で自分メインモンスターゾーンが埋まっています。
  この状況で《原始生命態ニビル》の(1)の効果発動できますか?
A:ご質問の場合、発動することは可能です。
  「自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし」処理を終えた段階で、自分メインモンスターゾーンが埋まっている場合、《原始生命態ニビル》は特殊召喚されることなく手札に残ります。(19/09/20)

Q:相手フィールド《生贄封じの仮面》が存在する場合、このカードの(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(19/09/26)

Q:《オルフェゴール・バベル》自分フィールドに存在する状況で自分が《原始生命態ニビル》を発動しました。
  その効果チェーンして自分墓地《オルフェゴール・ディヴェル》効果発動した場合《原始生命態ニビル》の効果処理はどのように行われますか?
A:ご質問の場合、《原始生命態ニビル》を特殊召喚することはできませんので、モンスターリリースする処理のみを行い、処理が完了します。
  《原始生命態ニビル》は手札に残ります。(19/09/26)

Q:このカードを(1)の効果特殊召喚した後、《洗脳解除》発動しました。
  この時、相手フィールド特殊召喚された原始生命態トークンコントロールは移動しますか?
A:自分コントロールが移ります。(19/09/30)


Tag: 《原始生命態ニビル》 モンスター 効果モンスター 星11 光属性 岩石族 攻3000 守600

広告