死者(ししゃ)への供物(くもつ)/Offerings to the Doomed》

速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を破壊する。
次の自分のドローフェイズをスキップする。

 Spell of Mask −仮面の呪縛−で登場した速攻魔法
 表側表示モンスター1体を破壊する効果を持つ。

 発動条件のない速攻魔法であり、幅広いタイミングで発動できる便利な除去カードである。
 速攻魔法であるため自分相手ターンを問わずに発動でき、自分ターンならバトルフェイズ中に手札から発動することもできる。

 しかし、便利な除去効果の代償として、次のドロースキップされるというデメリットがあり、使用するとアドバンテージを失うことになる。
 セットされたこのカード相手除去してきた場合にチェーンして発動すれば2:2交換が可能ではあるが、それではこのカードの強みである汎用性が活かせない。
 ディスアドバンテージを軽減する手段としては、ドロースキップは累積しないので《無謀な欲張り》や2枚目のこのカード発動することでデメリットを重複させて軽減できる。
 それ以外では、発動ターン中に勝負を決めればディスアドバンテージにならないが、都合良く狙うのは難しいだろう。
 ただし、このデメリットを回避したり活用したりできるカードがあまりなく、それがこのカードの最大の難点となっている。

 類似する効果を持つ《サンダー・ブレイク》は、ディスアドバンテージを活用できるカードが多く存在する上に、裏側守備表示モンスター魔法・罠カード破壊できる。
 こちらは速攻魔法の強みである使い勝手の良さで差別化することになるだろう。
 自分フィールドモンスター破壊できるため、各種モンスター破壊時の効果サクリファイス・エスケープを行うことも可能であり、これらを伏せず即座にできるのは《サンダー・ブレイク》には無い利点である。
 速攻魔法自分フィールドモンスター破壊できるカードは少ないため、上記の使い方を考慮に入れつつ破壊時の効果を持つカードコンボパーツとして入れてもいい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」における「闇遊戯vsビッグ1(大下)」戦において、大下が使用。
    遊戯の《有翼幻獣キマイラ》をこのカード破壊した。
    また、「杏子vsビッグ2(大瀧)」戦においても杏子が使用し、大瀧の《シーザリオン》破壊した。
    • 祭壇からビームが出て、モンスター破壊するという、変わった描写がされていた。
      杏子が使用した時は、包帯でモンスターをぐるぐる巻きにする、《死者への手向け》のような破壊方法だった。
    • 乃亜編で、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明しているシーンにも登場している。

関連カード

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時対象モンスターフィールド上に存在せず、効果不発に終わった場合、ドローフェイズスキップ適用されますか?
A:破壊する事ができなかった場合でも、ドローフェイズスキップします。(10/07/25)


Tag: 《死者への供物》 魔法 速攻魔法

広告