(とき)魔術師(まじゅつし)/Time Wizard》

効果モンスター
星2/光属性/魔法使い族/攻 500/守 400
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
コイントスを1回行い、裏表を当てる。
当たった場合、相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
ハズレの場合、自分フィールドのモンスターを全て破壊し、
自分は表側表示で破壊されたモンスターの攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。

 PREMIUM PACK 1で登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 コイントスを行い、相手モンスターへの全体除去、または自分モンスターへの全体除去自分へのダメージが発生する起動効果を持つ。
 《千年竜》融合素材にして、《黒衣の大賢者》召喚条件でもある。

 ステータスの低いモンスターだが、《シャインエンジェル》《見習い魔術師》《ディメンション・マジック》などに対応する。
 このためフィールド上に出しやすく、モンスター効果の発動も狙いやすい。
 コイントスの失敗も、自分フィールド上に他のモンスターがいない時に使えば受けるダメージは250だけで済むため怖くない。
 逆に多くの全体除去のように、混戦状態での巻き返しは不得手だと言える。
 1ターンに1度とあるが同名カード発動制限はないため、各種蘇生カードを使えば失敗してもやり直しやすい。

 あるいはデメリット《ネフティスの鳳凰神》などの効果発動トリガーに使う事も考えられる。
 《ネフティスの導き手》がこのカードと同じく《見習い魔術師》に対応するので、その面でも相性が良い。
 ただし1450の手痛いダメージは覚悟しなければならない。
 ダメージを受けるのを逆手に取り墓地《H・C サウザンド・ブレード》手札ペンデュラムゾーン《DDD反骨王レオニダス》特殊召喚するのも良い。

 破壊ダメージは同時扱いであるため、機皇帝召喚条件を満たす目的でも使える。
 成功すれば当然全体除去もでき、【機皇】では面白い動きをするかもしれない。

 【ギャンブル】【侍BOX】のほか、【魔法使い族】【光属性】にアクセントをつける目的で採用するのも面白い。
 光属性中心の【魔法族の里】に紛れ込ませてみるのも良いだろう。
 《ディメンション・ガーディアン》を自身を対象にすれば自身の効果に失敗しても破壊されなくなり、毎ターン効果発動することもできる。
 【侍BOX】《セカンド・チャンス》と併用するのが基本だが、《大逆転クイズ》を使用したタイプでは普通に投入されることが多い。

  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では全20体中、16位だった。
  • 元々の持ち主であった遊戯も、小説版オリジナル「遊戯vsサイバー海馬」戦にて使用した。
  • アニメGXでは第1話から第33話で使用されたEDの映像の中に確認できる。
  • フォルスバウンドキングダムでは、攻撃名が「タイム・マジック」である。
    味方の行動ポイントを増やす必殺技の名前は「ヘイスト・スペル」。
    また、ロード画面にも登場する。

関連カード

融合関連

―《時の魔術師》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《地獄の扉越し銃》チェーンできますか?
A:いいえ、発動した時点では自分ダメージを受けるかどうか確定していないため、《地獄の扉越し銃》発動できません。

Q:相手フィールドモンスターが存在しない時にこのカードの効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/11/27)

Q:お互いのフィールドモンスターが存在する時にこのカードの効果発動した時に《我が身を盾に》《スターダスト・ドラゴン》等をチェーンできますか?
A:はい、その場合ならコイントスがどちらだったとしてもフィールド上のモンスター破壊することが確定しているため、チェーンできます。(14/11/27)

Q:破壊ダメージは同時扱いですか?
A:同時扱いです。(09/08/22)


Tag: 《時の魔術師》 モンスター 効果モンスター 星2 光属性 魔法使い族 攻500 守400

広告