森羅(しんら)(ほどこ)し/Sylvan Charity》

通常魔法
デッキからカードを3枚ドローする。
その後、「森羅」と名のついたカード1枚を含む手札のカード2枚を相手に見せ、
好きな順番でデッキの上に戻す。
手札に「森羅」と名のついたカードが無い場合、
手札を全て相手に見せ、好きな順番でデッキの上に戻す。
「森羅の施し」は1ターンに1枚しか発動できない。

 PRIMAL ORIGINで登場した通常魔法
 3枚ドローし、条件によって手札を2枚または全てデッキの上に戻す効果を持つ。

 【森羅】用の手札交換デッキトップ操作カードである。
 森羅は「デッキトップ墓地へ送る」「デッキから墓地へ送られた時に効果発動する」という性質を持つため、デッキトップを操作できるこの効果は極めて有用。
 3枚のドローを行って2枚をデッキ戻すので、このカードの消費を勘案してもディスアドバンテージが0である。
 デッキ戻すカードドローしたカードでも元々手札にあったカードでもよいので、手札交換カードとして見ても質が高い。
 【森羅】《森羅の仙樹 レギア》《森羅の神芽 スプラウト》のように「デッキに存在すると有用だが、手札に来ると処分に困る」カードが多い。
 手札事故回避の面でも、効果発動を狙う上でも、極めて使い勝手の良いサポートカードと言える。

 森羅と名のつくカードであるため、《森羅の霊峰》《森羅の花卉士 ナルサス》《森羅の賢樹 シャーマン》効果に対応する。
 前者2枚は次のドローを待つ必要はあるものの、ドローさえすればほぼ確実な発動を狙えるので、余裕があるなら積極的に狙いたい。
 後者はサルベージによる再利用が可能であり、1ターンに1枚の制約で連打不可能だが、終盤に温存する使い方もできる。

 《闇の誘惑》と似たデメリットを持つため、手札森羅が存在しない状況で発動するのは、余程追い込まれた時以外はやめておこう。
 幸い、ドローした中に状況を打開できるカードがあればデッキトップに置くことで次のターンには再度ドローできるが、相手公開する以上妨害を受ける確率は高くなる。
 また、逆に何もなかった場合はデッキトップを3枚以上塞ぐことになり、その後のディスティニードローすらも不可能という極めて絶望的な状況となることも留意したい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:チェーンして《精霊の鏡》発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/02/28)

Q:カードデッキに戻す際、戻すカードは相手に見せますが、戻す順番も相手に知らせる必要がありますか?
A:いいえ、戻す順番までは教える必要がありません。(14/03/01)


Tag: 《森羅の施し》 魔法 通常魔法 森羅

広告