精霊(せいれい)(かがみ)/Mystical Refpanel》

通常罠
プレイヤー1人を対象とする魔法の効果を別のプレイヤーに移し替える。

 LIMITED EDITION 3で登場した通常罠
 極めて狭いカウンター効果を持つ。

 プレイヤー1人を対象とする魔法カードは、手札ライフ関連の効果を持つもの程度しか存在しない。
 通常のデッキ《ご隠居の猛毒薬》《デス・メテオ》といったバーンカードの存在を求めるのは厳しい。
 それに、いざ【フルバーン】等を相手にしても、バーンカード一つをカウンターしたところでどうにもならない事が多い。
 よって、主なメタ対象は比較的デッキを選ばず採用される手札交換カードとなるだろう。
 《デステニー・ドロー》《トレード・イン》《強欲で謙虚な壺》といった回転の要となるカード刺されば理想的である。

 能動的な使い方として、自分《大寒気》チェーンして《大寒波》のような使い方をしたり、《謙虚な壺》《無の煉獄》チェーンして手札破壊をしたりする手もある。
 なお、そのような使い方をする場合には若干手札消費が多くなる点に注意したい。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」における「闇遊戯vsパンドラ」戦において闇遊戯が使用。
    このカードで、パンドラの除去魔法《闇への手招き》から《ブラック・マジシャン》を守ろうとした。
  • 原作では「相手の魔法を掌握し、自分がその魔法のコントロールを得る」という効果だった。
    つまり、相手に打ち返すだけではなくそのまま自分に仕向ける事も可能であった。
    これを利用し「遊戯vs城之内」戦にて、遊戯が城之内の使用した《デス・メテオ》に対して発動し、城之内と話す時間を作った。
  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • アニメGXの179話で武藤遊戯のデッキ(レプリカ)のカードの一部が確認できるのだが、その中にこのカードがある。
  • コナミのゲーム作品において―
    処理が難しいのかOCG準拠のゲームには殆ど収録されていなかったが、DM6・遊戯王オンライン・タッグフォース2以降のシリーズには収録されてきている。

関連カード

《精霊の鏡》が発動できるカードの一覧

手札操作

ライフポイント操作

その他の効果

収録パック等

FAQ

Q:《貪欲な壺》《ソーラー・エクスチェンジ》チェーンして発動できますか?
A:ドロー効果だけではなく、墓地モンスターを対象にしている効果デッキの上からカードを墓地へ送る効果があるため発動できません。

Q:相手《波動キャノン》を「発動する時」か「墓地に送る時」に使用して、相手ダメージを与えることはできますか?
A:いいえ、できません。
  永続魔法発動や、既にプレイ適用されている永続魔法カードから発動する効果に対して発動できません。

Q:相手《デステニー・ドロー》に対してこのカードを使うと処理はどうなりますか?
A:コスト相手が支払いますが、《精霊の鏡》を発動したプレイヤーが2枚のカードドローすることができます。

Q:《火炎地獄》に使えますか?
A:いいえ、「両者を対象とする」効果には使えません。
  他、《恵みの雨》《成金ゴブリン》《盗人ゴブリン》《手札抹殺》等が使用不可能カードに該当します。

Q:Aが《押収》発動したとき、Bは《精霊の鏡》を発動できますか?
A:できます。この場合、AがAの手札を選び、捨てます。
  Bに手札を見せる必要はありません。
  なお、必ず移し変えるため効果対象にBを選ぶ事はできません。
  この場合、暗黒界の「相手カードの効果によって捨てられる」の条件が満たせません。

Q:Aが《天使の施し》発動したとき、Bは《精霊の鏡》を発動できますか?
A:できます。この場合、Bが3枚ドローし2枚捨てます。
  なお、移し変えるため効果対象にAを選ぶ事はできません。
  この場合、暗黒界の「相手カードの効果によって捨てられる」の条件が満たせます。

Q:《リニアキャノン》に対し発動できますか?
  またできる場合、魔法カード発動できないのはどちらのプレイヤーですか?
A:調整中(11/06/10)

広告