洗脳(せんのう)−ブレインコントロール/Brain Control》

通常魔法
(1):800LPを払い、相手フィールドの通常召喚可能な
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した通常魔法
 ライフコストを支払い、相手表側表示通常召喚モンスターコントロール奪取する効果を持つ。

 同じ通常魔法で類似効果を持つ《精神操作》と比べると、リリース攻撃宣言を行う事が可能。
 代わりにライフコストがあり、特殊召喚モンスターを奪うことができなくなっている。

 特殊召喚モンスターを奪えないのは、コントロール奪取カードとして致命的なデメリットである。
 今日はエクストラデッキから特殊召喚される特殊召喚モンスターをエースとするデッキが多く、こうしたデッキに搭載される通常召喚モンスターは素材用となるステータスの低いものが大半となる。
 そのため「奪ったモンスター攻撃可能」という《精神操作》にないメリットが機能しにくい。
 加えて、素材用モンスターはそもそも相手ターンフィールドに残って居ない場合も少なくない。
 したがって発動が安定しないため、リリース等の確保のためにも扱いづらい。
 ほとんどのデッキでは《精神操作》相手モンスターリリースしたいなら《帝王の烈旋》を優先すべきである。

 比較的有効な活用法と言えるのは、壊獣等を送りつけコントロール奪取する事だろう。
 《所有者の刻印》と仕事は被るが、持ち主が相手モンスターも奪えるので壊獣等とセットでなくとも腐りにくい。
 また特殊召喚を封じるカードを使用すれば、そもそも特殊召喚モンスターが出て来なくなるため、発動が安定するようになる。
 エクストラモンスターゾーンの使用を何かしらの方法で制限しておけば、相手通常召喚モンスターのみを残してターンを終える可能性も高い。
 現状はエクストラリンクや、《忍法 影縫いの術》などがある。

  • 原作でのカード名は《洗脳−ブレイン・コントロール》と、中間点が付いていた。
  • アニメARC-Vの第67話の回想で零羅への教育の際に研究員が使用していた。

関連カード

−「洗脳」と名のついたカードについては《洗脳解除》参照。

収録パック等

FAQ

Q:効果処理時対象に選択したモンスター裏側表示になった場合、コントロールを得る効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/03/09)

Q:このカードコントロールを奪った相手モンスターを、《月読命》等の効果裏側表示にしました。
  この場合、完全にコントロールを奪うことはできますか?
A:いいえ、できません。
  このカードの効果は「発動ターンエンドフェイズ」までであり、ターン終了時にはセットしたモンスター相手フィールドに戻ります。
  《強奪》装備魔法であり、このカード通常魔法である為、処理に差が生じます。

Q:このカードコントロール奪取した《ワイト》《強制転移》発動し、奪った《ワイト》を選択し相手フィールドに送り返しました。
  この場合、《ワイト》エンドフェイズ自分フィールドに移りますか?
A:いいえ、移りません。
  このカードエンドフェイズの処理は、「無条件で相手の場に行く」ではありません。
  《ワイト》相手の場に戻っているので、エンドフェイズにこのカードの処理は行われません。

Q:相手自分《エヴォルド・プレウロス》対象に《洗脳−ブレインコントロール》を発動しました。
  それにチェーンして《おジャマトリオ》発動し、相手フィールドが全て埋まった場合、《エヴォルド・プレウロス》は「自分フィールド上」で破壊された扱いになりますか?
A:ご質問の場合、《エヴォルド・プレウロス》効果発動しません。(13/10/14)


Tag: 《洗脳−ブレインコントロール》 魔法 通常魔法

広告