蒼血鬼(そうけつき)/Blue-Blooded Oni》

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1000/守1700
このカードは召喚・反転召喚に成功した時、守備表示になる。
1ターンに1度、自分フィールド上に存在するエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
自分の墓地に存在するレベル4のアンデット族モンスター1体を選択して特殊召喚する。

 GENERATION FORCEで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 召喚・反転召喚に成功したとき守備表示になる誘発効果エクシーズ素材を取り除くことでレベル4のアンデット族蘇生させる起動効果を持つ。

 《ゾンビ・マスター》と比べると、エクシーズモンスターの存在が前提のため効果がすぐに発動しづらい。
 また、あちらはアタッカーとして使えるのに対し、こちらは主ににしかならなず、その守備力も心もとない。
 さらには蘇生対象レベル4と範囲が限定されているため、《ゾンビキャリア》等を蘇生出来ないのは痛いところ。

 しかし、カードの消費をほぼ0でモンスター蘇生できる点は非常に優秀。
 加えて、再利用が難しくなるエクシーズ素材となったモンスター墓地に落とせる点でもアンデット族との相性は良い。
 《マクロコスモス》はさすがに厳しいが、上手く立ち回れば《次元の裂け目》の影響下でも十分に動くことができる。

 同名カード蘇生可能なので、エクシーズ素材がある限りモンスターを展開できる。
 蘇生した《ゾンビ・マスター》で2枚目のこのカード蘇生し、このカードとでエクシーズモンスターを召喚すれば、簡単にエクシーズモンスターが展開できる。
 《ボーンクラッシャー》蘇生させる事で、魔法・罠カード除去しつつデメリット回避を狙い、ランク4のエクシーズモンスターにつなげる事も可能。

 3体の《蒼血鬼》をフィールド上に揃えることでエクシーズ素材が2体であるランク4のエクシーズモンスターを最大4体までフィールド召喚することが可能。
 《地獄の暴走召喚》に対応しており、特殊召喚するためのサポートカードも豊富なためフィールドに3体揃えることは容易。
 少なくとも1体がフィールド上に存在し、残りが墓地エクシーズ素材に揃っている状況であれば、エクシーズ素材が2つだけで上記と同じ展開ができる。

  • 英語名の「Blue-Blood」には「貴族の血統」の意味がある。
    このモンスターは鬼の中の貴族なのだろうか。

関連カード

召喚・反転召喚に成功した時に守備表示になるモンスター《絶対防御将軍》を参照。

特殊召喚可能なレベル4のアンデット族モンスター

収録パック等

FAQ

Q:自分墓地レベル4のアンデット族モンスターが存在するときにこのカードの効果発動しました。
  この効果の発動コストとして取り除かれ墓地へ送られたレベル4でアンデット族エクシーズ素材モンスター特殊召喚できますか?
A:できます。(11/04/16)

広告