多次元壊獣(たじげんかいじゅう)ラディアン/Radian, the Multidimensional Kaiju》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2800/守2500
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
自分フィールドに「ラディアントークン」(悪魔族・闇・星7・攻2800/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンはS素材にできない。

 EXTRA PACK 2016で登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 壊獣共通の3つのルール効果壊獣カウンターを2つ取り除いてラディアントークン1体を特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)〜(3)の壊獣共通の効果については壊獣を参照。

 (4)の固有効果ラディアントークン特殊召喚
 トークンとしては破格の攻撃力を持ち、攻撃に関する制約がないので、気兼ねなくアタッカーとして使う事ができる。
 壊獣モンスターはすべて1体しか存在できないデメリットがあるので、【壊獣】においてはモンスターの数を増やせる効果はたいへん貴重である。

 ラディアントークンシンクロ素材にはできないが、「トークン生成後にこのカードシンクロ素材にする」動きが可能なので、むしろこのカードシンクロ召喚との相性は良い。
 このカードシンクロ素材となってフィールド離れれば、「壊獣は1体しか存在できない」制限が解除されて2体目の壊獣特殊召喚が可能となり、ラディアントークンシンクロモンスター壊獣の3体で攻められる。
 同様にトークン生成後にエクシーズ素材ウイルスコストにしたり、《壊獣の出現記録》で他の壊獣と入れ替えるのも有効である。

 「送りつけが可能で、固有効果起動効果壊獣」としては最も攻撃力が低いため、相手モンスターリリースして送りつけるのにも適している。
 これ以下の攻撃力壊獣はいずれも相手ターン発動できる効果を持つが、このカードなら送りつけてもそのターン中は効果発動してくる可能性がなく、安全に処理できる。

 相手送りつけ除去役としての運用が主となるが、自分フィールドにこのカードラディアントークン、そして攻撃力2600以上のモンスターを並べ、相手送りつけ壊獣を処理する手段を用意できれば1ターンキルを可能とする爆発力も秘めている。

  • 英語名の「Radian」は、角度の単位の一つ。
    一般的には「ラジアン」とカタカナ表記される。
  • モチーフとなったのは怪獣映画ではなく東映製作の特撮ヒーロー作品『鳥人戦隊ジェットマン』に登場し、数々の卑劣な行為で主人公たちを苦しめた悪の幹部「ラディゲ」か。
    ラディゲは普段は「裏次元伯爵ラディゲ」として活動しているが、その真の姿は「凶獣ラディガン」という怪物であり、カード名はこれらをもじったものだろう。
    また、名前のみならず外見的にも凶獣ラディガンとこのカードには共通項が見られるものとなっている。

関連カード

―《多次元壊獣ラディアン》が描かれているカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《多次元壊獣ラディアン》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻2800 守2500 壊獣

広告