大捕(おおと)(もの)/Crackdown》

永続罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 DARK NEOSTORMで登場した永続罠
 発動時に対象とした相手モンスターコントロール奪取する効果を持つ。

 コストや条件がなく、コントロール奪取としては汎用性が高い。
 しかし、奪ったモンスター攻撃効果の発動が封じられるため利用法が少々限られる。
 単に各種素材にするだけならば、引いてすぐ使える上に《サイクロン》などに妨害されず裏側守備表示でも奪える《精神操作》も存在する。
 (除去されない限りは)永続的に奪える点、永続効果が有効な点、リリースが可能な点、フリーチェーンなので相手ターンの動きを妨害できる点などを活かしたい。
 【オルターガイスト】【神炎皇ウリア】の様に罠カード永続罠)である事がメリットになるデッキではこちらを優先しやすい。

 展開の起点となるリンクモンスターであればリンク先を失わせる意味もあり、影響力は強い。
 左右にリンクマーカーがあれば自分にも有利になる。

 奪ったモンスターフィールド離れる自壊するが、相手依存ではあるもののエクシーズ素材にしたり裏側表示にすれば自壊を免れることができ、バウンスで再利用を狙える。
 たとえ再利用できなくとも単体で機能するカードなので、【セルフ・バウンス】【エーリアン】にも採用しやすいだろう。

  • 発売直後に公式サイトのワンプッシュ投票では上記の《精神操作》と比較されているが、結果はあちらが約2/3の票を集めている。
    しかし、敗れたこちらの有用性が低いわけではなく、実際に登場直後の環境では【オルターガイスト】【サブテラー】等の低速デッキにこちらのみが採用されるケースも見られる。
    短期戦になりやすい高速デッキではすぐに使える魔法カードの速さを、長期戦になりやすい低速デッキでは相手ターンの行動を崩せる罠カードの奇襲性を重視しているからであろう。
    • 逆に言えば、相互互換である両者に2倍近くの票差がついたというのは、第10期現在における高速デッキの普及率と罠カードの立場の厳しさを物語っているとも言える。
  • 「大捕り物」とは犯罪者を捕らえる騒動の大掛かりなもので、逮捕時に大騒ぎになった様子を意味する。
  • 英語名の「Crackdown」は「犯罪行為の取り締まり」を意味する米国の警察用語である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分モンスターが《大捕り物》の(1)の効果コントロール奪取されました。
  それに対して自分もそのモンスターを《大捕り物》の(1)の効果コントロール奪取しました。
  その後《禁じられた聖典》効果フィールドのすべての効果無効になりました。
  このモンスターは両者の《大捕り物》の対象に取られ続けていますが、《禁じられた聖典》効果終了時、最終的にコントロールを得るのはどちらですか?
A:調整中(19/05/12)


Tag: 《大捕り物》 永続罠

広告