超雷龍(ちょうらいりゅう)−サンダー・ドラゴン/Thunder Dragon Colossus》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2600/守2400
「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、
融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合に
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性雷族融合モンスター
 融合召喚及び特定の条件でのみ特殊召喚できる召喚制限相手サーチを封じる永続効果、自身が破壊される身代わりとして墓地雷族除外できる永続効果を持つ。

 通常の方法に加えて、雷族モンスター手札効果発動したターンに使える専用の特殊召喚を持っている。
 (裁定については《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》も参照のこと。)
 トリガーには(2)の除外による身代わりともシナジーがある各種サンダー・ドラゴンが一番使いやすいだろう。
 サンダー・ドラゴンはほとんどが上級モンスターだが、特殊召喚を含む効果を持つモンスターも多いので、リリースの確保も難しくない。
 特に《雷鳥龍−サンダー・ドラゴン》手札効果発動しつつ、同名カード以外のサンダー・ドラゴン特殊召喚できるので使い勝手が良い。
 《封印の黄金櫃》《雷電龍−サンダー・ドラゴン》除外して《雷鳥龍−サンダー・ドラゴン》サーチ《雷鳥龍−サンダー・ドラゴン》《雷電龍−サンダー・ドラゴン》特殊召喚すれば、1枚の消費でこのカード特殊召喚できる。
 もちろん手札サンダー・ドラゴン効果発動した後、雷族下級モンスター召喚しても良い。

 (1)の効果《ライオウ》が持つサーチ封じを相手限定にしたもの。
 自分には影響がないので、こちらの《サンダー・ドラゴン》《サンダー・シーホース》等はそのまま使える。
 サーチ封じを持つカードは複数あるが、エクストラデッキからの展開という性質により序盤から確実に相手を封じることができるのは大きな利点。

 (2)は墓地雷族身代わりにする破壊耐性
 《雷龍融合》融合召喚した場合を除けば、このカードを展開する過程で墓地雷族モンスターを送っているはずなので、最低1回は破壊に対する保障が利くだろう。
 場持ちさせたいのであれば、《サンダー・ドラゴン》《サンダー・シーホース》を使って効率よく墓地肥やしをしておきたい。
 《ブラック・ホール》などで自分で効果発動させることで各種サンダー・ドラゴン除外することにも使える。

 雷族モンスターを主軸とする【電池メン】【エレキ】では、《サンダー・ドラゴン》手札に来た場合に特殊召喚できるモンスターとして扱える。
 自分のモンスター裏側表示にできる手段があれば、《地中界シャンバラ》1枚から《サブテラーマリス・ボルティニア》を経由してこのカード特殊召喚できるので、【サブテラー】でも採用を検討できる。

  • 英語名の「Colossus」は世界の七不思議の一つ「ロードス島の巨像」を指す英単語。
    一般に「巨像」を指す場合にも用いられている。

関連カード

手札効果発動できる雷族

 ※《サンダー・シーホース》《雷帝家臣ミスラ》効果発動に伴う制約の関係で、このカード特殊召喚とは両立できない。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:雷族扱いの《竜剣士ラスターP》リリースしてこのカードエクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:はい、雷族モンスター効果手札発動したターンであれば雷族扱いの《竜剣士ラスターP》リリースして特殊召喚できます。(18/07/14)


Tag: 《超雷龍−サンダー・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 雷族 攻2600 守2400 サンダー・ドラゴン

広告