天輪(てんりん)葬送士(そうそうし)/Guiding Light》

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻   0/守   0
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の光属性・レベル1モンスター1体を対象として発動できる。
その光属性モンスターを特殊召喚する。

 Vジャンプ(2013年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した光属性天使族下級モンスター
 召喚に成功した時に墓地光属性レベル1のモンスター蘇生させる誘発効果を持つ。

 同じトリガーで全てのレベルモンスター蘇生できる《金華猫》が存在するため、蘇生対象に制限のあるこのカードは活躍の場が限られる。
 更にあちらはスピリットでありエンドフェイズ手札に戻るため、毎ターン効果を使用できる点でも優れている。
 一応、《金華猫》には自身がフィールド離れる蘇生したモンスター除外されるデメリットはある。
 しかし、蘇生するモンスターは各種特殊召喚の素材に使用されることが多いため、デメリットにならない場合が多い。

 ただし【レベル1フルモン】では話が変わってくる。
 確かにこのデッキでも《金華猫》は重要な役割を持つのだが、魔法・罠カード《和魂》などを採用できない性質上、サーチ手段が乏しくドローしてくるしかない。
 このため、《金華猫》ドローできなかった場合に《ミスティック・パイパー》蘇生してドロー加速を行うカードとして、このカードは十分選択肢になりうる。

 その他《金華猫》にできない仕事としては、このカードフィールドを離れても蘇生したモンスター除外されない点の活用が挙げられる。
 《青き眼の乙女》等の維持したいモンスターや、アタッカーとなる《ものマネ幻想師》などが挙げられる。
 《イーバ》とは相性が良く、このカードサーチでき、このカード《イーバ》蘇生し再利用できる。
 他にも同名カード特殊召喚したり、《コート・オブ・ジャスティス》に対応する利点がある。
 下記の通り、時械神《マアト》とも相性が良い。
 残ったこのカード《リンクリボー》リンク素材リリースにすることで、攻撃力0のこのカードフィールドに残さずに済む。

 《金華猫》と異なり繰り返しの効果発動は狙いにくいが、裏を返せば各種素材やコストとして気兼ねなく利用できるという事でもある。
 《青き眼の護人》蘇生し、このカード墓地へ送ることでブルーアイズモンスターを出せば、レベル9のシンクロ召喚が可能。
 《ものマネ幻想師》蘇生して《ミニマム・ガッツ》でこのカードリリースすれば、相手モンスター攻撃力の2倍のダメージを与えることができる。
 元々の持ち主相手モンスターでなければならないので運任せだが、攻撃力4000以上のモンスターであれば1ターンキルになる。

関連カード

蘇生可能な光属性レベルモンスター一覧

通常モンスター

チューナー効果モンスター

ペンデュラムモンスター

―上記以外の効果モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《天輪の葬送士》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 天使族 攻0 守0

広告