伝説(でんせつ)柔術家(じゅうじゅつか)/Legendary Jujitsu Master》

効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻1300/守1800
フィールド上に守備表示で存在するこのカードと戦闘を行ったモンスターは、
ダメージステップ終了時に持ち主のデッキの一番上に戻る。

 天空の聖域で登場した地属性岩石族下級モンスター
 守備表示のこのカード攻撃した相手モンスターデッキトップ戻す誘発効果を持つ。

 実質的にドローロックをかけることができ、上級モンスターを戻したのであれば相手は更に被害を受けることになる。
 決して安心できる守備力ではないものの、戦闘破壊されても効果発動するので、多くの場面で1:1交換以上の効力が望める。
 多くのメリットアタッカー攻撃に耐えられる守備力を持っているので、下級モンスターとの戦闘でも有効な効果である。
 《岩投げエリア》戦闘破壊耐性を付与してしまえば、相手に2体目のモンスターバウンスさせるか、攻撃を中断するかの2択を迫れる。

 しかし一度表側表示になったら、それ以降攻撃対象に選択される可能性は激減する。
 依然フィールド上で影響力を残しているものの、あくまで受け身であり、相手の意思でしか効果を使えない単なるになる。
 《E・HERO エアーマン》《宝玉獣 サファイア・ペガサス》の場合は効果を再利用されてしまう恐れもある。
 リバースした後はエクシーズ素材に使うなどしておきたいところ。

 また守備表示でなければ効果を使えないため、表示形式を変更するカードに弱く、《巨大ネズミ》などから攻撃表示リクルートしても使えない。

 《月の書》との併用は弱点対策としても有効で、相手攻撃された時に守備表示に変更して迎撃し、戦闘破壊もされなければ理想的。
 戦闘破壊されたくない場合は《和睦の使者》攻撃を強要したい場合は《立ちはだかる強敵》《バトルマニア》を使うのも良いだろう。
 いずれにせよ岩石族下級モンスターの中では特に優秀なので、【岩石族】【コアキメイル】には是非採用したいカードである。

  • 柔道の帯(14歳以上)は、下の段級位から数えて「白帯」「茶帯」「黒帯」「紅白帯」「赤帯」となっている。
    このモンスターが着けている赤帯は、九段または十段のみが締める事のできる帯で、武道における最高位を表す物である。

関連カード

―《伝説の柔術家》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《伝説の柔術家》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 岩石族 攻1300 守1800

広告