伝説(でんせつ)(みやこ) アトランティス/A Legendary Ocean》

フィールド魔法
このカードのカード名は「海」として扱う。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の水属性モンスターの攻撃力・守備力は200ポイントアップする。
また、お互いの手札・フィールド上の水属性モンスターのレベルは1つ下がる。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場したフィールド魔法
 《海》として扱う効果外テキストと、水属性モンスターレベルを1つ下げ、フィールド上の水属性モンスター強化する効果を持つ。
 【伝説の都 アトランティス】キーカードである。

 カード名《海》として扱うため、《海》の代わりとして使える。
 例えば、《水陸両用バグロス Mk−3》《マーメイド・ナイト》効果を使ったり、《海竜−ダイダロス》《コダロス》コストにしたりできる。
 間違えやすいが、効果外テキストカード名《海》として扱うため、《伝説の都 アトランティス》・《海》《忘却の都 レミューリア》《幻煌の都 パシフィス》合計で3枚までしかデッキに投入できない。

 手札水属性モンスターレベルが少なくなる効果は、多方面でメリットとして活用できる。
 まず、レベル5・7のモンスター召喚に必要なリリースが1体少なくなる。
 よって、レベル5のモンスター下級モンスターとして扱え、レベル7のモンスターリリース1体でアドバンス召喚できる上級モンスターとして扱える。
 レベル5なら攻撃力2700のアタッカーとなる《ダイナミスト・スピノス》レベル7では第一の効果との相性もいい《海竜−ダイダロス》《超古深海王シーラカンス》が強力だろう。
 また、レベル4の主力アタッカーレベル3となることで、【フィフティ・フィフティ】の戦術を採用できる。
 《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《レベル制限B地区》の影から安全に攻撃宣言が可能。
 《海竜神の加護》《ハイドロプレッシャーカノン》適用も可能になる。
 他にも影霊衣には、元々のレベルと同レベルモンスター1体では儀式召喚できないのものもいるので、その補助をすることができる。

 一方で、レベルが下がることで高レベルランクシンクロモンスターエクシーズモンスターを出しにくくなるといったデメリットがある。
 特に《深海のディーヴァ》《氷結界の龍 グングニール》が使いづらいのは【水属性】として致命的とも言える。
 ただ、レベルが下がることを織り込んだエクストラデッキにすることでデメリットが回避できる。
 《バハムート・シャーク》ならばランク3・4のどちらも元から活用できる構築にでき、水属性ランク3は強力なものが多い事から影響が少なく運用しやすい。
 レベル5を多用してランク4を出すなどの構築もある。
 他にもバウンス等で状況に応じて戻す、一時的に無効にするなどデッキによって活用方法を決めるといいだろう。

 逆に、相手水属性モンスターシンクロ素材エクシーズ素材にしようとする場合に相手の思惑を崩せる事もある。
 水属性モンスターの攻守は200ポイントアップするので、相手を有利にする可能性もあるが、些細なことであるためあまり気にする必要はないだろう。

  • 「アトランティス(Atlantis)」とは、ギリシアの哲学者プラトンが書き残した2冊の本『ティマイオス』と『クリティアス』に登場する陸地の名前。
    「オリハルコン(オレイカルコス)」という金属の精製技術を持ち、ポセイドンを守護神とする国家が栄えていたが、今からおよそ1万2000年前に洪水によって滅亡した、と記されている。
    大西洋に存在したと言われており、ムー大陸と並び幻の大陸として人気が高い。
    現在ではオーパーツの科学考証や海底調査から実在しなかったとする説が強いが、この島や類似する文明の存在を語る伝承等は多い。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「凌牙&IV(フォー)vsクラゲ先輩」戦で凌牙が使用した通常魔法《アトランティスの威光》に同じ背景が描かれている。
  • アニメARC-Vでは3話においてアクションフィールドの選択画面にあった1枚。
    また大漁旗鉄平がほぼ同じ効果を持つ永続魔法《内海》を使用した。
    アクションデュエルでは専用の「アクションフィールド」が適用されている事から、フィールド魔法の上書きの処理が面倒なためこのような形になったのだろう。

関連カード

サポートカード

―ルール・テキスト上で《海》として扱うカードは《海》を参照。

―名前関連

―《伝説の都 アトランティス》が見られるカード

通常召喚可能なレベル5・水属性モンスター

通常モンスター

効果モンスター

通常召喚可能なレベル7・水属性モンスター

通常モンスター

効果モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《マジック・キャンセラー》が存在する時にフィールド上のこのカードカード名はどうなりますか?
A:その場合でもカード名《海》として扱います。(08/12/29)

Q:《禁止令》《マインドクラッシュ》等の効果で《伝説の都 アトランティス》を宣言できますか?
A:《伝説の都 アトランティス》のカード名《海》として扱われるため、《伝説の都 アトランティス》を宣言する事ができません。(08/06/08)

Q:このカード適用中、元々の攻撃力が1000未満のモンスター召喚され、このカードの効果攻撃力が1000を上回りました。
  このモンスターに対し《落とし穴》発動できますか?
A:発動できます。フィールド魔法等、永続のステータス変化効果は、召喚された時点で適用されるためです。

Q:このカード適用中、水属性レベル1のモンスターは、レベル0になりますか?
A:0というレベルは存在しません。よってレベル1のままです。

Q:このカード適用中、元々のレベル水属性レベル1のモンスターに対して《スター・チェンジャー》効果レベルを1つ上げる場合、そのモンスターレベルはいくつになりますか?
A:その場合、再計算(1-1+1)を行い、レベルは1のままです。(14/12/08)


Tag: 《伝説の都 アトランティス》 魔法 フィールド魔法 《海》

広告