脳開発研究所(のうかいはつけんきゅうじょ)/Brain Research Lab》

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
通常召喚に加えて1度だけサイキック族モンスター1体を召喚できる。
この方法でサイキック族モンスターの召喚に成功した時、
このカードにサイコカウンターを1つ置く。
また、自分フィールド上のサイキック族モンスターの
効果を発動するためにライフポイントを払う場合、
代わりにこのカードにサイコカウンターを1つ置く事ができる。
このカードがフィールド上から離れた時、
このカードのコントローラーはこのカードに乗っていた
サイコカウンターの数×1000ポイントダメージを受ける。

 ANCIENT PROPHECYで登場したフィールド魔法
 サイキック族召喚効果発動に生じるライフコストを肩代わりする効果を持つ。

 1つ目の効果は実質1000ポイントのライフコスト召喚権を増やす効果であり、繰り返し使える《二重召喚》と言える。
 特殊召喚できない《マックス・テレポーター》にとってはリリース要員を用意できる召喚サポートの1つとなる。
 他にも《サイコジャンパー》コントロール交換対象を用意したり、《ディストラクター》自壊を防ぎつつ展開するために利用できる。
 サイキック族シンクロ召喚や同種族強化に長けているため、永続的に使えるこの効果は重宝するだろう。

 ただし、あくまで召喚の権利を得る効果であり、裏側守備表示での通常召喚ができない点に注意。
 また、これらの用途は《緊急テレポート》《アポート》でも可能なため、やはり後述の効果も加味して採用したい。

 2つ目の効果サイキック族モンスターライフコストの支払いを一時的に肩代わりする効果
 サイキック族ライフコストを一律1000にする効果とも見て取れる。
 《マックス・テレポーター》等の1000以上のライフコストを払うサイキック族ならば、いくらか負担を軽減しつつ効果を利用できることになる。
 逆に1000以下のライフコストで済む下級サイキック族には恩恵が少なく、また、後述のデメリットも併せて乱用した場合のリスクが大きい。
 幸い任意の効果であり、必要なとき以外使用しなくて良いため共存は可能である。

 《DNA改造手術》等でサイキック族に変更した《ゲール・ドグラ》《デビル・フランケン》でも肩代わりが可能。
 法外なライフコストを要するこれらも1000ライフポイント効果を繰り返し使用できるようになる。
 また、《零式魔導粉砕機》《モンスター・アイ》《融合》を使う事で無限ループが可能となる。

 そしてこのカードの最大のポイントはサイコカウンターでストックしたライフコストダメージで受ける事である。
 このダメージフィールド離れた際に受けるのでバウンス等でダメージを逃れる事はできない。
 永続効果でかつチェーンブロックを作らないため、《地獄の扉越し銃》で移し変える事も不可能。
 基本は《ピケルの魔法陣》《ハネワタ》で打ち消すか、《レインボー・ライフ》回復に変換するべきだろう。
 場合によっては《カウンタークリーナー》で全てのサイコカウンターを取り除くのも有効である。

 ただし、相手除去に合わせてこれらを発動したところを、さらにチェーンされて除去された場合は防ぐことはできない。
 サイコカウンターの量によってはゲームエンドになりかねないため、やはり計画的に使用し、出来れば保険も確保しておくべきだろう。
 なお、致死量のダメージでなければ《DDD反骨王レオニダス》《ダメージ・メイジ》を展開しつつ回復に変換することが可能である。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの3話においてアクションフィールドの選択画面にあった1枚。

関連カード

―《脳開発研究所》の見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:召喚回数増加は、1ターンに1回ですか?
  発動してから場を離れるまでに(その間が何ターンであっても)1回ですか?
A:召喚回数増加は、1ターンに1回発生します。(09/04/21)

Q:このカードの効果サイキック族モンスター召喚し、同じターンに別の《脳開発研究所》を発動してその効果でさらにサイキック族モンスター召喚できますか?
A:いいえ、できません。
  《二重召喚》と同様に、何枚発動しても1ターンに1回のみとなります。(09/07/07)

Q:このカードの効果相手も使えますか?
A:サイキック族モンスターをもう1度だけ召喚する効果相手も使えます。代わりにサイコカウンターを置く効果の方は使えません。(09/04/21)

Q:フィールド上に存在するこのカードがデッキに戻った場合でもダメージは受けますか?
A:はい、その場合でもダメージは受けます。(09/04/21)

Q:通常召喚をする前にこのカードの効果サイキック族モンスター1体を召喚する効果は使えますか?
A:はい、使えます。(09/04/20)

Q:《二重召喚》発動したターン、何回通常召喚できますか?
A:「基本の通常召喚種族自由)」「《二重召喚》種族自由)」「《脳開発研究所》による物(サイキック族召喚限定)」の最大3回です。(09/04/19)

Q:通常召喚増加及びサイコカウンター乗せ、ダメージ効果チェーンブロックを作りますか?
A:どれも作りません。(09/04/19) 

Q:自分《ヴォルカニック・クイーン》相手フィールド上に特殊召喚したターンにこのカードの効果サイキック族召喚する事はできますか?
A:いいえ、できません。(09/06/04)

Q:サイコカウンターが乗っているこのカード《神禽王アレクトール》《破邪の刻印》効果無効にした場合、サイコカウンターはどうなりますか?
A:取り除かれます。(09/06/18)

Q:増加した召喚機会で種族サイキック族に変更したデュアル再度召喚できますか?
A:できます。(09/06/28)

Q:このカード発動していて、サイキック族モンスター効果で支払うライフコストよりも自分ライフポイントが低い場合、このカードサイコカウンターを置く事はできますか?
A:《脳開発研究所》が発動している場合でも、自分ライフポイントよりも多いライフポイントコストとして払う事はできません。(09/10/14)

Q:持ち主自分のこのカード《エクスチェンジ》などの効果相手手札に加わり、相手がそのカード発動し、サイコカウンターが乗った状態でフィールドを離れた場合、どちらのプレイヤーダメージを受けますか?
A: フィールド上から離れた時までこのカードコントロールしていた相手プレイヤーダメージを受けます。(12/04/06)

Q:《DNA改造手術》《SNo.39 希望皇ホープONE》種族サイキック族となっている場合、効果発動するためにライフを10になるように払う時に代わりに《脳開発研究所》にカウンターを置いたり、《念動増幅装置》を装備してライフを10になるように払わずに効果発動したりできますか?
A:《SNo.39 希望皇ホープONE》効果発動する際に、ライフを払う代わりに《脳開発研究所》にカウンターを置いたり、《念動増幅装置》を装備してライフを払わずに発動する事はできません。(14/11/06)


Tag: 《脳開発研究所》 魔法 フィールド魔法

広告