覇王龍(はおうりゅう)ズァーク》

融合・ペンデュラム・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
【Pスケール:青1/赤1】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
相手フィールドの融合・S・Xモンスターは効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた時に発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター効果】
ドラゴン族の融合・S・X・Pモンスター1体ずつ合計4体
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキ・エクストラデッキから「覇王眷竜」モンスター1体を特殊召喚する。
(4):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 マキシマム・クライシスで登場した闇属性ドラゴン族融合ペンデュラムモンスター
 融合召喚でしか特殊召喚できず、以下の効果を持つ。

 融合素材の指定が厳しい上に、融合素材を揃えるだけでもかなりの消費を伴う。
 竜剣士であれば竜剣士ペンデュラムモンスターを利用して融合素材となる融合シンクロエクシーズモンスターを揃えられるのでフィールド融合すら可能になる。 
 同様に【オッドアイズ】の場合もオッドアイズペンデュラムモンスターを絡めることで融合素材となる融合シンクロエクシーズモンスターを揃えられるのでフィールド融合も容易い。

 他のデッキでは融合素材を正規手順で出し融合召喚するのは得策ではない。
 専用サポートである《アストログラフ・マジシャン》《クロノグラフ・マジシャン》、もしくは《龍の鏡》《ミラクルシンクロフュージョン》を使って墓地融合することになる。
 《オッドアイズ・フュージョン》《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》(または《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》)と《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》融合素材《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》融合召喚すれば、エクストラデッキから1度に3枚の融合素材を抜き出せるため、素早く下準備を整えられる。
 シンクロエクシーズモンスターに関しては汎用性の高いものも多く、《超融合》相手のそれらを融合素材にできれば理想的だが、安定性を考えるとこちらも必ずしも有効ではない。

 (1)は相手フィールド全体除去
 (2)の耐性のため、チェーン発動されにくく、破壊されない耐性を持つものも自身の高い攻撃力で突破しやすい為、フィニッシャーとしては申し分ない性能といえる。

 (2)は対象に取る効果および効果による破壊への耐性
 《神縛りの塚》等と同様の耐性内蔵しており、《強制脱出装置》等の対象に取る効果除去される恐れはない。
 一方、《氷結界の龍 トリシューラ》壊獣《N・グラン・モール》《強制転移》のような破壊以外の除去手段には無防備なので対処手段が必須となる。
 特に壊獣などでリリースされると、自分カード破壊してペンデュラムゾーン置くといった手も使えなくなる。
 《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》戦闘破壊される場合もペンデュラムゾーンに置けない。
 その為、状況次第では相手ターンに回す前に《サンダー・ブレイク》等を用いて自主的に破壊し(4)の効果並びに自身のペンデュラム効果発動に繋げることも考慮する必要がある。

 (3)は覇王眷竜リクルート
 攻撃力耐性戦闘破壊は難しくないが、(1)の効果トリガーとなるモンスターまで破壊する可能性がある。
 破壊耐性を持つモンスター破壊された時のリクルーターなどがいれば、この効果をそのターン中に活かせる。
 《覇王眷竜ダークヴルム》リクルートすれば覇王門サーチし、それらの効果を利用できる。
 但し《覇王眷竜ダークヴルム》自体とは親和性が高いとは言えず、無闇に積む役に立たない場合もあるので留意したい。

 (1)のペンデュラム効果融合シンクロエクシーズモンスター効果の発動を封じる効果
 アドバンテージを稼ぐ手段をこれらの起動効果誘発効果に頼るデッキは多く、それを1枚で防げる。

 (2)のペンデュラム効果サーチサルベージしたカード破壊
 (1)のペンデュラム効果全体除去モンスター効果と相まって相手の逆転手段の多くを封じられる。

  • ちなみに、OCGでは初のペンデュラム融合モンスターだが、アニメでは《大精霊機巧軍(マスター・スピリット・テック・フォース)ーペンデュラム・ルーラー》が先に登場している。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
    星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
    【Pスケール:青1/赤1】
    (1):自分フィールドの「覇王」モンスター1体をリリースして発動できる。
    Pゾーンのこのカードを召喚条件を無視して特殊召喚する。
    【モンスター効果】
    ルール上、このカードは融合・S・Xモンスターとしても扱う。
    その際、このカードのランクはそのレベルと同じとする。
    このカードは「アストログラフ・マジシャン」の(3)の効果でしか特殊召喚できない。
    (1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
    相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
    その後、この効果でモンスターを破壊されたプレイヤーに、
    破壊した全てのモンスターの攻撃力の合計分のダメージを与える。
    この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
    (2):融合・S・Xモンスターが自分・相手の墓地に存在する限り、または除外されている限り、
    このカードは破壊されず、フィールドから離れる効果を受けない。
    (3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
    自分フィールドのモンスターは相手の融合・S・Xモンスターの効果を受けない。
    (4):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。
    エクストラデッキから「覇王眷竜」モンスターを2体まで守備表示で特殊召喚する。
    (5):相手がドローフェイズ以外でカードを手札に加えた場合に発動できる。
    そのカードを破壊する。
    融合シンクロエクシーズペンデュラムの全てに属するという前代未聞のモンスターとなっている。
    枠の色は、上半分は放射状に左から効果モンスターのオレンジ・融合モンスターの紫・シンクロモンスターの白・エクシーズモンスターの黒が並び、下半分は魔法カードの緑色となっている。
    なお、効果外テキストで「融合Xモンスターとしても扱う」とあるが、元々それらに属しているので、この記述は特に意味がない。
    (3)と(5)の効果OCGではペンデュラム効果の方へ移された。
  • 特殊召喚時の口上は「四天の龍を統べ、第5の次元に君臨する究極龍よ!今こそこの我と一つとなるのだ!統合召喚!出でよ、《覇王龍ズァーク》!」。
    上記の様に非常に特殊な分類のカードに加え特定のモンスター効果でのみ特殊召喚できるためか、特殊召喚の方法を「統合召喚」というオリジナルの言葉で称している。
  • なお、ズァーク消滅時の演出は原作・アニメDMの「闇遊戯vs闇マリク」戦の終盤での闇マリクと似たような演出であったため、《ラーの翼神竜》を意識したオマージュの可能性がある。
  • 零王の回想および「遊矢vsユーリ」戦直後に復活を果たした際には体が黒い霧で覆われていた。
  • ズァークは統合された自身を「神にも等しい力を得た」と称している。

関連カード

融合素材に指定されているモンスターについてはドラゴン族を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:エクストラデッキ表側表示のこのカードを、以下の方法で特殊召喚できますか?
  (1)融合召喚
  (2)《アストログラフ・マジシャン》の(2)の効果
  (3)《超量必殺アルファンボール》
A:融合召喚《アストログラフ・マジシャン》効果では特殊召喚できません。
  《超量必殺アルファンボール》の場合、一度融合召喚した後、エクストラデッキに表側で置かれているこのカードであれば特殊召喚できますが、それ以外の方法でエクストラデッキに表側で置かれているなら特殊召喚できません。(16/01/23)


Tag: 《覇王龍ズァーク》 モンスター 融合モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星12 闇属性 ドラゴン族 攻4000 守4000 スケール1 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告