氷結界(ひょうけっかい)虎王(こおう)ドゥローレン/Dewloren, Tiger King of the Ice Barrier》

シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星6/水属性/獣族/攻2000/守1400
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
カードを任意の枚数選択して持ち主の手札に戻す事ができる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、
この効果で手札に戻したカードの数×500ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した水属性獣族シンクロモンスター
 自分フィールド上で表側表示で存在するカード手札戻し、自身の攻撃力強化できる起動効果を持つ。

 デメリットもなく自分フィールド上のカード手札戻す効果によって、様々なコンボを狙うことができる。
 同時に自身を強化することができるが、手札に戻せるのは表側表示カードだけであるため、大幅に攻撃力をアップさせるのは難しい。
 永続魔法を多くデッキに投入することで、攻撃力を飛躍的にアップさせることができ、攻撃力を倍加させることも難しくないだろう。
 ただし、自己強化発動したターンのみであり、相手ターンでは戦闘破壊されやすくなる。

 この効果と相性の良いカードを下記にいくつか示すが、これらのカードはあくまで一例であり、モンスターも含むためその選択肢はかなり多い。
 バウンス用に有益なカードをより多く知りたい場合は、様々な永続魔法永続罠、また【セルフ・バウンス】のページも参照。

 相性の良いデッキとして真っ先に挙げられるのは水属性による【フィフティ・フィフティ】だろう。
 ロックカード自分ターンのみ手札に戻し、総攻撃をした後に再びロックをかけることによって、相手のみ攻撃を制限することが可能になる。

  • DTマスターガイドによれば、氷結界の龍が暴走した時の安全装置として役割を担っていたとの事。
    しかし、龍達の狂乱を食い止めるには至らなかった。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第60話において、囚人が看守に賄賂として渡していた。
    このカード1枚で山盛りの飯がよそわれており、シンクロ次元でも結構な価値のあるカードとして扱われているようだ。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL NEXTのアクションデュエルのアドベンチャーモードの「反撃のジャスティス!!」に登場。
    《A・マインド》を渡され、ワームに気をつけながらA・O・Jの開発現場にいる《霞の谷の執行者》に届ける事がこの話のストーリーである。
    WCS2009での英語名は《Dewloren, Tiger Prince of Ice Barrier》であり、何故か王子扱いだった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象をとりますか?
A:とります。(08/09/24)

Q:戻す行為はコストですか?
A:いいえ、効果です。(08/09/28)

Q:戻す効果で自身を対象にとることはできますか?
A:いいえ、できません。(15/04/02)

Q:トークン融合モンスターシンクロモンスター効果対象にした時、攻撃力を上昇しますか?
A:手札に戻せていないので、手札に戻した数には含まれず上昇しません。(08/12/07)

Q:戻す効果攻撃力が上昇する効果は同時扱いですか?
A:同時ではありません。(09/08/16)

Q:効果解決時このカードが表側表示で存在しない場合、カード戻すことはできますか?
A:はい、できます。(13/10/30)


Tag: 《氷結界の虎王ドゥローレン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 水属性 獣族 攻2000 守1400 氷結界

広告