魔導教士(まどうきょうし) システィ/Justice of Prophecy》

効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1600/守 800
自分が「魔導書」と名のついた魔法カードを発動した
自分のターンのエンドフェイズ時、
フィールド上のこのカードをゲームから除外して発動できる。
デッキから光属性または闇属性の魔法使い族・レベル5以上のモンスター1体と、
「魔導書」と名のついた魔法カード1枚を手札に加える。
「魔導教士 システィ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ABYSS RISINGで登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 魔導書発動ターンエンドフェイズ上級魔法使い族魔導書を1枚ずつサーチする誘発効果を持つ。

 サーチできる魔導書魔法使い族は種類も豊富であり、状況に応じたカードサーチでき、2枚のカード・アドバンテージを得ることができる。
 サーチ対象としては《魔導法士 ジュノン》が最も有力であり、同時に魔導書サーチできる効果のおかげで《魔導法士 ジュノン》自身の特殊召喚がしやすくなる。
 ただし、サーチ公開情報であるため、警戒され対策を取られる可能性がある。
 《魔導召喚士 テンペル》と異なり発動タイミングが自分エンドフェイズなので、展開が次のターン以降になってしまうのも痛いところ。
 その代わりこちらは同名カード効果以外に制限を掛けないため、サーチしたカード以外に展開しておきたいモンスターがいるならばこちらが優先される。

 その効果の関係上、サーチ先がデッキ内にある事が必須条件となる。
 【魔導書】なら魔導書は問題ないとしても、条件を満たす魔法使い族デッキに無いと効果発動する事ができない。
 それが上級モンスターであるため、おのずとデッキ内の枚数も少なくなるのが難点。
 最悪サーチ先が無くなった場合は《魔導弓士 ラムール》と共にエクシーズ素材に使用するのも手である。

 《ヒュグロの魔導書》を併用すれば《ヴェルズ・オピオン》を倒せる程度の攻撃力は持っており、状況次第ではアタッカーとして活用できる。
 その《ヒュグロの魔導書》発動条件を満たす事ができるため、自身の効果との相性も良い。

 先述の通り《魔導法士 ジュノン》との相性が抜群に良いため、【魔導書】ならば採用して間違いはない。
 同条件の魔法使い族リクルートできる《魔導召喚士 テンペル》とは、上級モンスターの取り合いになるので、併用する場合は採用枚数を吟味する必要がある。
 むしろこのカードレベル5以上のサーチという性質から、《究極封印神エクゾディオス》《ネオス・ワイズマン》のような特殊召喚モンスター《墓守の長》《墓守の審神者》のようなアドバンス召喚に意義のあるモンスターのサポートに適している。

  • 名前の由来は、タロットカードの大アルカナの一つ「Justice(正義)」のフランス語での呼び名「Le Justice」だろう。
    正位置では「公正、善行、均衡、誠意」、逆位置では「不正、偏向、不均衡、一方通行」などを意味するカードである。
    伝統的なカード番号は8だが、現在広く用いられる版では11番がふられている。
    • 「The Justice」は「裁判の女神」という呼び名も持つカードであり、右手に剣・左手に天秤を携えた女性の姿で描かれる。
      OCGのこのカードイラストモンスターが持っているアイテムも、それぞれ剣と天秤をモチーフとしている。

関連カード

―《魔導教士 システィ》の姿が見られるカード

このモンスター効果サーチ可能な光属性モンスター一覧

このモンスター効果サーチ可能な闇属性モンスター一覧

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:サーチする効果の種別は何になりますか?
A:誘発効果になります。(12/07/28)

Q:魔導書と名のついた魔法カード発動した後にこのカード召喚などを行った場合でも、このカード効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/07/23)

Q:サーチする効果解決時デッキ光属性または闇属性魔法使い族レベル5以上のモンスター(魔導と名のついた魔法カード)が存在しなくなった場合、魔導と名のついた魔法カード(光属性または闇属性魔法使い族レベル5以上のモンスター)を手札に加える事ができますか?
A:いいえ、できません。(12/07/28)


Tag: 《魔導教士 システィ》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 魔法使い族 攻1600 守800 魔導

広告