万物創世龍(テンサウザンド・ドラゴン)

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻   ?/守   ?
このカードは通常召喚できない。
攻撃力の合計と守備力の合計が、合わせて10000以上になるように
自分フィールドのモンスターをリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):この方法で特殊召喚したこのカードの攻撃力・守備力は10000になる。

 IGNITION ASSAULTで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 攻撃力守備力を10000以上になるようリリースする召喚条件、その方法で特殊召喚した場合に攻撃力守備力を10000にする永続効果を持つ。

 ステータスこそ?だが、種族属性に恵まれておりサーチ手段は多い。
 《妖醒龍ラルバウール》《輝光竜セイファート》等に対応する。

 特殊召喚には、ステータスの合計が10000以上となるようモンスターリリースする必要がある。
 単体で攻守の合計が10000超の《F・G・D》等を使えばリリース1体で出せない事もないが、基本的には攻守の高いモンスター2体か、そこそこの攻守のモンスター3体以上をリリースして出す事になるだろう。
 守備表示特殊召喚された、攻撃制限が掛かっている、あるいは戦闘ダメージを与えられないデメリットがあるモンスター等をリリースして使えば効率的である。
 また、攻撃力守備力は現在のものを参照しているため、自己強化できるモンスターなら1体で条件を満たせるものもある。

 以下、運用やリリースに適したデッキモンスターの例。

 特殊召喚すれば10000と破格の攻撃力を得られ、合計攻撃力はおおよそリリースしたモンスターの合計守備力分上昇することになる。
 直接攻撃するか、攻撃力2000以下の攻撃表示モンスター攻撃すれば一撃で勝負を決められる。
 ただし耐性は一切ないため、一度出したらそのターン中に勝負を決めてしまいたい。
 万全を期すならば、耐性を付与しつつバーン効果1ターンキルラインを広げられる《神縛りの塚》も併用しておくといいだろう。
 直接戦闘で大きな戦闘ダメージを狙えるのはもちろんだが、《カタパルト・タートル》射出しても5000ダメージになる。

  • 遊戯王OCGにおいては「攻守どちらかが尖った数値である方が強く、攻守の値のバランスが良い事は《月の書》等に多少強い程度で大したメリットにならない」という意見が定説であった。
    このカードの登場は攻守の合計値のバランスの良さがメリットとなる機会を増やす事となった。
  • イラストでは随所に「万年筆」の先端を模した意匠が施されたドラゴンが線で描かれた宇宙を吐き出している。
    Vジャンプによると、この線は「超ひも理論(物理学の仮説理論の1つ)」を表しているとのこと。
    また背景には、OCGカードの裏面の渦巻きロゴを添えている。
    • 筆記具の中でも「『万』年筆」であるのは上記同様1万を意識したデザインと思われる。
  • Vジャンプにカードデザイナーのこのカードの独占インタビューが記載されており、「原作の漫画に登場するようなイメージの意匠と、《混沌帝龍 −終焉の使者−》と対になる、終焉を相対した開闢をイメージにしたデザイン」だという。
    《混沌帝龍 −終焉の使者−》とは、向いている構図が対となっており、首のパーツや翼の広がり、角や腕のパーツなどに類似点が見られる。

関連カード

元々のステータスの合計が10000以上となるモンスター

収録パック等


Tag: 《万物創世龍》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 ドラゴン族 攻? 守? 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告