竜魔導(りゅうまどう)守護者(しゅごしゃ)

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。
(2):EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

 Vジャンプ(2018年4月号) 付属カードで登場する闇属性ドラゴン族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に手札コスト1枚を払う事で融合通常魔法またはフュージョン通常魔法サーチできる効果融合モンスターカード名が記されている融合素材1体を裏側守備表示蘇生できる効果を持つ。

 (1)の効果召喚・特殊召喚に成功した場合に手札を1枚捨てることで、「融合通常魔法か「フュージョン通常魔法サーチする効果
 サーチ先が通常魔法に限定されているため、墓地肥やしとして出張させやすい《ブリリアント・フュージョン》《未来融合−フューチャー・フュージョン》などはサーチできない。
 《簡易融合》サーチこそ可能だが、シンクロ素材等にして自壊を踏み倒すことができないため、活用法がやや制限される。
 フィールド融合できるカードサーチし、(2)の効果で集めた融合素材と共に融合召喚を狙うのが基本となるだろう。
 このカード自身もドラゴン族闇属性として融合素材に組み込める組み合わせは複数あり、無理なく活用できる。

 類似するカードは少なくないが、このカードは特定の1枚ではなく融合フュージョンの多くをサーチできる汎用性が魅力となる。
 カテゴリ専用の融合召喚を行うカードを持つデッキにおいてもそのサーチ手段として選択肢に入り、カテゴリ外の融合通常魔法出張させる選択肢にも繋げやすい。

 ただし、消費の多い融合召喚のため、サーチのための手札コスト消費は軽視できるものではない。
 墓地発動するものや、(2)の効果蘇生するものなどを使い、可能な限り消費を抑える運用が重要となってくる。
 また、ハンド・アドバンテージや先の展開を考える場合、融合召喚手段そのものではなく《融合回収》等をサーチするのも選択肢となる。

 (2)の効果融合素材裏側守備表示蘇生させる効果
 裏側守備表示での蘇生となるため運用は制限されるが、融合素材表示形式を問わないため問題なく活用できる。
 融合素材フィールドでの効果発動させられないが、墓地へ送られた場合の効果であれば適用される。
 《クリッチー》融合素材となる《クリッター》《黒き森のウィッチ》蘇生すれば、このカードとともに《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》融合召喚しつつサーチを行える。
 【コンタクト融合】【レインボー・ネオス】では《融合識別》サーチしつつ《E・HERO ネオス》蘇生する事で目的の融合モンスターを出しやすくなる。

 難点として、2つの効果のどちらかでも使用すると、融合モンスター以外の展開に制限がかかってしまう。
 融合モンスター特化のデッキであっても、展開のためのリンクマーカーを置けない点は無視できないことが多く、ラッシュには向かないと言える。

 2つの効果はともに融合召喚を軸とするデッキでは幅広く活用できるものとなっている。
 【E・HERO】における《E・HERO ブレイズマン》のような競合先を持つデッキも多いが、このカード《ミラクル・フュージョン》等をサーチできる手段として差別化可能。
 とはいえ、あくまでカテゴリ等に属さないモンスターである点には留意し選択する必要があるだろう。

 闇属性ドラゴン族であるため、【獣族】に採用すれば《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》特殊召喚も容易となる。
 手札コストに関しても魔轟神獣によってフォローが可能。
 あちらの効果外テキストにより融合カード無しでも(2)の効果のみで特殊召喚できるのが利点。
 あるいは(1)でサーチした《簡易融合》による《フラワー・ウルフ》を経由して呼び出すのも良いだろう。

 融合フュージョンサーチし、自身を含めてモンスターを2体並べる効果は、出張要因としてよく使われる《捕食植物オフリス・スコーピオ》《捕食植物ダーリング・コブラ》コンボと類似している。
 それぞれ少しずつ差があり一長一短なので、どちらを採用するかはデッキとの相性による。
 デッキによっては両方を採用するのも選択肢としてアリだろう。

  1. 《融合》を捨て《円融魔術》サーチ
    《円融魔術》《ブラック・マジシャン》《沼地の魔神王》を素材に《超魔導剣士−ブラック・パラディン》融合召喚
    《竜魔導の守護者》《竜騎士ブラック・マジシャン》がいるので攻撃力は3900になる。
  2. 《融合》を捨て《融合回収》サーチ
    フィールド《竜騎士ブラック・マジシャン》サルベージした《ブラック・マジシャン》《捕食植物ドラゴスタペリア》融合召喚
    《竜魔導の守護者》効果で、《竜騎士ブラック・マジシャン》蘇生する。

関連カード

サーチ可能な融合通常魔法こちらフュージョン通常魔法こちらを参照。

このカード融合素材融合召喚できるモンスター

 ※が付いたものはもう片方の融合素材を(2)の効果で用意できる融合モンスター

闇属性指定

―同じ属性種族が異なるモンスター

ドラゴン族指定

闇属性ドラゴン族指定

攻撃力指定

効果モンスター指定

収録パック等


広告