【ウィジャ(ばん)

デッキの概要

 《ウィジャ盤》効果で「死のメッセージ」を揃え、勝利することを目的とするデッキ
 【エクゾディア】【終焉のカウントダウン】と並ぶ初期からある特殊勝利デッキの1つだが、その中では最も特殊勝利達成が難しいとされる。
 ただし《ダーク・サンクチュアリ》の登場により、その難易度は大きく軽減された。

《ウィジャ盤/Destiny Board》
永続罠
このカードと「死のメッセージ」カード4種類が
自分フィールドに揃った時、自分はデュエルに勝利する。
(1):相手エンドフェイズにこの効果を発動する。
手札・デッキから、「死のメッセージ」カード1枚を
「E」「A」「T」「H」の順番で自分の魔法&罠カードゾーンに出す。
(2):自分フィールドの「ウィジャ盤」または「死のメッセージ」カードがフィールドから離れた時に
自分フィールドの「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードは全て墓地へ送られる。
《ダーク・サンクチュアリ》
フィールド魔法
(1):自分の「ウィジャ盤」の効果で「死のメッセージ」カードを出す場合、
そのカードを通常モンスター(悪魔族・闇・星1・攻/守0)として特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したカードは「ウィジャ盤」以外のカードの効果を受けず、
攻撃対象にされない(この効果が適用されたモンスターしか
自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動する。
コイントスを1回行う。
表だった場合、その攻撃を無効にし、その相手モンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

デッキ構築に際して

 《ウィジャ盤》は本来、魔法&罠ゾーン5箇所を全て使用しないと特殊勝利の条件を満たせないが、この条件はカウンター罠等の《ウィジャ盤》を守るカードとあまりに相性が悪い。
 よって、専用サポートカード《ダーク・サンクチュアリ》によって死のメッセージモンスターゾーンに置くのが基本となる。

《ウィジャ盤》と「死のメッセージ」カードについて

その他のカードについて

このデッキでは相手ライフポイントを削る必要がないため、モンスターが極端に少なく、魔法・罠カードが多い構成になりやすい。
ビートダウンデッキのようにモンスターが引けないと手札事故という訳ではないので、採用に際しては「モンスターか魔法・罠か」より「何ができるか」が重視される。
本項でもカードの種類ではなく、その役割別に主なカードを紹介する。

戦術

 目標はごく単純で、ドロー加速を利用して《ウィジャ盤》《ダーク・サンクチュアリ》を場に揃え、あらゆるカードを用いて守りきるだけである。
 複雑なコンボの類もないため初心者でも扱いやすいが、いくつかプレイング上のコツがあるので覚えておきたい。

デッキの種類

ドローロック

 【ウィジャ盤】にとって一番危険なのは、相手手札にある除去カードもだが、ドローによって起こりうる「予想外の一手」である。
 特に残り一枚で死のメッセージが揃うタイミングで、ドローした《サイクロン》等を撃たれて阻止されたとなっては、無念という他ない。
 その問題をドローロックを行う事で解消したのが、このデッキの最大の特徴である。
 《ウィジャ盤》を発動させた後《鳳翼の爆風》《振り出し》《風帝ライザー》《フェンリル》《伝説の柔術家》等を使用し、何ターンにも渡るドローロックを行う。
 それに合わせて《はたき落とし》《強烈なはたき落とし》を用いてドローしたカードを使わせる前に墓地へ送るのもいい。
 うまく決まれば、相手はただ黙って《ウィジャ盤》完成を待つしかなくなるだろう。

【スターダスト・ドラゴン/バスター】

 フィールドに出す事に成功すれば、強力な制圧力を誇る《スターダスト・ドラゴン/バスター》を用いて《ウィジャ盤》を守るデッキ
 【ウィジャ盤】と【スターダスト・ドラゴン/バスター】という二つのデッキタイプを組み合わせる故に構築難易度は高いかと思われるが、《不幸を告げる黒猫》《ウィジャ盤》《バスター・モード》の両方をサーチできる上、【やりくりターボ】要素も採用しやすいので、意外と相性はいい。
 《スターダスト・ドラゴン/バスター》は無敵ではないものの、対策されてない限りは、《ウィジャ盤》の完成を大きく手助けしてくれる。
 難があるとすれば、「《ウィジャ盤》を揃えるよりも《スターダスト・ドラゴン/バスター》ビートダウンした方が早いのでは?」という本末転倒に近い疑問を常に感じる事だろうか。

【岩石族】

 自身をリリースする事でそれぞれモンスター効果罠カード魔法カード無効化できる《コアキメイル・ガーディアン》《コアキメイル・サンドマン》《コアキメイル・ウォール》が存在し、《伝説の柔術家》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》も有する岩石族を主軸としたデッキ
 三種類の岩石族コアキメイルによってカウンター罠以外のカードを対処できる様になるのが、最大の強みである。
 また、《メガロック・ドラゴン》《地球巨人 ガイア・プレート》を採用していれば、例え《ウィジャ盤》による特殊勝利ができなくなったとしても、これらをフィニッシャーとしてビートダウンによる勝利を狙う事もできる。

【天使族】

 天使族戦闘破壊耐性を持つモンスターが多い点、《天魔神 インヴィシル》効果を生かせる点、各種宣告者とのシナジーが抜群な点等を考慮したタイプのデッキ
 《ウィジャ盤》発動させた後は、宣告者相手魔法・罠除去カードをカウンターしたり、《天魔神 インヴィシル》効果魔法カードを押さえつけておき、完成を目指す。
 このデッキならば《RAI−MEI》を採用できる。
 雷族故に宣告者コストになれないのは残念だが、戦闘破壊によって宣告者サーチしてこれるのが利点である。
 更に特殊召喚を殆ど行わない上に天使族が多数入る為、《大天使クリスティア》も採用できる。
 特殊召喚封じも相手だけに作用し、自己サルベージ効果によって宣告者コストを用意できるからである。
 万が一《ウィジャ盤》による特殊勝利ができなくなったとしても、攻撃力2800と自己再生能力によってビートダウンによる勝利も狙えるのは、【エクゾディア】【終焉のカウントダウン】には真似できない芸当であり、利点だといえるだろう。

【神光の宣告者】

 【天使族】型の更に派生型。
 手札から天使族を一枚捨てるだけで殆どの魔法カード罠カードモンスター効果をカウンターできる強力な儀式モンスター《神光の宣告者》を用いて《ウィジャ盤》を守るデッキ
 【ウィジャ盤】と【神光の宣告者】の2つを組み合わせることになる為、デッキ構築難易度はかなり高いといえる。
 サーチャーであり、天使族でもある《マンジュ・ゴッド》は3枚確定の必須カードであり、レベル2の宣告者も複数枚採用を検討できる。
 儀式召喚用のコストだが、《高等儀式術》《宣告者の預言》の両方に対応している《逆転の女神》が最も使いやすく、《宣告者の預言》の場合は他にも宣告者1枚+《マンジュ・ゴッド》等でも工面できる。
 《神光の宣告者》フィールドにあり、手札に充分な枚数の天使族があれば、《ウィジャ盤》を阻止される事はそうないといえる。
 《大天使クリスティア》特殊召喚も封じれば勝利をより確実な物にできるが、この2体が揃っているなら《ウィジャ盤》を維持せずに殴っていくほうがてっとり早いだろう。
 《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》は(1)の効果により儀式召喚をサポート可能な上、また、(2)の効果により墓地へ送られた死のメッセージデッキに戻せる。
 フィールド魔法故に《ダーク・サンクチュアリ》と同時にフィールドには置けないが《テラ・フォーミング》を共有できる利点とも取れる。

ビートダウン

 「《ウィジャ盤》そのものをブラフにする」という大胆な発想のデッキ
 《ウィジャ盤》を発動させると相手はそれを除去する事を優先する様になるので、その隙を突いてビートダウンによる勝利を目指す。
 その為《ウィジャ盤》を守るカードは殆ど採用する必要が無くなり、開いたスペースにビートダウン用のカードを入れていく事ができる。
 魔法&罠カードゾーンカードが溜まる特性上《龍脈に棲む者》とのシナジーは抜群であり、《バッド・エンド・クイーン・ドラゴン》等の厳しい召喚条件死のメッセージや他の永続魔法カードを使えば容易に捻出する事も可能。
 他の魔法・罠カード除去に狙われにくくなる点を考慮して、《波動キャノン》を積むのもいい。
 ビートダウンの手助けになるだけではなく、更なるプレッシャーを相手に与える事ができるであろう。

このデッキの弱点

 死のメッセージ墓地に落ちると言う事は実質敗北と同じなので、ハンデスデッキ破壊は天敵だといえる。
 また、デッキ構築のほとんどを魔法・罠除去対策に費やす為、【フルバーン】【チェーンバーン】にはとても弱い。
 サイドデッキ《DDD反骨王レオニダス》《マテリアルドラゴン》を投入しておくのも手だろう。
 《スターダスト・ドラゴン》のためにチューナーを採用しているデッキならば、《ブラックフェザー・ドラゴン》でもよい。

このデッキの歴史

 【エクゾディア】に次ぐ歴史ある特殊勝利デッキであり、同時に長らく「最も達成の難しい特殊勝利」と言われていた。

第2〜5期(2000年〜2008年)

 《ウィジャ盤》は本来魔法&罠カードゾーン(当時)5箇所を全て使わないと特殊勝利が成立しない。
 このため、防御を主体とする特殊勝利デッキでありながら、《ウィジャ盤》除去するカードへのカウンター罠や、永続魔法等による攻撃阻害ができないという、大きな欠点を抱えていた。
 当時は今日ほど除去の横行する時代ではなかったが、それでも《ウィジャ盤》死のメッセージをノーガードで晒しておくのはあまりに危険であった。
 また死のメッセージ墓地から出せない都合上ハンデスにも弱く、ハンデス三種の神器などで死のメッセージを1枚でも落とされると敗北が確定することも珍しくなかった。

―当時のデッキ構築について

第6〜8期(2008年〜2014年)

 第6期以降は除去対策として極めて優秀な《スターダスト・ドラゴン》や、《エフェクト・ヴェーラー》をはじめとする手札誘発カードが充実。
 【岩石コアキメイル】【神光の宣告者】との混成型なども研究され、モンスターによるパーミッション自体は行い易くなった。
 しかし、それ以上に多くのデッキ除去が簡単に撃てるようになってしまい、結局のところ第2期当時よりも成功率は大幅に下がっている。

第9期(2014年〜)

 デュエリストパック−王の記憶編−で登場した《ダーク・サンクチュアリ》が、上記の問題を一挙に解決した。
 モンスターゾーン死のメッセージを置くことで魔法&罠ゾーンの圧迫から開放され、カウンター罠等の扱いやすいカウンター手段が使用可能となったのが最大のメリットである。
 またモンスターゾーン死のメッセージは一切の効果攻撃を受け付けないため、《ウィジャ盤》1枚の死守に専念できる。
 加えて1/2の確率攻撃無効にする効果により、《ウィジャ盤》が揃う前にプレイヤーライフポイントが0になる危険性も抑えられるようになった。
 これにより、かつてのような構築難度ではなくなった。

代表的なカード

関連リンク

広告