【ウォーター・ドラゴン】

デッキの概要

 ボンディングによって特殊召喚される《ウォーター・ドラゴン−クラスター》《ウォーター・ドラゴン》を主軸としたデッキ
 ボンディングコストとなるモンスターはいずれも恐竜族のため、【恐竜族】との混合構築になりやすい。

《ウォーター・ドラゴン−クラスター/Water Dragon Cluster》
特殊召喚・効果モンスター
星10/水属性/海竜族/攻2800/守2600
このカードは通常召喚できない。
「ボンディング」魔法・罠カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの効果モンスターはターン終了時まで、
攻撃力が0になり、効果を発動できない。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「ウォーター・ドラゴン」2体を
召喚条件を無視して守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
《ウォーター・ドラゴン/Water Dragon》
特殊召喚・効果モンスター
星8/水属性/海竜族/攻2800/守2600
このカードは通常召喚できない。
「ボンディング−H2O」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの炎属性モンスター及び炎族モンスターの攻撃力は0になる。
(2):このカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地の「ハイドロゲドン」2体と「オキシゲドン」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
《デューテリオン/Duoterion》
効果モンスター
星5/水属性/恐竜族/攻2000/守1400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「ボンディング」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」「デューテリオン」のいずれか1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ボンディング特殊召喚できるモンスター
 いずれのボンディング墓地からの特殊召喚に対応するため、手札コストにしても問題ない。
 ただし、《ウォーター・ドラゴン−クラスター》での《ウォーター・ドラゴン》特殊召喚墓地から行うことができない。
 《ボンディング−DHO》墓地効果サルベージは可能だが、2体目以降の《ウォーター・ドラゴン》手札コストとして墓地へ送る際は注意が必要となる。

ボンディングコストとなるモンスター

―相性の良い恐竜族モンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

ボンディング
 《ウォーター・ドラゴン》または《ウォーター・ドラゴン−クラスター》特殊召喚する効果を持つ。
 コスト特殊召喚先などがそれぞれ異なるため、メインにするカードによって若干構築が変わってくる。

恐竜族サポートカード

―その他相性の良い魔法・罠カード

戦術

 恐竜族サポートカードなどによってボンディングコストを揃え、《ウォーター・ドラゴン−クラスター》などの特殊召喚を狙う。
 ボンディング特殊召喚先だけではゲームエンドに持っていくパワーが足りないため、エクシーズモンスターなどを併用してアタッカーを確保すると良い。

デッキの派生

【ウォーターダイヤモンド】

 《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果により、《ボンディング−D2O》《ボンディング−H2O》コストを無視して発動させることを狙うデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

このデッキの弱点

 メインとなるモンスター除去カウンターなどの効果を持たないため、戦法の選択肢が狭い。
 サーチ特殊召喚が軸となるため、それらを封じられると半端なアタッカーしか出せず、手詰まりになりやすい。
 汎用カードによる、除去や防御などの補完は必須となる。

代表的なカード

関連リンク

広告