【エンジェル・パーミッション】

デッキの概要

 カウンター罠に関連する効果を持つ天使族モンスターを中心としたパーミッションデッキ
 【天使族】の一種であり、【カウンター天使】とも呼ばれる。

 従来の【パーミッション】よりもカウンター罠とのコンボを多用するため、フィールドモンスターを維持する事が重要となる。
 《デス・ラクーダ》《ワーム・リンクス》よりも戦闘に強いため、より攻撃的に戦えたり、魔法・罠カードが少なくても維持しやすい利点もある。

 フィニッシャーには《裁きを下す者−ボルテニス》が採用される事が多く、この特殊召喚を目標に天使族を展開していく。

《裁きを下す者−ボルテニス/Voltanis the Adjudicator》
効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守1400
自分のカウンター罠が発動に成功した場合、
自分フィールド上のモンスターを全て生け贄に捧げる事で特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した場合、生け贄に捧げた天使族モンスターの数まで
相手フィールド上のカードを破壊する事ができる。
《豊穣のアルテミス/Bountiful Artemis》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1600/守1700
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手がカウンター罠カードを発動する度に、自分はデッキから1枚ドローする。
《解放のアリアドネ/Guiding Ariadne》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1700/守 800
【Pスケール:青3/赤3】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、以下の効果を適用する。
●自分はカウンター罠カードを発動するために払うLPが必要なくなる。
●自分はカウンター罠カードを発動するために捨てる手札が必要なくなる。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからカウンター罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中から1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。
《力天使ヴァルキリア》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守1050
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合に発動する。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

デッキ構築に際して

 後述のデッキの派生にある通り、軸とするカードにより組み方は変化する。
 ここでは、どのタイプにも採用しやすいカードをまとめる。

モンスターカードについて

カウンター罠に関する効果を持つ天使族モンスター
 基本的にこれらのカード群を軸として構築をしていく。
 大半のモンスターに言える事だが、カウンター罠が上手く機能しないと何も効果を持たない準アタッカーであるため、採用するカウンター罠の種類には気を配る必要がある。

―それ以外の天使族モンスター

天使族以外のモンスター

魔法・罠カードについて

 パーミッションデッキとして、カウンター罠を中心に採用する。

カウンター罠

―その他の魔法・罠カード

デッキの派生

《裁きを下す者−ボルテニス》

 《裁きを下す者−ボルテニス》は、このデッキの天敵である《王宮のお触れ》発動後でも召喚でき、これを破壊できる。

 《冥王竜ヴァンダルギオン》と異なり、カウンター罠で「無効にする」必要がないため、採用できるカードは豊富。
 《神の宣告》《天罰》《マジック・ジャマー》等に加え、《キックバック》《攻撃の無力化》も採用できる。
 リリースにはカウンター罠で守った、《人造天使》《豊穣のアルテミス》《天空聖者メルティウス》等を使用しよう。
 安定性を高めるために、妥協召喚できる《光神機−桜火》を採用しても良い。

 《豊穣のアルテミス》によるドロー加速を最優先に考え、フィールドが整ったら《裁きを下す者−ボルテニス》を切り込ませる。
 その後もカウンター罠の連打で護り抜き、ペースを掌握しよう。

《天空の聖域》

 【天空の聖域】と混合する事で《天空聖者メルティウス》《天空賢者ミネルヴァ》の追加効果適用させ、《神罰》を運用可能とする。

 《天空の聖域》サーチするために《天空の使者 ゼラディアス》必須
 《コーリング・ノヴァ》ドローソースの1つとなる《天空騎士パーシアス》リクルートする手もある。

 元より必須カードの多い【パーミッション】にさらにフィールド魔法サポートカードを投入する事になるため、構築難度は高い。
 その分、モンスターを並べた時の制圧力は高く、1回のカウンターから大きなアドバンテージを得られる。

《救済のレイヤード》除外

 《救済のレイヤード》を採用した、除外パーミッションデッキ
 《救済のレイヤード》が一度に二枚のカードを回収する性質上、除外ゾーンの天使族を高速で増やせるギミックが必要となる。

 天使族除外できるカードとしては、まず《天空聖騎士アークパーシアス》《妖精伝姫−シラユキ》《The blazing MARS》のような、特殊召喚コスト除外ができるカードが扱いやすい。
 中でも《妖精伝姫−シラユキ》《天空聖騎士アークパーシアス》墓地肥しが不要なため優先的に採用したい。
 それ以外では起動効果天使族除外できる《マスター・ヒュペリオン》《放浪の勇者 フリード》《死霊の巣》あたりも採用候補だろう。
 除外役兼メタカードとして《マクロコスモス》《次元の裂け目》を採用してもよいが、前述のカードとは噛み合いが悪いことには注意。

 手札が増えるとはいえ無為に溜まっては意味がないので、手札にある天使族の使い道にも気を配りたい。
 わかりやすい例では《天空の宝札》《ツインツイスター》、およびカウンター罠手札コストとして消費する、といった用途のほか、天使族として《ヘカテリス》《オネスト》宣告者のような手札誘発モンスターを使用するなどがその例。

 コスト調達という点では比較的分があるデッキなので、カウンター罠は可能な限り有効なものを選択したい。

《天魔神 インヴィシル》魔法カード封殺型

 光属性天使族リリースして召喚する事で、《王宮の勅命》効果を得る《天魔神 インヴィシル》を投入したタイプ。
 パーミッションコントロールの2タイプを併せ持ち、その性質は【お触れホルス】に近いものがある。
 《天魔神 インヴィシル》の性質上、魔法カードはほぼ採用しない構築になる。
 リリース要員は人造天使トークン《ジェルエンデュオ》《マシュマロン》《アルカナフォース0−THE FOOL》など、豊富に存在する。

 効果モンスター対策として《エンジェルO7》《朱光の宣告者》を採用し、より広範囲のロックを狙っても良いだろう。

 《天魔神 インヴィシル》上級モンスターの割には攻撃力が低いので戦闘破壊されやすい。
 《収縮》などの魔法カードが使えず、《オネスト》などの光属性サポートも受けられないため、カウンター罠による召喚無効や、《次元幽閉》などの除去カードを活用したい。
 魔法カードへのカウンター要素を削れる分、《天罰》《昇天の黒角笛》を多めにするのが無難か。

【宣告者パーミッション】

 宣告者3種を軸に手札からのカウンター相手の戦術を崩す。
 かつては、《王宮の弾圧》を採用した型が多かったが、現在は禁止カードであるため、これを軸とした運用はできなくなっている。
 このため、通常の【エンジェル・パーミッション】との差があまりなくなっている。

【カオス】

 《冥王竜ヴァンダルギオン》などの相性の良い闇属性モンスターを採用する事で、カオスモンスターを組み込める。
 積極的に墓地を肥やす事は難しいため、カオス自体の採用枚数は控え目にするべきだろう。

このデッキの弱点

 他の【パーミッション】系のデッキと同様、《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》は天敵となる。
 前者を戦闘破壊できる《光神機−桜火》や、後者を除去できる《裁きを下す者−ボルテニス》は温存しておきたい。
 《オネスト》を採用するのも良いが、その場合は《閃光の追放者》などとアンチシナジーである事を覚えておきたい。
 また、既にフィールドに出ているカードへの干渉力、劣勢に立たされた時の巻き返し力が弱いという欠点がある。
 フィールドカードが集中しやすい上、置いてあるカードを動かしにくい事から、全体除去を撃たれたり、《威光魔人》のような発動を伴わないカードに居座られたりすれば敗色濃厚となってしまう。
 これらに対して後からでも対応できる、《地砕き》などのカードを用意しておくのも手だろう。

 効果モンスターに依存するため、《スキルドレイン》も高確率で刺さる
 《天空聖者メルティウス》《豊穣のアルテミス》バニラ同然となり、《裁きを下す者−ボルテニス》特殊召喚こそ可能なものの、ほとんどの場合でディスアドバンテージを被る。
 《サイクロン》の他、《紫光の宣告者》等で対応したい。

代表的なカード

関連リンク

広告