【エンジェル・パーミッション】

デッキの概要

 カウンター罠と相性の良い天使族モンスターを中心としたパーミッションデッキ
 【天使族】の一種であり、【カウンター天使】とも呼ばれることも多い。

 従来の【パーミッション】と比較して《豊穣のアルテミス》の優先度が高く、効果によりカウンター罠への依存度も高くなる。
 《デス・ラクーダ》《ワーム・リンクス》よりも戦闘に強いため、より攻撃的に戦えたり、魔法・罠カードが少なくても維持しやすい利点もある。

 フィニッシャーには《裁きを下す者−ボルテニス》を選択されることが多く、特殊召喚のためにフィールド上に天使族カウンター罠を効果的に揃えることを目指すのが戦術となる。

《裁きを下す者−ボルテニス/Voltanis the Adjudicator》
効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守1400
自分のカウンター罠が発動に成功した場合、
自分フィールド上のモンスターを全て生け贄に捧げる事で特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した場合、生け贄に捧げた天使族モンスターの数まで
相手フィールド上のカードを破壊する事ができる。
《豊穣のアルテミス/Bountiful Artemis》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1600/守1700
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
カウンター罠が発動される度に自分のデッキからカードを1枚ドローする。
《解放のアリアドネ/Guiding Ariadne》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1700/守 800
【Pスケール:青3/赤3】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、以下の効果を適用する。
●自分はカウンター罠カードを発動するために払うLPが必要なくなる。
●自分はカウンター罠カードを発動するために捨てる手札が必要なくなる。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからカウンター罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中から1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。

デッキ構築に際して

 後述のデッキの派生にある通り、軸とするカードにより組み方は変化する。
 ここでは、どのタイプにも採用しやすいカードをまとめる。
 この他には、《オネスト》《マシュマロン》《コーリング・ノヴァ》等の【天使族】における必須カードも採用できる。

モンスターカードについて

カウンター罠に関する効果を持つ天使族モンスター

―それ以外のモンスター

デッキタイプによっては採用が検討されるモンスター

魔法・罠カードについて

 パーミッションデッキとして、カウンター罠を中心に採用する。

カウンター罠

―その他の魔法・罠カード

デッキの派生

《裁きを下す者−ボルテニス》

 《裁きを下す者−ボルテニス》は、このデッキの天敵である《王宮のお触れ》発動後でも召喚でき、これを破壊できる。

 《冥王竜ヴァンダルギオン》と異なり、カウンター罠で「無効にする」必要がないため、採用できるカードは豊富。
 《神の宣告》《天罰》《マジック・ジャマー》等に加え、《キックバック》《攻撃の無力化》も採用できる。
 リリースにはカウンター罠で守った、《人造天使》《豊穣のアルテミス》《天空聖者メルティウス》等を使用しよう。
 安定性を高めるために、妥協召喚できる《光神機−桜火》を採用しても良い。

 《豊穣のアルテミス》によるドロー加速を最優先に考え、フィールドが整ったら《裁きを下す者−ボルテニス》を切り込ませる。
 その後もカウンター罠の連打で護り抜き、ペースを掌握しよう。

【天空の聖域】

 【天空の聖域】と混合することで《天空聖者メルティウス》破壊効果適用させ、カウンターコストによるディスアドバンテージを軽減すると共に、《神罰》を運用可能とする。
 《豊穣のアルテミス》と共に並べて《強烈なはたき落とし》発動すれば、ドローサーチ無効化した上に相手カードを1枚破壊回復ドローと莫大なアドバンテージを叩き出すことが可能。

 《天空の聖域》サーチするために《天空の使者 ゼラディアス》必須
 《ジェルエンデュオ》アタッカーとして使用できるため、《裁きを下す者−ボルテニス》リリース確保が容易となるメリットもある。
 《コーリング・ノヴァ》ドローソースの一つとなる《天空騎士パーシアス》リクルートする手もある。
 また、全体的に低めな打点をカバーするためにSinの投入も検討できる。

 元より必須カードの多い【パーミッション】にさらにフィールド魔法サポートカードを投入することになるため、構築難度は高い。
 基本的には《天空聖者メルティウス》を中心として安定性を重視し、無駄は極力省いていきたい。

《救済のレイヤード》除外

 《救済のレイヤード》を採用した、除外パーミッションデッキ
 まず、墓地に行く筈のカード除外する天使族モンスター《閃光の追放者》《光の追放者》を起用する。
 更に、除外する手段として、発動タイミングを選ばない《マクロコスモス》を起用しておく。
 併せて、全体除去効果を持つ速攻魔法である《グランドクロス》の採用も悪くはない。
 天使族限定の帰還効果を持つ《奇跡の光臨》も有効活用したい。
 《死霊の巣》《魂を喰らう者 バズー》等で任意の数を除外しても良い。

 アタッカーとしては、妥協召喚ができる天使族モンスター《光神機−桜火》を採用したい。
 再利用できる単体除去としても運用でき、ダイレクトアタック時には大きくライフを削ってくれる。
 防御面を期待できないのが欠点ではあるが、《人造人間−サイコ・ショッカー》対策としても機能する。
 なお、この型では《解放のアリアドネ》エクストラデッキに行かず除外される為、これを回収する事で《解放のアリアドネ》サーチ効果を何度も使い回したり、サーチした上でペンデュラム効果を利用したりといった芸当が可能になる。

 多くのカウンター罠を必要とし、肝とするため、可能な限り有効なものを選択したい。
 《サイバー・ドラゴン》《ダーク・アームド・ドラゴン》《裁きの龍》シンクロモンスター対策に《昇天の黒角笛》をはじめ、《E・HERO エアーマン》《魔導戦士 ブレイカー》対策に《畳返し》も検討できる。
 ただし、《昇天の黒角笛》《冥府の使者ゴーズ》のような「チェーンブロックを作る特殊召喚」には対応できない。
 これら「チェーンブロックを作るモンスター効果特殊召喚」は《天罰》で対応していきたい。

《天魔神 インヴィシル》魔法カード封殺型

 光属性天使族リリースして召喚することで、《王宮の勅命》効果を得る《天魔神 インヴィシル》を投入したタイプ。
 パーミッションコントロールの2タイプを併せ持ち、その性質は【お触れホルス】に近いものがある。
 《天魔神 インヴィシル》の性質上、魔法カードはほとんど0の構築になる。
 場合によっては《サイクロン》等のパワーカードも抜くことになるだろう。

 人造天使トークン《ジェルエンデュオ》《マシュマロン》《アルカナフォース0−THE FOOL》など、リリース要員候補は豊富に存在する。
 《天魔神 インヴィシル》は一切の特殊召喚が出来ないが、手札でだぶついた場合は《天罰》等の手札コストにしてしまえばいい。

 《The splendid VENUS》を投入し、自分だけが一方的に魔法カードを使用するのも面白い。
 あるいは効果モンスター対策として《エンジェルO7》《朱光の宣告者》を採用し、より広範囲のロックを狙ってもよいだろう。
 最上級モンスターを投入する場合は、《ジェルエンデュオ》《アルカナフォース0−THE FOOL》も多めに投入したい。

 《天魔神 インヴィシル》上級モンスターの割には攻撃力が低いので戦闘破壊されやすい。
 《収縮》《突進》などの魔法カードが使えず、《オネスト》等の光属性サポートも受けられないため、《鎖付き爆弾》などの戦闘補助や、《次元幽閉》などの除去カードをフル活用する必要がある。
 魔法カードへのカウンター要素を削れる分、《天罰》《昇天の黒角笛》を多めにするのが無難か。

【宣告者パーミッション】

 下級モンスター宣告者3種を中心に、《豊穣のアルテミス》《ジェルエンデュオ》《コーリング・ノヴァ》《オネスト》《ハネワタ》を採用していく。
 上級モンスター《天魔神 インヴィシル》を1、2枚が基本。
 その他は、単体で強いモンスターが採用圏内だろう。

 動かし方は、単純にそれぞれのカードを使えるときに使っていくだけである。
 打撃力が低く、巻き返しが厳しいというパーミッションの短所を極端にしたデッキであるので1〜3ターン目あたりの展開が最も重要。
 とにかく、相手アドバンテージをとらせないようにしたい。

  • かつては、《王宮の弾圧》を採用した型が多かった。
    現在は禁止カードになっているため、これを軸とした採用はできなくなっている。
    逆に言えば、このために通常の【エンジェル・パーミッション】との差があまりなくなっている。

【カオス】

 《冥王竜ヴァンダルギオン》《ダーク・ボルテニス》など相性のいい闇属性モンスターを採用することで、無理なくカオスモンスターを組み込める。
 《豊穣のアルテミス》によって手札が減りにくくなることを活かして《トラゴエディア》を採用するのもいい。
 ライトロード《カードガンナー》によって墓地肥やしを行い、墓地に落ちた罠カード《闇の仮面》《智天使ハーヴェスト》で回収するのも一つの手だろう。
 上記の《救済のレイヤード》デッキとの組合せも可能である。
 その他、《魔導雑貨商人》などが採用できる。

このデッキの弱点

 他の【パーミッション】系のデッキと同様、《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》は天敵となる。
 前者を戦闘破壊できる《光神機−桜火》や、後者を除去できる《裁きを下す者−ボルテニス》は温存しておきたい。
 《オネスト》を採用するのも良いが、その場合は《閃光の追放者》アンチシナジーである事を覚えておきたい。

 効果モンスターに依存するタイプが多いため、《スキルドレイン》も高確率で刺さる
 《天空聖者メルティウス》《豊穣のアルテミス》バニラ同然となり、《裁きを下す者−ボルテニス》特殊召喚こそ可能なものの、効果発動できないためほとんどの場合でディスアドバンテージを被る。
 《サイクロン》の他、《紫光の宣告者》等で対応したい。

 また、《マシュマロン》《魂を削る死霊》等、戦闘破壊されないモンスターに手も足も出ない事がある。
 《マシュマロン》ならば《天罰》で対処できるが、問題は《魂を削る死霊》である。
 《サンダー・ブレイク》等の除去カードの他、《天空騎士パーシアス》等の攻撃的な効果を持つ天使族を採用しても良い。
 余裕があればサイドデッキ《エネミーコントローラー》《地砕き》など対処できるカードを用意しておこう。

代表的なカード

関連リンク

広告