【サイバー・エンジェル】

デッキの概要

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場したサイバー・エンジェルを主軸とする儀式召喚デッキ
 リリースされる事で効果発動するサイバー・エンジェルモンスター儀式召喚に利用し、儀式召喚アドバンテージに繋げていく。
 儀式モンスター全体をサポートする効果が多く、サイバー・エンジェル以外の儀式モンスターと連携しやすいのが特徴。

《サイバー・プチ・エンジェル/Cyber Petit Angel》
効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 300/守 200
「サイバー・プチ・エンジェル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「サイバー・エンジェル」モンスター1体または
「機械天使の儀式」1枚を手札に加える。
《機械天使の儀式/Machine Angel Ritual》
儀式魔法
「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):自分フィールドの光属性モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
《祝福の教会−リチューアル・チャーチ/Ritual Sanctuary》
フィールド魔法
「祝福の教会−リチューアル・チャーチ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、
デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 後述する《儀式の下準備》との相性の都合上、このデッキサイバー・エンジェルだけで組むより、他の儀式モンスターと混成した方が動きやすいという珍しいデッキである。
 本ページでも基本的にサイバー・エンジェル以外の儀式モンスターとの混成デッキを前提に解説する。

 このデッキでは《サイバー・エンジェル−弁天−》リリース儀式召喚を行う事で次のカードサーチするため、儀式召喚自体がデッキ回転させるエンジンとなっている。
 儀式召喚を行えないと何も始まらないため、儀式召喚パーツのサーチカードは多めに採用したい。

メインデッキモンスターについて

 《サイバー・エンジェル−弁天−》サーチできる光属性天使族モンスターを中心に採用する。

サイバー・エンジェル儀式モンスター

―その他の儀式モンスター
 《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》光属性儀式モンスターサーチする効果を持つため、サイバー・エンジェル以外でも光属性儀式モンスターを無理なく組み込む事ができる。
 一般に、複数種の儀式モンスターを1つのデッキに組み込むと儀式魔法が固まる手札事故が起こりがちだが、《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》が不要な儀式魔法を必要なカードに交換できるため、事故率は抑えられる。
 特に《サイバー・エンジェル−弁天−》《サイバー・エンジェル−韋駄天−》1体をリリースして降臨できるレベル儀式モンスターは相性が良い。
 光属性ほどのシナジーはないが、他属性儀式モンスターを組み込む事も不可能ではなく、【儀式召喚】全般とシナジーが強い。

儀式モンスター以外のモンスター
 《サイバー・エンジェル−弁天−》サーチ《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》蘇生できる光属性天使族が中心となる。

エクストラデッキモンスターについて

レベルサイバー・エンジェルエクシーズ素材にするよりリリースした方が有効で、《サイバー・エンジェル−荼吉尼−》《竜姫神サフィラ》《神光の宣告者》は維持した方がよい。
したがってエクシーズモンスターへの依存度は比較的低いデッキであり、エクストラデッキ封じには強い。
《轟雷帝ザボルグ》を採用するなら《虹光の宣告者》の他に《旧神ヌトス》《PSYフレームロード・Ω》カオスコストになる闇属性モンスターを入れておきたい。

魔法・罠カードについて

 魔法カードコスト儀式魔法儀式モンスターサーチできる《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》が存在するため、魔法カードの多い構築となる。
 またこの性質上、サーチ先のカードよりサーチ魔法カードを多く積めるという逆転現象を起こすことができる。
 一般にサーチカードよりもサーチ先の方が少ない場合、サーチ先がすべて手札に来てしまいサーチカード腐る危険性がある。
 しかしこのデッキではサーチ先を失ったサーチ魔法カード《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》で消費できるので、サーチ魔法カードを多めに投入し、デッキ圧縮速度を高めることができる。

 一方で罠カードについては搭載するスペースが乏しく、最低限ないし0とならざるを得ない。
 相手ターンの防御については、手札誘発モンスター《機械天使の儀式》《祝祷の聖歌》墓地効果が頼みの綱となる。

儀式魔法

儀式召喚サポートカード

―その他

戦術

 大量のサーチカードデッキ圧縮を行い、儀式召喚の準備を整える。
 そして《サイバー・エンジェル−弁天−》リリース儀式召喚、状況に応じた光属性天使族サーチする事でデッキ回転させる。
 特に《サイバー・エンジェル−韋駄天−》リリースにする事で、儀式召喚先と儀式魔法を同時にサーチする動きを積極的に狙いたい。
 サーチ先は主に以下の形となるが、デュエル序盤には《サイバー・プチ・エンジェル》サーチしておいて《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》蘇生効果を使いやすくしておくなどの工夫も必要だろう。

 最終的な目標は、《サイバー・エンジェル−韋駄天−》《オネスト》でパンプアップした儀式モンスターを並べてのビートダウンか、《神光の宣告者》《大天使クリスティア》《儀式魔人リリーサー》等によるロックのいずれかとなる。
 《機械天使の儀式》光属性全般の破壊を身代わりできるため、ロック型はかなり強固な布陣を敷くことができる。

デッキの派生

【聖刻サイバー・エンジェル】

 【聖刻】との混成型であり、より展開に特化したタイプ。
 レベル6の聖刻リリースして儀式召喚を行う事で、ランクエクシーズモンスターにつなげるギミックを搭載している。
 《ラブラドライドラゴン》特殊召喚することで《アルティマヤ・ツィオルキン》特殊召喚できるのが特徴。
 また聖刻を利用することで魔法カードに頼らず除去能力持ちのモンスターを出す事ができ、魔法カード封じに対しては通常の【サイバー・エンジェル】より若干強いと言える。

このデッキの弱点

 サーチ特殊召喚墓地を利用するため、これらに対するメタカード類は一通り刺さる
 墓地封じを受けても一応は動けるが、デッキの大半をサーチによる儀式召喚の加速に費やしている以上、サーチ特殊召喚封じにはとことん弱い。
 更に致命的なのが魔法カード封じで、罠カードが少なく魔法カード比率の高いデッキである上、儀式魔法も使えなくなるため手も足も出ない。
 いずれもサイドデッキから《サイクロン》《ツインツイスター》積み増すくらいしか対抗策がなく、【儀式召喚】の派生である以上避けがたい弱点と言える。

関連リンク

広告