【スピリット】

デッキの概要

 スピリット効果を活かした、テクニカルなデッキ
 下級スピリットを中心にコントロール色の強い戦術を展開していく。
 上級スピリット《死皇帝の陵墓》を主軸にしたデッキ【上級スピリット】で扱うが、こちらでも上級最上級スピリットの投入は可能である。

《荒魂/Aratama》
スピリット・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 800/守1800
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・リバースした時に発動できる。
デッキから「荒魂」以外のスピリットモンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。
《和魂/Nikitama》
スピリットモンスター
星4/光属性/天使族/攻 800/守1800
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが召喚・リバースしたターン、
自分は通常召喚に加えて1度だけスピリットモンスター1体を召喚できる。
また、このカードが墓地へ送られた時、
自分フィールド上にスピリットモンスターが存在する場合、
デッキからカードを1枚ドローする。

デッキ構築に際して

モンスターについて

下級スピリット

上級スピリット

最上級スピリット
 《天照大神》《火之迦具土》《八俣大蛇》の3種類が存在し、いずれの効果も非常に優秀。
 しかしこの中でも《天照大神》アドバンスセットが基本という尖り様で、ほぼ専用の運用ギミックが求められる。
 後者2種も攻撃を通す必要があり、考え無しにアドバンス召喚しても妨害された時点でディスアドバンテージを被る事になる。
 確実に攻撃を通せるタイミングを見極めつつ、《和魂》特殊召喚モンスター《帝王の烈旋》等の併用で可能な限り損失の軽減に努めたい。

―それ以外の相性の良いモンスター
 デッキモンスター全てが場持ちの悪いスピリットでは厳しいため、スピリットと相性の良いモンスターも多少は採用したい。

魔法・罠カードについて

 《冥府の使者ゴーズ》を採用してる場合は罠カードの枚数も必然的に少なくなりやすい。

スピリットサポートカード
 《スピリットの誘い》《霊子エネルギー固定装置》など扱い難いものが多いため、無理して投入する必要は全くない。
 基本的に一部のキーカード以外では汎用性の高い必須カードで固めてしまって構わない。

―それ以外の相性の良いカード

戦術

 序盤は《荒魂》《強欲で謙虚な壺》で任意のスピリットサーチすることになる。
 上級スピリットアドバンス召喚リリース・展開補助となる《和魂》除去要員の《羅刹》等、状況に応じて手札に加えていく。
 また、フィールドが空きやすく相手攻撃を通しやすい問題には《バトルフェーダー》伏せカードで対処し牽制していくことになるだろう。
 その上で《強制転移》《帝王の烈旋》による補助で相手を消耗させつつ、こちらのアドバンテージに繋げる戦術も積極的に狙っていきたい。

デッキの種類

フィールドレス軸

 《バトルフェーダー》《速攻のかかし》攻撃を防ぎつつ、《阿修羅》《オネスト》《フォース》コンボ《砂塵の悪霊》で返していく。
 大量展開してくるデッキに対してアドバンテージを得やすい戦術のため、不利な状況から巻き返す力はかなりのものと言える。
 上述の通り魔法・罠除去を腐らせることができ、《冥府の使者ゴーズ》も無理なく採用できる。
 《阿修羅》《砂塵の悪霊》《荒魂》サーチできるため、共存も可能である。

 また、スピリットには《和魂》を始め天使族が多いため、宣告者を無理なく投入でき防御力も上がる。
 加えて《時械神メタイオン》を採用する事で宣告者コストを共有でき、壁にする事でフィールドが空く問題もある程度解決できる。

【霊魂】

 《霊魂の降神》から儀式召喚される《霊魂鳥神−姫孔雀》《霊魂鳥神−彦孔雀》を主軸としたスピリット【儀式召喚】の混合デッキ
 この2体の霊魂鳥神儀式召喚に成功すれば相手カードバウンス下級スピリットの展開補助・霊魂鳥トークンの生成ができるので、積極的に儀式召喚を狙っていく。
 エンドフェイズには手札霊魂鳥神フィールドに合計レベル8の霊魂鳥トークンが残されるため、儀式魔法さえあれば常に儀式召喚が可能なサイクルを作ることができる。

 儀式召喚に必要なカード《荒魂》《マンジュ・ゴッド》《儀式の下準備》等でサーチできるので無理なく集められる。
 《霊魂の拠所》儀式召喚した霊魂鳥神自体がトリガーになるので、維持できると便利。
 風属性下級スピリット霊魂鳥達もトリガーとしては使いやすいが、効果が扱いにくいため、採用する場合ほぼ《霊魂の拠所》のサポート状態になるだろう。
 《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》《霊魂の降神》サーチだけでなく、複数回の儀式召喚で使い切った《霊魂の降神》墓地からデッキに戻しつつ《マンジュ・ゴッド》蘇生できる。

 儀式召喚こそ難しくないが、問題は相手ターンを凌ぐ方法であり、残った霊魂鳥トークンを毎回全て戦闘破壊され続けていては儀式召喚の負担が大きくなる一方となる。
 《霊魂の円環》バトルフェイズを終了する、《暴走闘君》霊魂鳥トークン全体強化戦闘破壊耐性付与、《緊急儀式術》相手ターン儀式召喚を行う等の手段は用意しておきたい。

デッキの派生

【ガエルスピリット】

 【黄泉砂塵】とも呼ばれる。
 《砂塵の悪霊》《鳳凰》を軸に、ガエルモンスターを用いて恒久的なリリース確保を用いる。
 性質は【ガエル帝】に近いが、ガエル等とコントロール転移を共有できる点が特色。

 《鬼ガエル》を用いて《黄泉ガエル》《粋カエル》とその自己再生コスト墓地へ送る
 召喚権スピリットに回したいので《浮上》水属性コストとする特殊召喚を活用したい。
 この性質上、下級モンスターだが《夜叉》も扱いやすい。

 《粋カエル》からエクシーズ召喚できる《ガチガチガンテツ》は、《砂塵の悪霊》に巻き込まれても耐性で生存でき、になる。
 コストが充分に確保できているのならば、空いたフィールド《ダイガスタ・フェニクス》2回攻撃も叩きこめる。

 《黄泉ガエル》が軸となるため《エネミーコントローラー》《水霊術−「葵」》も採用できる。

このデッキの弱点

 ハンデスに弱く、フィールドが空きやすいこのデッキでは《魂を削る死霊》《X−セイバー エアベルン》による直接攻撃が決まりやすい。
 また、その特性上手札に溜まりやすいので《メタモルポット》等で大量に墓地に落としてしまうと戦線が不安定になる恐れもある。
 対策として《伊弉波》《死者転生》《貪欲な壺》による回収を考えておきたい。

 また、《スキルドレイン》はほぼ全てのスピリットを無力にしてしまうため非常に危険。
 最上級スピリットフィールドに維持できる以外では基本的に不利な状況に陥ってしまいやすいため、早めに除去しておきたい。
 フィールドレス軸の場合、《ブラック・ホール》《強制転移》等でしか突破出来なくなってしまうため、サイドデッキに対策を用意しておきたい。

 滅多に遭遇しないと思われるが《縮退回路》もピンポイントなメタカードとなるため注意したい。

代表的なカード

関連リンク

広告