【ダークモンスター】

デッキの概要

 【闇属性】の一種であり、墓地闇属性モンスターに関連する効果をもつダークモンスターを主軸とするデッキ
 デッキ構築の幅は広く、多くの【闇属性】関連デッキにギミックとして採用できる。
 墓地さえ肥えていれば何の前触れも無く強力なモンスター特殊召喚できるため、爆発力は凄まじい。

《ダーク・クリエイター/The Dark Creator》
効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に闇属性モンスターが5体以上存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分の墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
自分の墓地の闇属性モンスター1体を選択して特殊召喚する。
《ダーク・ネフティス/Dark Nephthys》
効果モンスター
星8/闇属性/鳥獣族/攻2400/守1600
自分のメインフェイズ時に
自分の墓地の闇属性モンスターが3体以上の場合、
その内2体をゲームから除外する事で、このカードを手札から墓地へ送る。
次の自分のスタンバイフェイズ時、この効果で墓地へ送られた
このカードを墓地から特殊召喚する。
また、このカードが特殊召喚に成功した時、
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
《ダーク・アームド・ドラゴン/Dark Armed Dragon》
特殊召喚・効果モンスター(制限カード)
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の闇属性モンスターが3体の場合のみ特殊召喚できる。
(1):自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外し、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
《ダーク・パーシアス/Darknight Parshath》
効果モンスター
星5/闇属性/天使族/攻1900/守1400
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
自分の墓地に存在する闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在する
闇属性モンスターの数×100ポイントアップする。
《堕天使ゼラート/Darklord Zerato》
効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻2800/守2300
自分の墓地に闇属性モンスターが4種類以上存在する場合、
このカードは闇属性モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):手札から闇属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを破壊する。

デッキ構築に際して

 主軸となるダークモンスターに何を使うかの選択によって構築は大きく変わる。
 《ダーク・クリエイター》《ダーク・ネフティス》《堕天使ゼラート》は「自分墓地闇属性モンスターが○○体(種類)以上存在する場合」となっているため、これらを主軸にする場合は比較的自由に闇属性モンスター墓地へ送ることができる。

 《ダーク・アームド・ドラゴン》の場合は、「自分墓地闇属性モンスターが3体の場合のみ」となっているので、上手く特殊召喚するには《闇王プロメティス》などで墓地闇属性モンスターの枚数を調整する必要がある。(→【ダムドビート】参照)。
 とはいえ、他のダークモンスターを主力とする場合でも序盤で大いに役立ち、腐った場合は手札コストとして使うことができるため、採用の価値は十分にある。
 《ファントム・オブ・カオス》効果をコピーすることもできるため、1枚入れておくだけでも活用できるだろう。

 《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》はより過酷で、墓地に7種類の闇属性モンスターが存在する必要がある。
 これを主軸にする場合は、墓地肥やしに大幅に特化し、闇属性モンスターも種類を増やす必要があり、専用デッキに近い形になる。

墓地を肥やす

 とにもかくにも墓地闇属性モンスターを貯めないことには話にならない。
 墓地を肥やす方法としては、

その他のモンスターについて

 闇属性モンスターであれば何でもダークモンスターコストになりうるため、ある程度は好きにモンスターを選べる。
 《霊滅術師 カイクウ》《BF−疾風のゲイル》《魔導戦士 ブレイカー》など優秀な効果を持つ闇属性モンスターを採用したい。
 《D.D.クロウ》《スナイプストーカー》墓地の枚数調整にも便利。
 【BF】【暗黒界】【D−HERO】などの墓地モンスターが貯まりやすいデッキダークモンスターを採用する形でも良い。
 また、墓地肥やしを積極的に行う以上、墓地効果を発揮できる闇属性モンスターも採用しておくと戦術の幅が広がる。
 《ネクロ・ガードナー》《D−HERO ダッシュガイ》《ゾンビキャリア》などが挙げられる。

 ダークモンスター除外効果と相性のいい《異次元の偵察機》《終焉の精霊》を採用するのもいい。
 前者は、半永久的に《ダーク・クリエイター》《ダーク・アームド・ドラゴン》効果コストとして使うことができ、後者も攻撃力上昇効果破壊時の誘発効果ともに相性がいい。

 墓地にあるダークモンスターの能力をコピーできる《ファントム・オブ・カオス》は非常に強力。
 《ダーク・クリエイター》《ダーク・アームド・ドラゴン》《堕天使ゼラート》などの効果を使いたい。
 また、自身が闇属性であるのもポイントが高い。
 【カオスゲート】型のデッキで使えば尖った威力を発揮するだろう。

 下級モンスター悪魔族メインにして《ダーク・ネクロフィア》を採用してみるのも良いだろう。
 墓地肥やし《魔導雑貨商人》ライトロードを用いるなら《カオス・ソーサラー》も採用候補となる。

魔法・罠カードについて

 闇属性モンスターで固めるため、各種ウイルスカードとは相性がいい。
 《闇の誘惑》墓地肥やしにこそならないものの、手札腐っているダークモンスターを処理することができ、潤滑油として機能する。
 《終末の騎士》《ダーク・グレファー》サーチする《増援》や、ライトロードサーチしつつ墓地を肥やすことができる《光の援軍》も採用を検討できる。

 また、ダークモンスター《闇の誘惑》除外効果を最大限に活かすために、《D・D・R》《闇次元の解放》の採用も考えられる。
 それに特化したのが【次元ダーク】である。
 場合によっては《終わりの始まり》も採用できる。

 《死者転生》はこのデッキと抜群に相性が良く、《終末の騎士》《ダーク・グレファー》との併用で実質デッキからダークモンスターサーチすることができる。
 手札コスト墓地肥やし墓地の枚数調整に貢献する。
 《ダーク・クリエイター》《ダーク・アームド・ドラゴン》《カオス・ソーサラー》などは墓地の状況次第で容易に手札から特殊召喚できるため、状況に応じてこれらをサルベージできるのは便利。

デッキの派生

《ダーク・アームド・ドラゴン》

 ダークモンスターの中でも非常に優秀な能力を持つ《ダーク・アームド・ドラゴン》を採用し、フィニッシャーとする形。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》《ファントム・オブ・カオス》がセットで採用されるケースが多い。
 詳しくは【ダムドビート】参照。

【次元ダーク】

 ダークモンスター《闇の誘惑》《ファントム・オブ・カオス》闇属性モンスター除外し、それを《D・D・R》《闇次元の解放》帰還させる戦術を軸にする。
 詳細は該当ページ参照。

【遅延ダーク】

 環境の高速化に対応する形で登場したデッキ
 《終末の騎士》《ダーク・グレファー》を使って《ネクロ・ガードナー》墓地へ送り《異次元からの埋葬》で使い回す戦術がメインとなる。
 《異次元からの埋葬》《ネクロ・ガードナー》が共にフリーチェーンであること、《ネクロ・ガードナー》墓地発動する効果であり止められにくいことから、防御面の性能は非常に高く、多くの1ターンキルを阻止することが可能。
 《冥府の使者ゴーズ》《トラゴエディア》なども採用すれば完璧である。
 相手の決定打を阻止しつつ、返しのターンダークモンスターシンクロモンスター《邪帝ガイウス》《トラゴエディア》などで反撃するのが常。

このデッキの弱点

 特徴を端的に言えば、「特殊召喚が多い」「墓地アドバンテージが重要」という点が上がる。
 前者は《虚無魔人》などに弱いということであり、後者は《次元の裂け目》などに弱いことを意味する。
 上記のカードを含んだ【弾圧ガジェット】【閃光ガジェット】【次元帝】などには苦戦を強いられるだろう。

 先に挙げた例以外にも《大火葬》《王家の眠る谷−ネクロバレー》などが脅威となるので、いくらかは留意したプレイングを心掛けたい。

代表的なカード

関連リンク

広告