【マリンセス】

デッキの概要

 水属性サイバース族で統一された水属性を中心としたビートダウンデッキ
 少ない手札消費で高リンクに繋げる事を得意とし、更に蘇生サルベージといった墓地からの再利用手段に長けるのが特徴。

《海晶乙女シーホース/Marincess Sea Horse》
効果モンスター
星3/水属性/サイバース族/攻1400/守1000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは「マリンセス」リンクモンスターの
リンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から水属性モンスター1体を「マリンセス」リンクモンスターの
リンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
《海晶乙女ブルータン/Marincess Blue Tang》
効果モンスター
星4/水属性/サイバース族/攻1500/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「海晶乙女ブルータン」以外の「マリンセス」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが水属性リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から「マリンセス」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードはデッキに戻す。
《海晶乙女波動/Marincess Wave》
通常罠
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドに「マリンセス」リンクモンスターが存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、
さらに自分フィールドの全ての表側表示モンスターはターン終了時まで、相手の効果を受けない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

マリンセス
 全て攻撃力1500以下なので、《海晶乙女コーラルアネモネ》《サルベージ》のどちらの効果にも対応する。

マリンセス以外の水属性
 マリンセスとは属性サポートを共有できる他、リンク2以上のマリンセスリンクモンスターリンク素材にも利用可能。
 更に《海晶乙女ブルースラッグ》《海晶乙女コーラルアネモネ》の制約にも引っ掛からない。
 攻撃力1500以下ならば《海晶乙女コーラルアネモネ》《サルベージ》の両サポートにも対応する。

水属性以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

マリンセス

マリンセス以外の水属性モンスター
 《海晶乙女ブルースラッグ》《海晶乙女コーラルアネモネ》の制約に引っ掛からないので他属性より優先的に採用したい。

水属性以外のモンスター

魔法・罠カードについて

マリンセス

―相性の良いカード

戦術と基本の展開コンボ

 《海晶乙女シーホース》《海晶乙女ブルータン》からリンクマリンセスリンク召喚し、それぞれの効果を重ねて高リンクに繋げるのが基本。
 展開過程で《海晶乙女シーエンジェル》リンク召喚して《海晶乙女の闘海》サーチすれば低めの打点も補えられるため、打点による突破も狙える。
 相手ターン《海晶乙女波動》を中心とした防御を心掛け、《餅カエル》《豪雨の結界像》《御前試合》を組み合わせられれば鉄壁の守りとなる。
 空いたスペースに汎用防御カードを詰め込み、安定して固い守りを築けるようにするのも手。

このデッキの弱点

代表的なカード

関連リンク

広告