幻獣機(げんじゅうき)

デッキの概要

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した、幻獣機と名の付いた風属性機械族で統一されたモンスター群を中心としたビートダウンデッキ。
 各幻獣機が有する幻獣機トークン特殊召喚能力と、幻獣機特有の耐性を駆使して戦線を維持し、幅広いランクエクシーズ召喚を狙う。

《幻獣機メガラプター/Mecha Phantom Beast Megaraptor》
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1900/守1000
自分フィールド上にトークンが特殊召喚された時、
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。
「幻獣機メガラプター」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードのレベルは自分フィールド上の「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。
自分フィールド上にトークンが存在する限り、
このカードは戦闘及び効果では破壊されない。
また、1ターンに1度、トークン1体をリリースして発動できる。
デッキから「幻獣機」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
《幻獣機オライオン/Mecha Phantom Beast O-Lion》
チューナー(効果モンスター)
星2/風属性/機械族/攻 600/守1000
自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
手札から「幻獣機」と名のついたモンスター1体を召喚する。
自分フィールドにトークンが存在する限り、
このカードは戦闘及び効果では破壊されない。
また、このカードが墓地へ送られた場合、
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
「幻獣機オライオン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
《幻獣機ドラゴサック/Mecha Phantom Beast Dracossack》
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/風属性/機械族/攻2600/守2200
レベル7モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)2体を特殊召喚する。
(2):自分フィールドにトークンが存在する限り、
このカードは戦闘・効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの「幻獣機」モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

幻獣機モンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター

シンクロモンスター

融合モンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

幻獣機及び幻獣機トークン関連

トークン関連

―その他の魔法・罠カード

  • 《二重召喚》
    幻獣機は扱いやすい効果を多く有している一方で、他のカテゴリに比べ展開力には一歩劣る。
    消費は多くなるが、これらを使う事で展開の遅さをある程度フォローはできる。

戦術

 幻獣機コスト及び耐性の観点から、常にフィールド上に幻獣機となんらかのトークンが並んでいる状態を目指すように展開していく。
 トークンの展開・維持次第ではモンスターの場持ちを延ばしつつ各種効果を使っていけるため、長期戦にも適している。
 反面、トークンを崩されると耐性効果発動も失い脆くなるため、トークンの補充手段をいかに絶やさないかは重要となる。
 また、序盤の戦力としては低ランクエクシーズモンスターシンクロモンスターを活用するとトークンの依存度を軽減することができる。

 複数の幻獣機幻獣機トークンを並べてからが真骨頂であり、効果のラッシュによるさらなる展開や、高ランクエクシーズモンスターで場を制圧する。
 エクシーズ召喚後に残ったトークンを各種コストとして除去を打ち込めば、大きく切り込むことができる。
 そのまま大型モンスター《リミッター解除》等を用いて一気に決着を狙いたい。

このデッキの弱点

 ほとんどの幻獣機効果フィールド上での発動となるため、《スキルドレイン》発動されるとレベル変動効果耐性が失われ、高ランクエクシーズ召喚と戦線維持が厳しくなる。
 また幻獣機幻獣機トークンなしでは何も出来ないため、そこを狙われても脆い。
 トークンの展開を阻害してくる《大天使クリスティア》《王虎ワンフー》はもちろん、甚大な貫通ダメージをもたらす《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》なども天敵となる。
 他には、このデッキの軸となる《幻獣機メガラプター》サーチ効果エクシーズ召喚とを同時に阻害する《ライオウ》も厄介な存在である。
 また、機械族風属性デッキの軸となるので、種族属性メタとなる《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《猛毒の風》にも注意を要するだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告