幻獣機(げんじゅうき)

デッキの概要

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した、幻獣機と名の付いた風属性機械族で統一されたモンスター群を中心としたビートダウンデッキ。
 各幻獣機が有する幻獣機トークン特殊召喚能力と、幻獣機特有の耐性を駆使して戦線を維持し、幅広いランクエクシーズ召喚を狙う。

《幻獣機メガラプター/Mecha Phantom Beast Megaraptor》
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1900/守1000
自分フィールド上にトークンが特殊召喚された時、
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。
「幻獣機メガラプター」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードのレベルは自分フィールド上の「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。
自分フィールド上にトークンが存在する限り、
このカードは戦闘及び効果では破壊されない。
また、1ターンに1度、トークン1体をリリースして発動できる。
デッキから「幻獣機」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
《幻獣機オライオン/Mecha Phantom Beast O-Lion》
チューナー(効果モンスター)
星2/風属性/機械族/攻 600/守1000
自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
手札から「幻獣機」と名のついたモンスター1体を召喚する。
自分フィールド上にトークンが存在する限り、
このカードは戦闘及び効果では破壊されない。
また、このカードが墓地へ送られた場合、
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
「幻獣機オライオン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
《幻獣機ドラゴサック/Mecha Phantom Beast Dracossack》
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/風属性/機械族/攻2600/守2200
レベル7モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)2体を特殊召喚する。
(2):自分フィールドにトークンが存在する限り、
このカードは戦闘・効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの「幻獣機」モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

幻獣機モンスター

トークン生成
 生成することで大半の幻獣機耐性を与えられる他、《幻獣機メガラプター》トークン生成のトリガーにもなる。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

エクシーズモンスター

シンクロモンスター
 《幻獣機ブルーインパラス》採用型ならば、機械族シンクロモンスター限定で手札幻獣機シンクロ素材としつつシンクロ召喚できる。

融合モンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

幻獣機及び幻獣機トークン関連

トークン関連

―その他の魔法・罠カード

  • 《二重召喚》
    幻獣機は扱いやすい効果を多く有している一方で、他のカテゴリに比べ展開力には一歩劣る。
    消費は多くなるが、これらを使う事で展開の遅さをある程度フォローはできる。

戦術

 幻獣機コスト及び耐性の観点から、常にフィールド上に幻獣機となんらかのトークンが並んでいる状態を目指すように展開していく。
 トークンの展開・維持次第ではモンスターの場持ちを延ばしつつ各種効果を使っていけるため、長期戦にも適している。
 反面、トークンを崩されると耐性効果発動も失い脆くなるため、トークンの補充手段をいかに絶やさないかは重要となる。
 また、序盤の戦力としては低ランクエクシーズモンスターシンクロモンスターを活用するとトークンの依存度を軽減することができる。

 複数の幻獣機幻獣機トークンを並べてからが真骨頂であり、効果のラッシュによるさらなる展開や、高ランクエクシーズモンスターで場を制圧する。
 エクシーズ召喚後に残ったトークンを各種コストとして除去を打ち込めば、大きく切り込むことができる。
 そのまま大型モンスター《リミッター解除》等を用いて一気に決着を狙いたい。

デッキの種類

ブンボーグ採用型

 《ブンボーグ003》《ブンボーグ001》出張セットと《水晶機巧−ハリファイバー》を併用したデッキタイプ。
 先攻ターン目からの展開が可能であり、このデッキのネックであった立ち上がりの遅さもある程度補える。

 《ブンボーグ003》《幻獣機テザーウルフ》以外のレベル幻獣機の2枚と、少ない手札消費でのランク7を絡めた動きが可能。
 以下に展開の一例を記す
 ※現在は《サモン・ソーサレス》禁止カードなので、リクルート要員を別のカードで補う必要がある。

  1. 通常召喚した《ブンボーグ003》から《ブンボーグ001》リクルートし、《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚
  2. 《水晶機巧−ハリファイバー》効果特殊召喚した《幻獣機オライオン》の2体で《サモン・ソーサレス》リンク召喚
  3. 墓地に送られた《幻獣機オライオン》効果幻獣機トークン《サモン・ソーサレス》リンク先に生成。
  4. 《サモン・ソーサレス》効果幻獣機トークンを選択し、デッキからレベル機械族モンスター自分フィールド上のリンク先リクルート
  5. 墓地《幻獣機オライオン》除外し、手札レベル幻獣機通常召喚
  6. 自身の効果レベル7となった幻獣機レベル機械族モンスターとで《幻獣機ドラゴサック》エクシーズ召喚
  7. 《幻獣機ドラゴサック》効果幻獣機トークン2体を生成し、墓地《ブンボーグ001》自己再生する。

 この時点で幻獣機トークン3体が並び、ここから《ブンボーグ001》とでレベル4、7、10のシンクロ召喚や更なるリンク召喚にも繋げられる。
 先攻ターン目ならば《虹光の宣告者》《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》等で相手ターンの動きを牽制できる。
 また、《ブンボーグ001》も自身の効果攻撃力3000となっており、《幻獣機ドラゴサック》《サモン・ソーサレス》と合わせると総攻撃力8000と直接攻撃1ターンキルも可能となる。

 手札幻獣機《幻獣機テザーウルフ》にする場合、《幻獣機オライオン》効果通常召喚した際に幻獣機トークンが1体生成される。
 そのままではレベルが合わなくなるが、幻獣機トークン《サモン・ソーサレス》とで《鎖龍蛇−スカルデット》リンク召喚することで解決できる。
 リンク先を1つ多く確保できる上、後続の《幻獣機ドラゴサック》《ブンボーグ001》強化にも繋がるため、採用を検討できる。

 リクルートしたい《ブンボーグ001》レベル機械族が全て手札に来てしまった場合の手札事故には気をつけたい。
 後者は《マシンナーズ・フォートレス》であれば、自身の効果特殊召喚できるため、手札消費は荒くなるがある程度のフォローはできる。

デッキの派生

トロイメア幻獣機

 上述のブンボーグ併用型と違いリンク召喚に特化したデッキタイプ。
 《幻獣機オライオン》による追加召喚権幻獣機レベル上昇効果に着目した、先攻エクストラリンクを狙う。
 幻獣機はあくまでエクシーズ素材リンク素材として活用され、メインはトロイメアを含むリンクモンスターによる制圧である。
 《ブンボーグ001》自己再生は考えないため、より手札事故の少ない《ライティ・ドライバー》《レフティ・ドライバー》のセットを使う。

 手札《ライティ・ドライバー》《幻獣機テザーウルフ》以外のレベル幻獣機の2枚。
 また、レベル機械族《星遺物を継ぐもの》サーチできる《星遺物−『星鎧』》一択となる。
 以下に展開の一例を記す
 ※現在は《サモン・ソーサレス》禁止カードなので、リクルート要員を別のカードで補う必要がある。

  1. 通常召喚した《ライティ・ドライバー》から《レフティ・ドライバー》特殊召喚し、2体で《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚
  2. 《水晶機巧−ハリファイバー》効果特殊召喚した《幻獣機オライオン》の2体で《サモン・ソーサレス》を右側のエクストラモンスターゾーンリンク召喚
  3. 墓地に送られた《幻獣機オライオン》効果幻獣機トークン《サモン・ソーサレス》の右下のリンク先に生成。
  4. 《サモン・ソーサレス》効果幻獣機トークンを選択し、デッキから《星遺物−『星鎧』》自分フィールド上のリンク先リクルート
  5. 墓地《幻獣機オライオン》除外し、手札レベル幻獣機通常召喚
  6. 自身の効果レベル7となった幻獣機《星遺物−『星鎧』》とで《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》エクシーズ召喚
  7. 《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》効果バトル・イーグル・トークン3体を生成する。
  8. 《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》と1体目のバトル・イーグル・トークン《トロイメア・フェニックス》《サモン・ソーサレス》の左下のリンク先リンク召喚
  9. 2体目のバトル・イーグル・トークン《サモン・ソーサレス》《ファイアウォール・ドラゴン》《トロイメア・フェニックス》リンク先リンク召喚
  10. 《トロイメア・フェニックス》リンク素材《トロイメア・マーメイド》《ファイアウォール・ドラゴン》の上のリンク先リンク召喚
  11. 《トロイメア・マーメイド》効果手札を1枚捨て、適当な場所に《夢幻崩界イヴリース》リクルートして1枚ドロー
  12. 3体目のバトル・イーグル・トークン《夢幻崩界イヴリース》とで《トロイメア・ゴブリン》《ファイアウォール・ドラゴン》の左のリンク先リンク召喚
  13. 《トロイメア・ゴブリン》効果手札を1枚捨て、チェーン2で《ファイアウォール・ドラゴン》の(2)の効果発動、更にチェーン3で(1)の効果発動
  14. 逆順処理で《ファイアウォール・ドラゴン》の(1)の効果《星遺物−『星鎧』》《夢幻崩界イヴリース》サルベージし、(2)の効果《星遺物−『星鎧』》《トロイメア・ゴブリン》に隣接しないように特殊召喚
  15. 《トロイメア・ゴブリン》効果ドロー後、《星遺物−『星鎧』》効果《星遺物を継ぐもの》サーチ
  16. 《ファイアウォール・ドラゴン》《星遺物−『星鎧』》とで《トロイメア・ケルベロス》《トロイメア・マーメイド》リンク先リンク召喚
  17. 《トロイメア・ゴブリン》リンク先《夢幻崩界イヴリース》通常召喚し、効果《トロイメア・フェニックス》蘇生
  18. 《夢幻崩界イヴリース》《トロイメア・フェニックス》《トライゲート・ウィザード》《トロイメア・ゴブリン》リンク先リンク召喚し、リンク素材となった《夢幻崩界イヴリース》相手フィールド上に特殊召喚
  19. 幻獣機トークンリンク素材《リンク・スパイダー》《トライゲート・ウィザード》の上のリンク先リンク召喚
  20. 《星遺物を継ぐもの》《トロイメア・フェニックス》《トライゲート・ウィザード》の左に蘇生する。

 これによりリンクモンスター戦闘破壊効果破壊対象を取るモンスター効果耐性を得られる上、《トライゲート・ウィザード》の3つの効果使用できる。
 相手《夢幻崩界イヴリース》によりリンクモンスターしか特殊召喚できず、《トロイメア・マーメイド》攻撃力も下がるため、制圧力はかなりのもとなる。
 もちろん完全制圧とは言い難く、《夢幻崩界イヴリース》を除去した上で壊獣等でリンクモンスターリリースされてしまうという穴もある。
 この時点でエクストラデッキモンスターもかなり消費しているため、仮に巻き返されると立て直すのは困難となる。

このデッキの弱点

 ほとんどの幻獣機効果フィールド上での発動となるため、《スキルドレイン》発動されるとレベル変動効果耐性が失われ、高ランクエクシーズ召喚と戦線維持が厳しくなる。
 また幻獣機幻獣機トークンなしでは何もできないため、そこを狙われても脆い。
 トークンの展開を阻害してくる《大天使クリスティア》《王虎ワンフー》はもちろん、甚大な貫通ダメージをもたらす《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》なども天敵となる。
 他には、このデッキの軸となる《幻獣機メガラプター》サーチ効果エクシーズ召喚とを同時に阻害する《ライオウ》も厄介な存在である。
 また、機械族風属性デッキの軸となるので、種族属性メタとなる《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《猛毒の風》にも注意を要するだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告